PT・OT・STで転職を考えている人へ▼

理学療法士がおすすめする転職サイト5選【厳選】

働き方

50代理学療法士が転職に成功するには?転職の準備と注意点について

投稿日:2019年3月28日 更新日:

50歳を超えると、このように思う人も多いでしょう。

「定年も見えてきて、できるだけゆっくり過ごしたい」

「自分に合った仕事をしたい」

 

では、50代で転職できるのか?

結論から言えば、50代でも転職は可能です。

 

ただ、20代のようにあっさり次の職場が決まるかは難しいですよね。そりゃ、若い人を採用したほうが将来性があると思うわけでして。

また、50代で転職すると、これまでに培ってきた実績や信頼もリセットされます。さらに転職したころで給料が減ったり、人間関係が変わる可能性も考えられます。

それでも転職したい人は、以下のことを注意していただければ、50代でも転職に成功する可能性はあります。

50代理学療法士で転職するには準備が必要

50代で転職する人は、何を気にして転職の準備をしていけば良いのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

キャリアの棚卸をする

50代で採用されることを考えて場合、「バリバリに患者を診て」といったような期待はされないでしょう。

やはり、50代なら「どんな経験値があるのか」で採用されるかどうかが決まります。

  • 教育に携わっていた
  • 役職経験がある
  • 認定資格を持っている

など。

これまでにどんな実績があるのかを整理しておくことで、転職は成功しやすくなります。

 

あなたには、どんな実績があるでしょうか?

自分の市場価値を知っておく

50代で実績があるからと言っても、必ずしも転職先でそれが活かされるかはわかりません。

あなたが役職経験があるからと言っても、次の職場で役職を求められているとも限らないわけです。

 

ですので、転職先で何を求められているのか(=市場価値)を求人から読み解きましょう。

新店舗でとにかく頭数を揃えたいという職場であれば、それほど経験は求められないですよね。

「役職・管理職募集」記載されていれば、役職経験があればうってつけですので、実績をしっかりアピールすれば内定をもらえる確率は高まりますし、給料も担保されるかもしれません。

 

このように、職場のニーズとあなたの経験がマッチした職場であれば、あなたがこれまでに培ったスキルも活かされるでしょう。

50代理学療法士が転職する際の注意点

50代で転職する場合、必ずしも得策とは言えないわけです。

これまでに勤めてきた実績などを考えると、転職が失敗に終わる可能性もあるのです。

50代で転職する理学療法士は、何に注意すれば良いのか見ていきましょう。

給料が下がる可能性がある

どの職場もそうですが、基本的には勤続年数に応じて昇給がアップしていきます。

つまり、長く勤めているほうが給料は高くなるということですよね。

ですので、50代で転職した場合、前職にかなりの実績がない場合には、一時的に給料が下がる可能性もあることを考えておかなければいけません。

ただし、役職や管理職を募集している求人もありますので、その場合では前職よりも給料アップを狙える可能性は十分にあります。

役職・管理職になると給料は上がるのか?▼

理学療法士が役職・管理職になると給料は上がる?出世する方法は?

理学療法士の給料を上げる方法の一つに、役職、管理職に就くといるのがあります。   僕自身は理学療法士9年目であり、正直役職・管理職に就いたことはありません。 僕は4つの職場を経験しており、当 ...

続きを見る

今までの積み重ねがリセットされることもある

50代でこれまでに長く勤めていた人では、すでに役職または管理職についている人もいるでしょう。

また、勤続年数20年クラスになると、退職金も十分額貰える可能性も高いです。

何が言いたいかと言いますと、転職することで、給料が大幅に下がることや退職金が満額貰えなくなるリスクもあるということです。

ですので、50代で転職するなら、お金の心配は払拭してから行動したほうが賢明かもしれません。

転職活動が長期化するかも

まだまだ理学療法士の求人はたくさんある現状では、50代でも募集の対象になり得るのです。

ただし、50代で20代とは同じ働き方(例えば、患者を診るだけ)では、高給取りな上に扱いにくいとなると、採用されにくい場合もあります。

つまり、転職活動が長期化する恐れもあることを念頭において行動するのが望ましいでしょう。

50代理学療法士が転職に成功するコツ

50代理学療法士が転職に成功するコツについて解説していきます。

どのくらいの給料なら良いのか?

50代になると、それなりに蓄えもある人もいるでしょう。

多少給料が下がっても良いから、自分のやりたいことをしたい。そう思い転職する人もいるでしょう。

また、逆に管理職をやってみたい、給料を上げることで転職をする人もいるでしょう。

 

理学療法士の平均年収は404万円(厚生労働省の平成29年度賃金構造基本統計調査より)ですので、はっきり言って給料の高い業界ではありません。

それでも、職場によっては給料はピンキリです。

僕も転職を3回してきましたが、年収の違いはかなり感じました。

 

すぐに給料を上げようと思うなら、給料の高い職場へ転職するのが賢明です。

例えば、インセンティブ制を敷いている訪問看護ステーションや管理職を募集している職場では、すぐに年収500万円くらいは狙える可能性があります。

給料はどのくらいあれば良いのかを決めておくことで、後になってお金に関して後悔することもなくなるでしょう。

給料の高い職場を選ぶ方法▼

理学療法士が"給料の高い職場"で働くには?具体的な方法を解説

理学療法士のかずぼーです。   理学療法士も働く上で、給料のことは結構気になりますよね? このまま理学療法士として普通に働いていて、給料って増えるの?ってこともしかり。   家庭を ...

続きを見る

自分に合った働き方を決めよう

50代で転職して、やりたくない仕事をするのはかなりのストレスですよね。

自分に合った働き方を決めておくことで、その後の生活におけるストレスを減らすことができます。

例えば、「残業も多くなく定時で帰りたい」と考える人は、残業の少ない職場を選べば良いのです。

「訪問リハビリをやってみたい」という人は、今からでも挑戦してみても良いでしょう。

求人は探せばいくらでもありますので、自分に合った働き方ができる職場を探しましょう。

周りを説得できなければ転職しない方が良い

50代で家族がいる人では、転職は必ず周りに相談してから行動した方が良いです。

転職したことで給料が下がれば、

  • 子供が成人を迎えていない家庭では「教育費やどうなるの?」
  • 家を購入している人では「ローンは払えるの?」

などの心配が付いて回ります。

 

20代のようにやりたいことだけで仕事を選べわけではないはずです。

もし、周りを説得できない場合には、冷静になって転職を踏みとどまるほうが賢明かもしれません。

お金が今以上に必要であるなら、給料の高い職場への転職を検討するか、副業をする方法もあるので、色んな可能性を考えておきましょう。

人生100時代を生きる理学療法士におすすめの副業は?

2017年11月20日。厚生労働省が副業を認める内容の改正案を提示しました。 というもの、国の財政はひっ迫しており、医療保険・介護保険費は年々増加傾向にあります。 ご存知の通り、日本は高齢化少子化が進 ...

続きを見る

50代理学療法士に強い転職サイトを利用しよう!

50代は、20代や30代よりも転職しづらいでしょう。

理由は、全く同じ知識やスキルなら若い人を採用したいと考えられているからです。

また、理学療法士は1単位いくらの診療報酬ですので、同じように患者診療をするなら給料を安く抑えられる若者のほうがコスパは良いのです。

 

なので、50代でも転職に成功できる転職サイトを活用することをおすすめします。

50代なりの経験を買われれば給料も上がる可能性はあります。

例えば、組織のマネージメントができる、管理職に就くなど見据えていれば年収500万円以上は狙えるでしょう。

PTOT人材バンクでは役職者の応募もありますので、登録して求人を紹介してもらうと良いでしょう。

 

また、中でもマイナビコメディカルも個人的はおすすめです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

これらの地域にお住いの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルは利用者数NO.1です。たくさんの求人情報がもらえます。

 

以下のエピソードは50代ではありませんが、40代でも転職に成功した人もいます。

僕が以前勤めていた病院の理学療法士で転職した人がいました。

40代 9年目の理学療法士 既婚 子供なし

回復期リハビリテーション病院から、介護老人保健施設併設のデイケア起ち上げのために転職。

特に給料に不満があったわけではなく、回復期の仕事が体力を必要とすることや業務量が多いことなどを理由に転職を決意しました。

求人を探していたところ、たまたま知り合いの介護老人保健施設のデイケア起ち上げで人員募集がかかっていたため、そちらに転職しました。

このように、知り合いの紹介で転職できるケースもあります。

この方は、理学療法士として特別実績のある方ではありませんでした。それでも、採用されるくらいなので、理学療法士の需要はまだまだあるということです。

 

実際には、理学療法士の求人はまだまだあります。

僕の知っていクリニックでも、募集をかけていてもなかなか応募がないようです。

条件を見ても申し分はないので、良い条件の求人はあるのになぁと思っています。

特にオープニングスタッフでは、早く募集したいので「50歳でもまぁええか」といった感じで雇ってもらえることもあります。

働き方=生き方の時代では、どんな仕事をするかは超大事

人生100年時代と言われており、定年も70歳になる可能性も十分に考えられます。

となると、50歳で転職してもあと20年は働くことになります。

そう考えると、嫌々20年働くのと、好きな仕事で20年過ごすのとでは、これからの人生の質は大きく変わるでしょう。

50代ではちょうど子供も成人を迎える人も多く、老後のお金もそれなりに蓄えてきた人にとっては、どんな働き方をするのかがこれからの人生の質を決めると言っても良いかもしれませんね。

 

良い条件の求人はすぐに枠が埋まってしまいます。ですので、早めの行動をとるようにしましょう。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-働き方
-, ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.