かずぼー
このサイトの特徴は?

このサイトでは、PT・OT・STのリハ職に特化した求人・転職サイトをご紹介しています。

転職経験のある理学療法士の僕が「どのようにして、働きやすい職場を見つけたのか」「どの転職サイトを活用すれば良いのか」を実体験も含めて情報発信しています。

【目的別】おすすめの転職サイト

僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを目的別に厳選。あなたの働き方に合った転職サイトを活用しましょう。

【目的別】転職サイト

理学療法士体験談!PT・OT・ST転職サイト9選ランキングで比較

僕は、理学療法士として9年のキャリアの中で転職を3回経験しています。 僕は転職サイトを利用し、2つの病院、訪問看護ステーションを経て、現在は整形外科クリニックに勤務しています。 おそらく業界では転職回 ...

【目的別】転職サイト

知らなきゃ損?理学・作業療法士を目指す新卒・学生は就職サポートを上手く活用しよう!

理学療法士や作業療法士を目指す学生って、最終学年で国家試験の勉強でめっちゃ忙しいじゃないですか? 病院(施設)の実習 グループ研究 卒業試験 国家試験 就職活動 たくさんの大事な行事を抱えているのが、 ...

【目的別】転職サイト

現役理学療法士が"介護保険領域に特化したおすすめの転職支援・求人サイト3選"をご紹介

僕は、8年回復期リハビリテーション病院で理学療法士として経験を積んできました。 その後は、病院から退院した後の生活が気になって、訪問リハビリにも従事したこともあります。   僕は転職を3回し ...

【目的別】転職サイト

短時間・短期間だけ働く!理学・作業療法士の"人材紹介派遣におすすめの転職支援・求人サイト"をご紹介

理学療法士は、病院や訪問リハビリ、デイケアや通所リハなどいろんな現場で活躍できますよね。   でも・・・   家庭を持っていたり、独立したいなど夢を持っている人はとにかく本職以外の ...

【目的別】転職サイト

転職経験のある理学療法士が"おすすめの転職サイト"5選をご紹介【厳選】

転職経験者の理学療法士のかずぼーです。   ここでは、実際に僕が登録して活用してみた中から、理学療法士におすすめの転職サイト5選をご紹介します。   理学療法士が活躍できる場は、病 ...

「転職サイト」一覧

PT・OT・STの給料

PT・OT・STの給料の疑問をすべて書いています。僕の体験談も参考にしてくださいね。

PT・OT・STの給料

2019/7/30

理学療法士の給料は安い?今後上がらない?個人でできる3つの対策

理学療法士のかずぼーです。   「理学療法士の給料は安い」なんて言う人がいますよね。   実際のところ、 理学療法士の安いの? 今後給料は上がらないの? このあたりを疑問に思う人も多いでしょう。   実際には、日本の平均年収は下がっていますし、もちろん理学療法士の平均年収も下がっています。 この記事では、この辺りを詳しくみていきます。   また、給料を上げるために個人ができる3つの対策についてもお伝えします。今の内から準備しておきましょう。 理学療法士の給料は安いの ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2019/5/20

理学療法士が年収300万円は安すぎ?今すぐ給料を上げるべき理由

理学療法士である、あなたの給料はどれくらい?   理学療法士でも、年収300万円くらの人もいますよね。   「理学療法士は、やりがいのある仕事だ」 とは言うものの、さすがに免許取得までの費用や努力、そして時間を考えると年収300万円は安すぎない?と思うのです。 理学療法士が年収300万円は安すぎ? 理学療法士になるためには最低でも3年は養成校に通い、死ぬほどきつい実習をクリアして理学療法士の資格を取った人もいるでしょう。 1年の学費も100万円くらいはあります。3年行っても300万円以 ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2019/5/19

【現実的】理学療法士が年収600万円を稼ぐ2つの方法【給料up】

「理学療法士ですが、もう少し給料を上げたい」 そう思う人もいますよね。   理学療法士だと、年収600万円くらい稼ぐのが現実的なのかなという印象です。   ちなみに、理学療法士の平均年収が404万円(厚生労働省の平成29年度賃金構造基本統計調査)です。 下のグラフを見ると50代理学療法士の平均年収でも500万円台です。   なので、年収600万円を稼げたら結構良いほうなのです。   では、理学療法士が年収600万円を稼ぐ方法は 本業で給料の高い職場で稼ぐ方法 本業+ ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2019/5/18

【今より給料を上げる】理学療法士が年収1000万円を稼ぐ方法

  かずぼー理学療法士が年収1,000万円も稼げるの?   ということが気になっている方もいると思いますので、この記事を書いてみました。   結論、理学療法士が年収1,000万円を稼ぐのは無理ではありません。 世の中にも年収1,000万円を稼いでいる理学療法士もいます。 ただし、雇われ理学療法士が普通に頑張っているだけでは、年収1,000万円は到底無理でしょう。   「この記事を書いているお前は、年収1,000万円も稼いでるの?」 と突っ込みが入りそうですが、すみま ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2019/5/2

理学療法士が年収500万円以上を確実に稼ぐ方法【給料を上げる秘訣】

ここだけの話。 かずぼー僕は年収500万円以上を稼いでいます   世間一般的には、年収500万円稼ぐなんて大したことはないのですが、30代理学療法士としては決して悪くはないと思います。 まぁ残業も一切なく、17時ピタで仕事が終わるし、GW、夏季休暇、年末年始も長期休暇を取り、有給もバンバン使ってるので、年収500万円以上にしては、楽をさせてもらっています。   個人的には、年収400万円以上稼げば生活には問題ないし、軽い贅沢もできるくらいだと思っています。 ただ、年収500万円くらい稼 ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2019/4/18

理学療法士の平均年収400万円は絶妙だと思う理由

理学療法士のかずぼーです。   僕は、理学療法士の平均年収400円くらいは、なかなか絶妙だと思っています。 理学療法士の平均年収400万円くらいはなかなか絶妙だと思う。贅沢しなければほとんど困らない。とはいえ、お酒、タバコ、外食くらいの贅沢はできる。 — かずぼー@理学療法士・ブログ (@kazubo_rigaku) 2019年4月15日 理学療法士の平均年収400万円くらいはなかなか絶妙だと思う。贅沢しなければほとんど困らない。とはいえ、お酒、タバコ、外食くらいの贅沢はできる。   ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2019/4/11

【体験談】10年目理学療法士の月給(手取りの給料)はどれくらい?

「理学療法士の給料って、月給の手取りはどのくらいあるの?」 と気になる人もいるでしょう。   僕は理学療法士10年のキャリアの中で転職を3回経験しています。 1つは非常勤の訪問リハビリでしたので参考になりませんが、他3つの職場の手取りの給料はどのくらいなのか参考になると思います。 理学療法士10年のキャリアで手取りの給料はどのくらい? 僕のキャリアはざっとこんな感じです。 1~4年目(回復期の病院) 5~8年目(回復期の病院) 8年目(訪問リハビリ※2ヶ月で退職) 9~10年目(整形外科クリニッ ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2019/2/7

理学療法士の給料はなぜ安い?【給料を簡単に上げる3つの方法】

以前、理学療法士の給料は安いの?高いの?一般企業と比べてみたという記事を投稿しました。   ここでは、お金の話を真面目にお伝えしています。 この記事は、理学療法士(または作業療法士や言語聴覚士)で給料を上げたい人だけが読んでください。 それ以外の「お金の話なんて聞きたくない」「お金を貰うために仕事しているわけじゃない」という人は、仕事への考え方が違いますので参考にならないでしょう。   理学療法士の給料は、決して高いわけではありません。 年収は404万円(厚生労働省の平成29年度賃金構 ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2019/2/1

理学療法士の給料は安いの?高いの?一般企業と比べてみた

  かずぼー理学療法士の給料って、安いの?高いの?   気になりますよね。   ただ単に、理学療法士の給料って安いの?高いの? と言われても、ピンときませんよね。 「給料が安いか、高いか」といった主観ではなく、一般企業と比べて相対的にみていくほうがわかりやすいと思います。   ここでは、理学療法士の給料がどのくらいなのか? そして、一般企業と比べて、理学療法士の給料は安いのか?高いのか?をお伝えします。   理学療法士の給料事情を踏まえて、あなたならどんな ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2019/1/4

理学療法士の生涯年収はどのくらい?生涯年収を増やす方法と将来への対策

理学療法士の将来性が懸念されている昨今、給料のことは気になってきますよね。   「理学療法士の給料は今後増えない」 「年収300万円の時代が来る」 など、いろいろ言われていますよね。   将来、定年退職後の年金を差し引いても、3,000万円程度はないと生活水準を下げざるを得ないと言われています。 年々平均寿命は伸びており、これからは人生100年時代です。 3,000万円どころか、もっと必要になるかもしれません。   しかし、理学療法士の現状を理解し、個人でやれることを一つずつ ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2018/12/27

理学療法士の昇給の相場は?4つの職場を経験した僕の実際の昇給額を教える

理学・作業療法士のあなたは、働く職場の昇給額を気にしたことはありますか?   就職する際は初任給やボーナス(賞与)、年収なども見ると思いますのが、長く勤めようと思うなら昇給は絶対に気にしておいたほうが良いです。 昇給は毎年1回あるのが一般的であり、ひどい職場だと昇給は0なんてこともあります。つまり、年収が全く増えないということです。   毎年せっかく頑張って仕事をして実績を積んているのですから、年収を上げたいですよね。   ここでは、理学療法士の昇給の相場はどのくらいなのか、 ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2018/12/12

理学療法士のボーナス(賞与)の相場は?4つの職場を経験した僕が実際のボーナスを教える

理学療法士として働いていると、給料ってどのくらいか気になりますよね? 初任給は求人欄に記載されていることは多いですが、ボーナス(賞与)の記載していないこともありますよね。   ボーナス(賞与)は、日頃の頑張って仕事をしたご褒美的な位置付けになります。 会社から貰えるボーナスの額はほぼ決まっていますが、会社の業績や個人の評価によっても変化するものです。 ちなみにボーナス(賞与)がない職場もありますが、ボーナスがないことは違法でありません。 ボーナスがない分、月々の給料が高い場合が多いので、月収と合 ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2018/11/16

理学療法士の初任給は?実際に僕はどれくらい貰っていたのか?

理学療法士って、働き出すと「どのくらいの給料が貰えるの?」って気になりますよね。   理学療法士あるあるなのですが、患者さんから「先生給料たくさんもらってるんでしょ?」なんて言われると、返答に困るという。 当然、医師ほど給料は貰えないですが、じゃあ実際に"理学療法士は初任給でどれくらい貰えるのか"を僕が知る限りお伝えしようと思います。 理学療法士の初任給はどれくらい? まず、理学療法士の平均年齢が31歳くらいです。(若いですよね。) そして、年収に関しては400万円前後です。これは地域や職場、働 ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2018/9/24

理学療法士の退職金の相場を知ろう!勤続4年で退職した僕はどのくらい退職金を貰ったの?

理学療法士で退職すると、どれくらいの退職金が貰えるのか気になりますよね。 退職金は法的義務ではないので支払われない場合もあります。 厚生労働省平成25年『就労条件総合調査結果の概要』によると、従業員数1,000人以上の企業で93.6%、30人から99人の企業は72.0%の割合で退職金制度を導入しています。 一般的には、従業員の多い大規模な病院や施設のほとんど職場で、退職金制度があります。   では、実際のところ理学療法士の退職金はいくらくらい貰えるのでしょうか? この記事では、理学療法士の退職金 ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2018/9/7

目立った肩書きなし!普通の理学療法士が転職と副業で年収120万UPした話

僕自身、理学療法士として目立った肩書きはありません。   何とか認定士の資格もなければ、学会発表もしたことがありません。セミナーをバンバンやっているわけでもないです。特にそういったことがやりたいわけでもないですし、努力の割に可能性を感じないからです。 それなら、家で本読んで勉強してるほうばコスパ良いなと思っている一般的な普通の理学療法士です。   そんな僕でも転職と副業で年収120万円UPさせることができました。2年でです。 僕のように目立った肩書きがなくて、それでも給料を上げるにはど ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2018/8/31

理学療法士が転職しただけで年収50万円UPしたリアルな話

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士として働いていると、「このまま今のところで勤めていて給料は増えるのか」って気になってきますよね。旦那さんだけの収入で家族を養っている家庭では特に。 若い療法士も、これからこの業界の給料は上がるのかは気にしておいたほうが良いでしょう。   結論から言うと、早く給料を上げるなら給料の高い職場に身を置くことです。   特に2~3年のうちに今よりも給料を上げたい人は、今すぐにでも転職したほうが良いでしょう。 僕の場合、転職したことで年収が50万円UPしました。 ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2018/7/23

理学療法士が"給料の高い職場"で働くには?具体的な方法を解説

理学療法士のかずぼーです。   理学療法士も働く上で、給料のことは結構気になりますよね? このまま理学療法士として普通に働いていて、給料って増えるの?ってこともしかり。   家庭を持つ人は「やりがい」だけで仕事はできない状況なのもよくわかります。子供がいる家庭では、特に高給の職場で働きたいと思うものですよね。 ここでは、理学療法士としてく上で給料の高い職場で働くにはどうすれば良いのか?について解説します。 理学療法士の平均年収は?まずは相場を知ろう! こちらのグラフは、理学療法士の平均 ...

ReadMore

PT・OT・STの給料

2017/11/27

理学療法士が"給料を上げるため"にできる5つの方法

30代で理学療法士を目指す学生と話をすることがありましたが、このくらいの年齢になると特に給料面は気になりますよね。 30代になると新卒者のように「やりがい。」だけで仕事をするのは難しいです。結婚して、子供がいるなら尚更。   診療報酬の改定ごとに単価が下がっているリハビリ業界ですので、給料事情は知っておいたほうが良いでしょう。 理学療法士を8年していると、給料を上げる方法がだいたいわかってきました。 理学療法士の給料は、実際のところどうなの? 結婚していると子供の学費や住宅ローンなど、何かとお金 ...

ReadMore

「PT・OT・STの給料」一覧

PT・OT・STの働き方

PT・OT・STの働き方(休日、勤務形態、働きやすさ)を知りたい人におすすめです。

働き方

2019/7/28

【理学療法士の転職】就職すると心が病む職場の2つの特徴

理学療法士の10年目のかずぼーです。   僕は10年のキャリアの中で、転職を3回をしています。 回復期の病院、訪問リハビリを経て、現在は整形外科クリニックに勤務しています。 若手の頃は上司からきつい指導を受けたり、他部署からいびめを受けたりして、それが嫌になって転職したこともありました。   就職先によっては、人生の満足度は変わりますし、成長するかどうかも職場によります。 良い職場に就職すれば良いですが、ブラック企業に就職すると心が病んでしまいます。   ここでは、「こういう ...

ReadMore

働き方

2019/7/28

理学・作業療法士、言語聴覚士で先輩や上司と合わない原因と対策

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士として働いていると、合わない先輩や上司っていますよね。   特に新人や若手ですと、知識も技術も先輩たちよりも劣るので、きつい指摘や指導を受けることもあります。   「指導してもらってるから何も言えない」と我慢している人もいるのではないでしょうか?   僕も若手の頃は、合わないと思う先輩や上司、他部署の人には嫌な思いをしてきました。 新人時代には、とある看護師さんに目を付けられてチクチクいびられたこともあります。   僕は転職を3回し ...

ReadMore

働き方

2019/3/30

理学療法士が公務員になる方法【給料や福利厚生について】

理学療法士のかずぼーです。   理学療法士が民間の病院やクリニックに勤めるのは、それほどハードルの高くはないでしょう。 ですが、公務員は誰でも簡単になれるわけではありません。 公務員の試験日が決まっていたり、試験が難しかったり、内定をもらうまでにそれなりの準備も必要なのです。   なぜ、こんなに面倒なことをしてまで理学療法士が公務員として働くのかというと、 「公務員は給料が高くて、福利厚生が充実している」 「安定しているから」 というのが大きな理由でしょう。 給料に関しても、休日やその ...

ReadMore

働き方

2019/3/28

50代理学療法士が転職に成功するには?転職の準備と注意点について

50歳を超えると、このように思う人も多いでしょう。 「定年も見えてきて、できるだけゆっくり過ごしたい」 「自分に合った仕事をしたい」   では、50代で転職できるのか? 結論から言えば、50代でも転職は可能です。   ただ、20代のようにあっさり次の職場が決まるかは難しいですよね。そりゃ、若い人を採用したほうが将来性があると思うわけでして。 また、50代で転職すると、これまでに培ってきた実績や信頼もリセットされます。さらに転職したころで給料が減ったり、人間関係が変わる可能性も考えられま ...

ReadMore

働き方

2019/2/24

理学療法士9年目の僕が仕事の本音「良い面・悪い面」を教える

ここでは、理学療法士として9年働いてきた僕が、「理学療法士の仕事の本音」を赤裸々に書いています。 どの仕事も「良い面」と「悪い面」の両方があります。これは理学療法士も同じことです。   良い面だけ見せて、過度な期待を持たせても後悔する人もいるかもしれません。 逆に、悪い面だけ伝えて、不安に駆られる人がいるのも良くないと思っています。 だからこそ、理学療法士として長年働いてきた僕が(といっても9年ですが)、正直に理学療法士の現状をお伝えしつつ、仕事の本音をお伝えしようと思います。 【良い面】理学療 ...

ReadMore

働き方

2019/2/6

【体験談】理学療法士の仕事はストレスがやばい?【脱ストレスのススメ】

「理学療法士として働いてると、ストレスがやばい」 「業務量も多いし、患者や上司とのコミュニケーションもまともにとれない」 「マジで辞めたいんだけど・・・」   でも、「今辞めても、次の就職先が決まるかもわからないし、給料が下がるかもしれない・・・不安」   このまま働き続けたほうがマシなのかな?   ストレスを抱えながらも、辞めることに対して不安を抱えながら働く人もいるでしょう。   僕も1年目の頃はかなりストレスのかかる状況でした。 僕は転職を3回していますが、転 ...

ReadMore

働き方

2019/1/27

理学療法士として「今の職場では成長できない」と感じる人へ

理学療法士のお仕事は、日々勉強ですよね。   理学療法士の腕は、日々の勉強、周りの環境に依存しています。 例えば、 毎日本を読んだり 週末に勉強会に参加している このように、自己研鑽を怠らない理学療法士は当然レベルアップします。 また、同僚にすごい勉強熱心な人がいればそれだけで刺激になります。教えてもらい知識を補充することもできるでしょう。 つまり、周りの環境も成長のためには欠かせないのです。   もちろん、自分を律せられる人ばかりではないですし、成長するための環境が整っていない職場も ...

ReadMore

働き方

2019/1/14

【理学療法士の働き方】重症患者がきついなら介助量の少ない職場で働くと良い

あなたは理学療法士として、どんな気持ちで日々働いているでしょうか?   「患者が良くなっていくのは嬉しい、やりがいがある」 と思う人も多いでしょう。 理学療法士は人の命や人生を左右するお仕事でもあります。とても責任感を感じる人も多いでしょう。   命の重さ、人生の重さを背負いきれずにその重さに押しつぶされそうになり、理学療法士自体が辛くなっている人もいるのではないでしょうか? そんな人に向けてこの記事を書いています。 何となく厳しい理学療法士の業界が辛い あなたが理学療法士を志した動機 ...

ReadMore

働き方

2019/1/13

理学療法士の最初の3年間は下積み?やりたいことは今すぐ始めたほうが良い理由

「最初の3年は下積みだ」 業界でも同じように言われることがあるでしょう。   理学療法士の業界でも、「最初は病院勤務のほうが勉強になる」「3年は自己研鑽に使ったほうが良い」なんてよく言われます。   僕も特にやりたいことがなかったので、最初の3年は病院でとにかく勉強しようと決めていました。 おかげで理学療法士としての知識はこの3年でかなり身に付いたとは思います。   でも、「3年は下済み」はある意味で思考停止だったとも思います。 理学療法士の最初の3年間は下積み? 僕の1年目 ...

ReadMore

働き方

2018/12/8

【ホワイト企業】理学療法士が"働きやすい理想の職場"に転職した1日のルーティンを教える

転職経験者のかずぼーです。 僕は3回転職を経験して、今は整形外科クリニックで常勤として働いています。 正直、今が一番働きやすくて快適です。 まさにホワイトな会社なので、「こんな職場もあるんだぁ」と思ってもらえると幸いです。 ここでは、僕の1日のルーティンをお伝えします。 僕の1日はこんな感じです 【1日のルーティン】 8時に起きる。 8時半に家を出る。 9〜12時まで仕事。 12時20分〜14時まで家で休憩(うち30分昼寝) 14〜17時まで仕事。 17〜18時風呂入る、夕食。 18〜25時まで適当に過ご ...

ReadMore

働き方

2018/11/17

理学療法士の転勤・異動って実際どうなの?転職するのとどう違う?

転職経験者のかずぼーです。   理学療法士である僕らも、一般的な会社同様に転勤・異動は普通にあります。 僕の周りでも、突然上司から転勤・異動通達された人がいますし、自分から申し出た人もいます。   いろんな理由で転勤・異動すると思いますが、理学療法士が転勤・異動するのは実際どうなのか気になる人もいるでしょう。 転職するのとどう違うのかについてもお伝えします。 上司が転勤を通達する場合 上司から転勤・異動を通達する理由としては、 同じ法人内で人手不足を補うため 経験年数のある人では管理職 ...

ReadMore

働き方

2018/11/15

理学療法士がブランクありでも復職・就職する方法

理学療法士として働いていると、出産・育児などで、一時的に仕事から離れることもあると思います。   理学療法士がブランクを経験する理由としては、 出産・育児が多いでしょう。お子さんが大きくなり、やっと復帰できるまでに1年くらいのブランクを経験することになります。   その他、理学療法士がブランクを経験する理由としては、 家族の介護   病気 他の職業に就く というのもあります。   僕も実はほとんど働かない期間が数ヶ月あったので、ブランクを経験していると言えます。 僕の場合は、 ...

ReadMore

働き方

2018/10/12

理学・作業療法士は「田舎vs都会」どっちが働きやすい?求人数や給料についても解説

これから理学療法士になろうと考えている方で、就職先をどこにしようか悩むと思います。 特に地方出身の人は、田舎に帰って就職しようか、都会(東京や大阪)に出て就職しようか悩みますよね。 都会のほうが何かと便利で住みやすいと感じる人もいれば、田舎のほうがのんびりしていて好きという人もいるでしょう。 ここでは「都会vs田舎」について、理学・作業療法士の求人や給料、それぞれに住むメリットを解説します。 都会と田舎の求人数の違い 都会と田舎では、どちらが求人が多いかは改めて言う必要はないですね。当然、都会のほうが求人 ...

ReadMore

働き方

2018/10/11

40代理学療法士が転職に成功するには?注意点と仕事の選び方

40歳を超えた理学療法士でも転職できるのか心配になっている人もいると思います。 一般的には、40代は20代よりも転職の面では不利になりやすいです。理学療法士も同じことです。 40代は、20代と比べても体力は落ちているので、若いときほど活気があるわけではありませんし、見た目も若くはないので患者やスタッフにチヤホヤされることもありません。 ましてや人生経験を重ねた分、固定観念やプライドを持ってるいる人もいるでしょう。   転職すると給料が下がる場合が多いので、独身ならまだ転職しやすいですが、40代の ...

ReadMore

働き方

2018/10/10

人生100時代を生きる理学療法士におすすめの副業は?

2017年11月20日。厚生労働省が副業を認める内容の改正案を提示しました。 というもの、国の財政はひっ迫しており、医療保険・介護保険費は年々増加傾向にあります。 ご存知の通り、日本は高齢化少子化が進んでおり、「将来の年金は当てにならない」なんてよく言われていますよね。 iDeCoや積立NISAなど個人で行う資産運用も推奨されており、国からすると「個人で老後資金を蓄えておいてくれ」ということでしょう。 会社の平均寿命も平均25年くらいで、もはや人の寿命よりも短いわけですね。すると、一つの会社から給料を貰っ ...

ReadMore

働き方

2018/9/30

女性の理学・作業療法士、言語聴覚士が働きやすい職場とは?【リハビリ職の就職・転職】

女性の場合、育児や家事などの役割を担うことも多く、働きづらくなって退職したり、再就職しづらくなっているケースは多いです。 以前、勤めていた病院でも人材募集をかけていたときに、上司が「女性が来てくれたほうが、バランスが取れてありがたいんだけどなぁ」とぼやいていました。 理学療法士などの職業に関してですが、やはり仕事をする上では女性のほうが応募人数としては少ないようです。   では、女性療法士として働きやすい職場って、どういう職場なのでしょうか?   ここでは、女性の理学療法士が働きやすい ...

ReadMore

働き方

2018/9/25

理学・作業療法士の勤務時間、残業、休日数や休日の過ごし方について

理学療法士として働いていても、職場環境によって、勤務時間も残業の有無も大きく違います。また、休日数も違います。 理学・作業療法士の勤務時間について 理学・作業療法士は、基本的には9~17時頃までの勤務がほとんどです。  内、休憩時間は1時間です。 つまり、7時間は患者診療、またはカルテ入力や係の仕事などの雑務をこなしています。   回復期の病院では、理学療法士や作業療法士が「早番」「遅番」をすることもあります。 以前、僕が勤めていた回復期の病院を参考にすると、早番は6時半~15時まで。遅番は12 ...

ReadMore

働き方

2018/9/24

理学療法士の離職率は?離職率が高い理由は「転職しやすいから」

理学療法士で転職を考えている方は、次勤める職場がどんな環境か気になりますよね。 職場に求めるものは、人それぞれなので「これがあるから働きやすい」と断言するのは難しいのですが、働きやすさはイコール離職率の低さとも言えます。   離職率とは、一定期間(例えば1年)でどのくらいの人数が退職したかを示した指標のことをいいます。   離職率が低いということは、その職場に定着する人が多いということです。 辞める人が少なく、職員満足度も高いと考えて良いでしょう。   逆に離職率が高いと、働 ...

ReadMore

働き方

2018/8/12

理学療法士が整形外科クリニックに転職して2ヶ月。クリニックで働くための大事な考え方

理学療法士の9年目のかずぼーです。   僕は転職を3回軽減しているのですが、8年回復期リハビリテーション病院に勤め、その後に訪問リハを経験、現在は整形外科クリニックに転職して2ヶ月とちょっとが経過しました。   新しい環境に移ってまだ2ヶ月しか経ってないので、新鮮な気持ちで仕事ができています。こういう状態の時は、仕事が楽しいですね。 ただ、思うことも出てくるんです。   理学療法士として整形外科クリニックで働いてみて、ここは大事だなというところを健忘録として記事に残しておこう ...

ReadMore

働き方

2018/8/12

理学療法士が"残業をせず、定時で帰る"ための5つの方法

理学療法士9年目のかずぼーです。   僕は社会人になってから「できるなら残業はしたくない」と思い、業務が終わればさっさと帰っていた人間でした。 今でも、無駄に職場に残ることはありません。   20時くらいまで残って仕事をしている人をたまに見ますが、内心では「早く帰りたいと思わないのかな」と思っていました。 残業代を稼ぐ人もいますが、言うても1時間1000円ちょっとですからね。 「時は金なり」という言葉があるように、時間はお金に換えられないほどの価値があるのですよ。 残業代を稼ぐくらいな ...

ReadMore

「PT・OT・STの働き方」一覧

PT・OT・STの就職先

PT・OT・STの就職先はたくさんあります。あなたに合った働き方を見つけましょう。

就職先

2019/5/1

【理学療法士の働き方】あなたはどの就職先が向いている?【実体験】

理学療法士として社会に出ると、「自分はどの就職先で働くのが向いているのだろう?」と悩むことってありますよね。   僕自身も10年のキャリアの中で転職3回、4つの職場を経験してきました。 僕は半年くらい「自分はどの就職先で働くと、楽しく働けるんだろう?」「どんな環境を選べば幸せなんだろう?」と悩んでいた時期もありました。 転職期間中にも、いろんな病院や施設見学も連日行かせてもらって、今の職場に転職することができています。   僕は、そこまで「これがやりたい」「こんな理学療法士になりたい」 ...

ReadMore

就職先

2018/9/13

「介護老人保険施設」で働く理学療法士の友人に実際の働き方を聞いてみた

僕は理学療法士9年目になります。 同じ理学療法士の古くからの友人(9年目)に「介護老人保健施設」の働き方を詳しく聞かせていただきました。 介護老人保険施設の特徴 介護老人保健施設(通称:老健)は、医療・介護ケア、リハビリをして在宅復帰を目指す場所をいいます。 施設に入所できる対象者は介護保険(要介護1~5)の高齢者(65歳以上)。   介護老人保健施設は、「中間施設」と言われる位置付けられています。 つまり、介護ケアを受けつつ在宅復帰を前提にリハビリを継続して行う施設という位置づけになります。 ...

ReadMore

就職先

2018/7/8

訪問リハビリの魅力とは?病院から訪問リハビリへ転職した理学療法士が思うこと

僕は、8年間回復期リハビリテーション病院に勤務し、その後に訪問リハビリに従事した経験があります。 病院で働く療法士は、退院後の生活を見据えながら患者さんのリハビリをしていますが、退院していく患者さんを見送るときは、 いつも「ちゃんと生活できるかなぁ」「訪問リハビリを提案したけど上手くやってるかなぁ」 ということが気になるんです。そんな思いから訪問リハビリに転職した経緯があります。   ここでは、「訪問リハビリって実際どうなの?」という療法士に向けて、訪問リハビリの働き方や魅力について私見を交えて ...

ReadMore

就職先

2018/6/16

【転職体験談】理学療法士が「整形外科クリニック」で働く10のメリット

理学療法士が活躍できる場って、沢山ありますよね。 僕が若手の頃は、給料や休日日数のことは二の次で、「勉強できるところ」を優先して病院で働くことを決めました。   そんな僕も9年目になり、これまでに 2つの病院(主に回復期) 訪問リハビリ 整形外科クリニック(現在) と経験してきてました。 整形外科クリニックでは、今までの職場よりも働きやすさとやりがいを感じています。   ここでは、「整形外科クリニック」の特徴や働くメリットを解説しています。 整形外科クリニックとは 整形外科クリニックと ...

ReadMore

就職先

2017/12/24

回復期の病院で8年勤めた理学療法士の僕が"回復期リハビリテーション病院の働き方"を詳しく解説

僕は理学療法士になって8年経ちますが、その間に2つの回復期リハビリテーション病院で実務経験を積んできました。   回復期のリハビリは、勉強になるからという理由で新卒者にも人気の分野です。   回復期の特徴としては ①患者情報が多いこと ②患者さんと比較的長い期間関われる ③患者さんの変化がわかりやすい の3つが挙げられます。   僕も8年間回復期に勤めていて勉強になることばかりです。(もちろん、どの分野いても勉強になるとは思います。)   この記事では、 回復期のリ ...

ReadMore

「PT・OT・STの就職先」一覧

PT・OT・STの悩み

PT・OT・STが仕事の悩みを解消するための記事をまとめています。

仕事の悩み

2019/8/15

理学療法士の職場で上司や先輩の指導に不満?あなたができる3つの対策

理学療法士として働きあなたも、人間関係で悩むことはあると思います。   例えば、 「先輩が厳しい」 「上司がなかなか帰らせてくれなくて残業が多い」 など。 職場には少なからず。合わない人がいるんですよね。   僕も1年目のときは、看護師さんからいじめられたり、厳しい先輩にバンバンに指導されて、心身ともに病んでた時期もありました。 そんな僕も理学療法士10年目になって、ある程度先輩や上司との付き合い方がわかってきました。 ここでは、どうやって「面倒な先輩や上司と関わっていけば良いのか」に ...

ReadMore

仕事の悩み

2019/5/13

理学療法士に向いている人、向いていない人。適性を確認してみよう

僕は理学療法士10年目になり、これまでに主に回復期の病院を2つ、訪問リハビリ、整形外科クリニック(現職)を経験してきました。 療法士が40人規模の職場にいたことや4つの職場を経験してきた中で、「こういう資質がある人は、理学療法士に向いているな」というのがわかってきました。   「自分は理学療法士に向いているのかな?」 そう心配する人は、この記事を読んで適性を確かめてみてください。   この記事を読んでみて「理学療法士に向いていないかも・・・」と余計に不安になる人もいるかもしれませんが、 ...

ReadMore

仕事の悩み

2019/5/12

理学療法士の職場がブラック企業になる理由と特徴、2つの対策

理学療法士として働いていると、「自分の職場って、ブラック企業じゃない?」 そう感じる人もいますよね。 例えば、残業代が出ないのに夜遅くまで居残って仕事をさせられている。有給休暇が取れない。勉強会強制参加。などなど。 「労働基準法違反じゃない?」なんて思うときもありますよね。   僕の以前勤めていた病院でも、サービス残業は当たり前でしたし、どう考えても業務内に終わるような仕事量ではありませんでした。 僕も周りでも「有給が取れない、休めない」なんて人もいました。   僕は転職を3回、4つの ...

ReadMore

仕事の悩み

2019/5/6

偉そうでプライドの高い理学療法士との人間関係は見直した方が良い

理学療法士を10年していると、「理学療法士ってプライド高い人多いよなぁ」と常々思うのです。 Twitterを見ていても「めっちゃ意識高い系やん、^^;」と感じる人が、かなり存在しています。 ここまでアイデンティティに仕事が入っている人種って、そんなにいないですよね。専門職特有と言いますか。   理学療法士は、実習中からもプライドの高さが仇となることもあります。実習の身なのにバイザーに反対意見をぶつけたりして実習で低評価が下されたり。   理学療法士の仕事って、患者とのコミュニケーション ...

ReadMore

仕事の悩み

2019/4/25

【体験談】理学療法士のいじめ・パワハラ問題【まとめ】

理学療法士の業界は、どこか体育会系のノリなとろこがあります。 実習ではレポートや課題が多く、睡眠もまともに取れないなんてこともあるくらいハードです。 症例発表では尋問みたいな質問が飛び交い、まらに地獄絵図。勉強会も強制参加。などなど。   この業界にいると感覚がマヒしてきますが、他の業界に入れば普通におかしいことに気づくはずです。 指導と言えば聞こえは良いですが、度が過ぎればいじめ・パワハラにあたる部分もあり得ます。   ということで、理学療法士にありがちないじめ・パワハラ問題を僕の体 ...

ReadMore

仕事の悩み

2019/4/22

【理学療法士の転職・退職】昇給5千円で引き止められて退職しないってヤバい

これは理学療法士の知り合いから聞いた話ですが、 「今の職場が忙しすぎて退職しよう」と考えていて、上司に退職の旨を伝えたら、 「給料を上げるから残ってくれ」と引きとめられたらしいです。   かずぼーどのくらい給料を上げてくれるんだろう? それが気になりますよね!   昇給額によっては、考え直しても良い場合もありますのでね。   かずぼー5万円かな?   それは多いか!   かずぼー3万円かな?   なんと5千円!!   かずぼーえっ!? ...

ReadMore

仕事の悩み

2019/4/20

【理学療法士の転職・退職】1年前に申し出ないと辞められないんです←そんな訳ないです。

職場を退職しようと考えた時に、「今の職場は、1年前から退職の意思表示をしなければいけないのです」と言う人をたまに見かけます。 しかも、「1年前に退職表明をしたら、ボーナスを減らされた」 なんて言う人がいます。   かずぼー大丈夫?   と思うのです。   「1年前に申し出ないと辞められないんです」と悩んでいる人に、そんな訳ない理由を法律を交えて理論的に説いていこうと思います! 【理学療法士の転職】退職願いはいつ出せば良いの? 退職は2週間前に申し出れば問題はありません。6ヶ月 ...

ReadMore

仕事の悩み

2019/4/17

理学療法士は技術力だけ高めても給料は上がらない理由

理学療法士のかずぼーです。 僕は臨床経験10年目になるのですが、この業界は「臨床力を高める」ことに熱中しがちですよね。 技術力を高めただけで、給料は上がるのか、稼げるようになるのか、というとかなり疑問が残ります。   この記事を読んでいるあなたも、何となく気づいているのではないでしょうか?   この記事を最後まで読めば、理学療法士が技術力を高めるだけでは給料は上がらない理由を知ることができます。 そして、理学療法士は「どこまで技術力を高めれば良いのか」について言及したいと思います。 理 ...

ReadMore

仕事の悩み

2019/3/12

理学療法士の仕事にやりがいがない人は要注意!やりがいがない理由とその対策

理学療法士として働く上で、その仕事にやりがいを感じているかはかなり重要です。   この記事を書いている僕は、9年目の理学療法士です。 僕自身は、整形外科クリニックに勤務しており、今の仕事にとてもやりがいを感じています。 ですが、9年目のキャリアの中でやりがいを感じず、理学療法士自体が嫌になったこともありました。 僕は転職を3回しており、ある時半年くらいは「自分にはどんな環境が合ってるんだろう?」と悩んだこともあります。   もし今の仕事にやりがいを感じない人は、是非この記事を読んでみて ...

ReadMore

仕事の悩み

2019/2/19

理学療法士が転職したくなる5つのサイン+3つの対策

僕は、理学療法士9年間で転職を3回4つの職場を経験しいます。 仕事をする上で、自分がどんなサインを出していれば転職したくなっていたのかを振り返ってみました。   ここでは、僕も含めて転職を経験した人が放つ「転職したくなる5つのサイン」と転職したくなった時の3つの対策について解説します。 ちなみにですが、人間関係が嫌になったり、給料が低いから給料の高い職場に移りたいという人は、今すぐに転職したほうが良いですよ。   今、ぼんやりと転職しようか悩んでいる人で、「自分のことかも?」と感じる人 ...

ReadMore

仕事の悩み

2019/2/5

【体験談】あなたも理学療法士に疲れた?原因と具体的な2つの対策

理学療法士として働いてると、 「なんだか疲れた」 そんなときもありますよね。 僕も理学療法士として働いていると、度々「疲れたな」というときがありましたので、その気持ちはよくわかります。   ここでは、僕の体験談を踏まえて、理学療法士が疲れを感じる原因と具体的な対策をお伝えします。 理学療法士が抱える「人間関係」って疲れるよね 仕事の悩みで一番多いのが、人間関係と言われています。 人間関係が原因で退職してしまう人も多いくらいです。 引用)退職理由のホンネ、トップは“人間関係”|エン人事のミカタ b ...

ReadMore

仕事の悩み

2019/1/2

【経験談】理学療法士として将来が不安なら、転職か副業のどちらかはするべし

理学療法士として働いている「将来性ってどうなの?」というのが気になりますよね。   あなたは、理学療法士のこれからの将来に向けてどのような対策をされているでしょうか?   僕は、2010年に理学療法士の資格を取得し、現在(2019年)で10年目になります。 僕自身も、あなたと同じように理学療法士としてどう生きていけば良いのか悩み、転職を3回、そして2016年に副業を始めました。 転職と副業、この2つをしたことで理学療法士としてのキャリアが大きく変化したのです。 なぜ理学療法士として将来 ...

ReadMore

仕事の悩み

2018/12/12

1年目(新人)理学療法士の気分の落ち込みは5月病かも?5月病対策について徹底解説

新人理学療法士は、学生のときとは違って環境が大きく変わります。 始めての社会経験、初めての仕事、上司や先輩とのやりとり、慣れないことが多くて世話しない毎日が圧倒言う間に過ぎていくことでしょう。 入職して気づいたらもう5月。 仕事に多少慣れて来たけど、なぜかやる気がでない。そんなときは5月病かもしれません。   5月病といっても、正式な病名ではありません。 5月になると、「何かやる気が出ない」「夜が眠れない」「イライラする」「会社に行きたくない」など、やや鬱ぽくなることをいいます。   ...

ReadMore

仕事の悩み

2018/11/5

理学療法士のパワハラ問題について。自分の身を守る具体的な2つの対策

理学療法士は、実習が過酷なことで有名な業界です。 理学療法士療法士を志している学生や、もう理学療法士の資格を取った人なら「理学療法士の実習はきつい」ってイメージを持っているものだと思います。   最近は減ったと思いますが、過去には「お前は、理学療法士に向ていない!」「帰れ!」など、言葉の暴力は普通にありました。 これって、普通にパワーハラスメント(パワハラ)ですからね。 それによって、自殺する実習生がいたくらいです。 理学療法士の実習生が自殺したニュース   しかも、学生に留まらず、働 ...

ReadMore

仕事の悩み

2018/10/4

理学療法士が嫌い?辞めて後悔する前にこの記事を読んでほしい。

やっとの思いで国家試験に受かり、理学療法士として働き出したけど、働くのが苦になっている人もいるでしょう。   理学療法士の職業はどこか体育会系のノリがあり、実習は典型的な例ですが、鬼のようなレポート地獄を根性論で乗り切らせようとする節があります。 それは、理学療法士として働き出しても続くことがあります。そんな現状に嫌気がさし「理学療法士の職業嫌、辞めたい」と思うこともあるでしょう。   僕も理学療法士1年目の頃は、仕事がきつくて辞めたくなったこともありました。 でも、「ここで理学療法士 ...

ReadMore

仕事の悩み

2018/8/30

【いじめ経験談】コミュ障の新人理学療法士が職場でいじめられたときの対策

理学療法士のかずぼーです。   僕の新人時代は、他の同期と比べてもあまり出来の良いほうではありませんでした。実習時代も、バイザーに手取り足取り教えてもらって何とかクリアしてきたレベル。 その程度の僕が、新人理学療法士として働き出すとそれはそれは苦労します。 学校で習ったことを、患者にどうやって落とし込んで考えれば良いのかわからず、先輩から「その評価は何のためにするの?どういう目的で?」と問い詰められると、何も答えることができません。   加えて、僕はコミュ障なので上司や先輩、看護師など ...

ReadMore

仕事の悩み

2018/8/25

「自分は理学療法士に向いてない」と不安になる人へ!大丈夫!知識と経験が足りないだけですから

ここでは、理学療法士や作業療法士になりたての、新人や2年目くらいに多い悩みに触れようと思います。   「自分は理学療法士(作業療法士)に向いてないんじゃないか?」   理学療法士や作業療法士の方は、一度くらいはこのような悩みを抱えたことがあるのではないでしょうか? 患者の評価もろくにできない 先輩はできるのに自分にはできない 患者に「担当を変更してほしい」と言われた 慣れない業務に疲れている このような出来事を経験すると、「自分はこの仕事は向いてないのかも?」と思い悩んでしまいます。 ...

ReadMore

仕事の悩み

2018/8/21

理学療法士がストレスを抱えながら患者と関わることの弊害

仕事をする上で、ストレスの原因となりやすいのが「人間関係」。退職した人が抱えていた悩みのほとんどがこれです。   こちらのグラフ▼をご覧ください。 引用)http://mmsjp.info/necessity/index.html   上司など、同僚との人間関係にストレスを感じている人が多くいるというのがわかりますね。退職したくなるほどストレスを感じるのは、クライアントではなく、実は上司などの同僚に対してです。 関連記事:【PT/OT/ST】人間関係が原因で仕事を辞めたい!?人は簡単に ...

ReadMore

仕事の悩み

2018/8/18

理学療法士1年目が辛いから辞めたい?入職してすぐ転職するのはどうなの?

理学療法士1年目は、社会人1年目でもあるので、慣れないこともいろいろあって悩んでいる人多いんじゃないでしょうか。   人間関係の悩み・・・ 残業多い・・・ 重症患者さんばかりできつい・・・ など。 本音を言ってしまえば、いろいろ辛くなる理由が出てきますよね?   仕事が辛いと仕事にも身が入らないし、やる気にならない。   それで、「退職」という文字が頭に浮かんでくるんですよね。   でも、入社してすぐの1年目が辞めるのって、どうなの?   次の就職先はどう ...

ReadMore

仕事の悩み

2018/8/12

理学療法士が仕事に"やりがい"をなくしたときにする8つの解決策

理学療法士として働いていると、「最近、張り合いがなくやる気がでないなぁ」と感じることはありまりませんか?   病院で働いていても、毎日同じ患者さんと同じようなリハビリをする。患者診療が終われば、書類業務をして本日も終了、みたいな。   毎日同じことの繰り返しで、ウンザリ、やりがいを感じられなくなることってありますよね。 この先も同じようなことを何十年も続けると思うと、余計にやる気がなくなってしまいます。   ここでは、やりがいがなくなった人でも、もう一度やる気が上がる方法ご紹 ...

ReadMore

「PT・OT・STの悩み」一覧

就職・転職のコツ

PT・OT・STが就職・転職に成功するコツをお伝えします。

就職・転職のコツ

2019/9/7

理学療法士が退職するときは「辞めます」の一点張りで押し通せる理由

理学療法士のかずぼーです。   僕は転職を3回経験しているのですが、一つ不思議に思っていることがあります。 なぜだか、退職するときに「辞めます」と一言言えば辞められるのに、勇気がなくて言い出せない人っていますよね。 なんでですかね?   確かに「辞めます」って言うのは勇気にいる行動ですが、それでも嫌々働き続けるよりはマシだと僕なんかは思うんですけどね。   「止められるんじゃないか?」とか「理由をちゃんと用意しとかないと、辞めさせてくれないんじゃないか?」 などあれこれ悩むと ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/8/27

【退職経験談】理学療法士の僕が退職最終日の過ごし方を教える

理学療法士のかずぼーです。   転職って、結構労力のいるイベントですよね。 上司に「退職します」と伝えて、退職届を提出して、業務を引き継いで、同僚や患者に少しづつ退職することを伝えて、「さぁ、やっと退職」となるわけです。 「辞めて、もう同僚とは会わない」と決めていても、最後の日ってもの寂しい気持ちはありますね。   僕は転職を3回経験していて、つまり3回退職最終日を迎えたことがあります。 ここでは、実際に退職最終日がどんな感じで、どんな気持ちになるのかをお伝えします。 退職最終日の朝 ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/8/26

理学療法士の面接で理想の職場を見極める4つのポイント【転職3回経験】

理学療法士のかずぼーです。   僕は10年目になりますが、3回転職し4つの職場を経験してきました。 つまり就職活動を3回行い、これまでに合計20回くらいは病院や施設の面接(または見学)をこなしてきました。   面接って、相手に評価して選んでもらうがありますよね?   でも、あなたも職場を選ぶ権利があるのです。 つまり、あなたも選ぶ側に立つべきだということです。   僕は転職にほとんどは転職に成功したと思いますが、中には2ヶ月で辞めてしまったこともありました。 転職を ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/7/28

理学療法士が転職を躊躇う2つの理由と解決策。機会損失を避けよう

理学療法士のかずぼーです。   「理学療法士(もしくは作業療法士、言語聴覚士)で転職をしたいけど、行動できない」 「転職できない気持ちはあるけど、一歩勇気がでない」 という人に向けて、理学療法士が転職を躊躇う理由と解決策について僕の考えをお伝えします。 【理学療法士の転職】転職したいなら今すぐ動き始めるべき 結論、僕は「転職したいと思うのなら、今すぐに転職活動を始めよう」と言いたいです。   僕は理学療法士10年目になりますが、転職を3回しています。 人間関係の問題 給料が安い 残業が ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/7/23

理学療法士は飽和状態?就職難を乗り越える今後の働き方・転職について

「理学療法士は毎年1万人くらい増えている」 「理学療法士はもう飽和状態」 このような声を聞く人も多いでしょう。   僕も理学療法士の資格を取って10年経ちますが、確かに若手が増えている印象です。   「理学療法士が増えれば就職しづらくなる」 そんな心配をする人も多いでしょう。   ここでは、理学療法士は本当に飽和状態なのか、また就職難を乗り切る今後の働き方や転職方法についてお伝えします。 理学療法士はどんどん増えている現状 実際に理学療法はどれくらいいるのか見てみましょう。 ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/6/13

理学療法士の退職方法!どうせ辞めるなら人間関係は気にしなくて良い

理学療法士のかずぼーです。 僕は転職を3回してきましたが、何回も退職を経験していると職場を辞めるのはもはや簡単なことです。 3ヶ月前に上司にアポを取り、個室にて「〇月いっぱいで退職します」とただ告げるだけです。 シンプルでしょ。 その後は職場の規定に沿って退職届を提出し、雇用契約を終了させていくだけです。 簡単です。   ところが、なぜだか簡単に辞めようとしない人もいるのです。 辞める際に、 「人間関係が崩れるかも」「後腐れないように辞めたい」 と余計なことを考える人が多すぎます。   ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/6/6

【3回転職】理学療法士の転職体験談と転職に成功するコツ

理学療法士のかずぼーです。 僕は理学療法士になって10年。転職を3回、4つの職場を経験してきました。   僕自身が転職してみて思ったことは、 「理学療法士って求人はたくさんあるなぁ」ということと、働きやすい職場を見つけることは難しいことではないということです。   他の記事でも僕の転職体験談は書いてますが、この記事では、 ・理学療法士の僕が職場を選んだ基準 ・転職したときに気を付けたこと ・転職に失敗したことや転職に成功するコツ などをより詳しくお伝えしようと思います。   ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/5/29

理学療法士が退職するなら退職願、退職届、辞表を理解しておこう

理学療法士が「退職したい」と思ったときに、上司に退職する意思表示をしますよね。   かずぼーどんな風に退職を進めれば良いの?   と、よくわからない人もいると思います。   退職する際に、基本的に上司に提出する書類には、 退職願 退職届 辞表 の3つがあります。 こららの意味を理解しておけば、退職をスムーズに進めることができます。 他にも細々した書類の記入が必要なこともありますが、それは上司や管理部から教えてくれますのでそれに従えば大丈夫です。 退職をスムーズに進めたい人、退 ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/4/29

【転職経験あり】理学療法士が職場を辞めるタイミングについて解説します

転職経験者、理学療法士10年目のかずぼーです。   理学療法士として働いていると、仕事がきつかったり、人間関係が悪い、頑張ってるのに給料が上がらない、パワハラを受けてるなどで、そろそろ辞めたくなっている人もいるのではないでしょうか?   僕も1年目の頃は、ほぼ毎日サービス残業で病院を出るのが23時という日もザラにありました。 実習のようなレポートが毎日課せられて、仕事終わりに先輩や上司からダメ出しをされる訳です。地獄のようでした。 当時は辞めたくてたまらなかったのですが、今回は、理学療 ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/4/10

理学療法士の転職で"知り合いの紹介"が一番失敗しやすいからおすすめしない理由

転職経験者のかずぼーです。 以前に僕はこのようなツイートをしました。 知り合いの紹介の転職が一番失敗しやすいからおすすめしない。 — かずぼー@理学療法士・ブログ (@kazubo_rigaku) 2019年4月9日   知り合いの紹介の転職が一番失敗しやすいからおすすめしない。   転職する際に、「知り合い」が勤めている職場に転職するという方法がありますが、僕はこれをおすすめしていません。   こういった主張をすると、 え、そうなんですか? — ゆみっぺ パートのママPT& ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/3/23

理学療法士は就職難で就職できないのか?これから転職・就職する人へのアドバイス

「理学療法士は、飽和気味で就職できない」 いわゆる"就職難"という説をたまに見かけます。   というのも、理学療法士は毎年1万人の理学療法士を輩出しています。 それに伴い「就職できない」という声を聞いたりもします。 では、本当のところどうなのでしょう? 理学療法士は昔よりは就職難で、給料は下がっている現状 理学療法士は2004年頃から急激に増え、2014年に10万人を突破しました。 毎年1万人以上を排出しており、そろそろ飽和気味なんて言われたりもしています。 引用)https://www.pt- ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/3/14

【転職成功談】理学療法士の僕が転職して給料・時間・人間関係が改善された話

理学療法士のかずぼーです。 僕は、9年のキャリアの中で転職を3回しています。 転職した理由は、「給料を上げたい」「時間が欲しい」「人間関係の良い職場に移りたい」など、さまざまでした。   現在の僕は、4つ目の職場(整形外科クリニック)で働いています。 今までよりも給料も良く、時間もあり、そして人間関係も良い職場で働けていることに大満足しています。 まさに、転職に成功したと言えるでしょう。   ここでは、以前の僕と同じように「給料が安い」「時間がない」「人間関係が悪い」と悩んでいる人に向 ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/3/4

【国家試験後の就職活動】新卒理学・作業療法士が失敗しない職場の選びの方

  かずぼーまず国家試験お疲れ様でした!   国家試験の出来はどうでしたか? 採点をして、「これは受かった」という人もいれば、「落ちたかも・・・」と心配する人もいるでしょう。   また、国家試験までに就職先を決められなかった人もいると思います。 国家試験が終われば、急いで就職先を決めて、社会人として働き出さないといけませんよね。   僕は理学療法士9年のキャリアで、4つの職場を経験してきました。 どんな職場が働きやすいのか どうやって良い求人を探せば良いのか をよく ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/2/26

【体験談】理学療法士で転職しない方が良い人、転職した方が良い人

僕は、理学療法士としてこれまでに転職を3回経験しています。 転職経験があると、転職をすると損する人、転職をすると幸せになる人がある程度わかるようになってきました。   ここでは、転職経験者の僕が「転職しない方が良い人」「転職した方が良い人」をお伝えします。 転職しようか悩んでいる人は、参考にしてもらえると幸いです。 理学療法士で転職しない方が良い人 どんな職場でも、不満の一つくらいはあるものです。 「隣の芝生は青い」と言われるように、他の職場の話を聞くと転職した方が良いのかなと思もう人もいるでし ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/2/20

理学療法士が退職・転職するときの不安と決断のコツ

転職経験者のかずぼーです。   「今の職場を退職しようかな・・・」 「転職するのは不安だな・・・」 初めて転職する人は、不安になる人もいると思います。   僕は理学療法士9年のキャリアの中で転職を3回しています。 転職を3回もしてると、退職するのにも慣れてくるものですが、最初の職場を辞めたときは、かなり不安でしたね。 今の僕は転職したことで、人間関係も良く、月収30万円以上、残業なしのとても良い環境で働くことができています。   転職経験者の僕から「今の職場を辞めたいな、どう ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/1/24

【転職3回経験】理学療法士の転職回数は再就職に影響するの?

理学療法士働く場所はたくさんあるので、この業界は転職経験者が多くいます。   かずぼー転職を2回、3回と繰り返していると、さすがに再就職に響くんじゃない? と心配になる人もいるでしょう。   ちなみにですが、僕自身は転職を3回しています。理学療法士の中でも転職回数は多い方だと思います。 僕の経歴としては以下の通り。 1~4年目:回復期リハビリテーション病院 5~8年目:回復期リハビリテーション病院 8年目(2ヶ月):訪問看護ステーション 9年目~:整形外科クリニック   ここ ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2019/1/17

理学療法士は転職サイトで就職先の選択肢を増やしておくべき

理学療法士は転職の多い業界でもありますが、今から転職を考えている人はどうやって次の仕事を探していますか?   一人でネットで検索しながら探す人もいるでしょうが、次に働く職場がどんな環境かわからないのは、かなり危険です。 どんな仕事内容なの? 給料はどらくらいなのか?昇給はあるの?ボーナスはどのくらい? 年間休日日数は?有給取得率は? どんな上司や先輩がいるのか? 就職するなら、最低限これらは気になりますよね。   もし、次に働く環境がブラック企業だった場合、すぐにまた「辞める」なんて簡 ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2018/12/17

新人理学療法士の最初の就職先は「病院?」「施設?」「訪問リハビリ?」どこが良いの?

先日、僕のところに理学療法士を目指す学生さんから「病院か施設か」迷っているとの質問がありました。   行きたい分野は老健や訪問リハビリみたいなのですが、周りに知識面で置いていかれるのではないかと心配しているようです。   かずぼー僕は以下のように回答しました。   行きたい分野があるなら初めから行った方が良いですよ。それか病院を知るために病院1年で辞めて老健に行くのもありですけどね。1年とかあっという間に過ぎますので。 たぶんそんなに拘りないんじゃないですか?それなら「人」で ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2018/12/14

理学療法士が退職・転職するなら年末?それとも新年度に向けて?

転職経験者のかずぼーです。   「よし、来年度は違う職場で新しいキャリアをスタートさせるぞ!」と意気込んで、転職の準備を始めた人もいるでしょう。 それで、「いつ辞めるのが得策なのか」って悩みますよね。   一番多い退職の時期が 年末 新年度に向けての3月中 です。   僕は転職3回しており、年末で辞めたことも、3月に辞めたこともあります。 退職時期として、「年末?それとも新年度に向けて?」どちらが良いのか?そのことについて解説しています。 いつ辞めればいいのか悩んでいる人は、 ...

ReadMore

就職・転職のコツ

2018/11/27

理学療法士の転職では長期間ブランクを作らないほうが良い5つの理由

転職を3回経験している理学療法士のかずぼーです。   仕事を辞めると決めてからは、「よ~し、せっかくだから思いっきり休もう!」と思うものです。 「海外旅行に行こうかな?」 「やりたかったゲームを自由気ままになろうかな?」 なんて、退職前からもうワクワクが止まりません。   僕はというと、転職期間中は最長で2ヶ月間休みました。 当然、海外旅行にも行ったし、兼ねてからやってみたかったプログラミングの勉強もしてみました。勉強会にも参加しましたし、とにかく遊んだし、やりたいことをやりましたね。 ...

ReadMore

「就職・転職のコツ」一覧

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.