就職・転職のコツ

理学療法士の退職金の相場を知ろう!勤続4年で退職した僕はどのくらい退職金を貰ったの?

投稿日:2018年9月24日 更新日:

理学療法士で退職すると、どれくらいの退職金が貰えるのか気になりますよね。

退職金は法的義務ではないので支払われない場合もあります。

厚生労働省平成25年『就労条件総合調査結果の概要』によると、従業員数1,000人以上の企業で93.6%、30人から99人の企業は72.0%の割合で退職金制度を導入しています。

一般的には、従業員の多い大規模な病院や施設のほとんど職場で、退職金制度があります。

 

では、実際のところ理学療法士の退職金はいくらくらい貰えるのでしょうか?

この記事では、理学療法士の退職金の相場と、勤続4年で退職した僕がどのくらいの退職金を貰ったのかをお伝えします。

退職金はどのくらい貰えるの?一般企業を参考に

一般企業を参考にどのくらい退職金が貰えるのか見てみましょう。

勤続20年以上かつ45歳以上の場合

高校卒(現業職) 高校卒(管理・事務・技術職) 大学卒(管理・事務・技術職)
定年退職 1,128 1,673 1,941
会社都合退職 1,004 1,573 1,807
自己都合退職 784 1,159 1,586
早期優遇退職 141,8 1,945 1,966

引用)平成25年に厚労省から発表された『就労条件総合調査結果の概要』

 

理学療法士の場合は、勤続年数を重ねる前に退職する人が多いと思いますので、以下を参考にしてもらうと良いです。

東京都産業労働局が2016年に発表した「モデル退職金」によると・・・大学卒では勤続1年で8万7,000円、3年で23万6,000円、5年で44万円、10年で114万8,000円、15年で225万1,000とのことです。

勤続4年で退職した理学療法士の僕はどのくらい退職金を貰えたのか?

退職金の目安としては、

1ヶ月分の基本給×勤続年数×給付率=退職金

で計算します。

給与率は、自己都合の場合は60%、会社都合の場合は70%といわれています。

 

僕が4年勤めた職場は、民間の回復期リハビリテーション病院です。

僕は基本給22万くらいの職場を4年勤めましたので、この計算式に当てはめると、

22,000×4×0.6=528,000 となります。

これは、あくまでも計算上ですので参考程度にしてください。

実際、僕の場合は勤続4年で35万円くらいの退職金が貰えました。4年勤めれば、ボーナス一回分の退職金が貰えます。

国公立の病院は退職金が高い

ほとんどの職場で、勤続年数3年以上で退職金が出るとされています。

国公立の病院では民間の病院に比べて、退職金は高く設定されています。長年勤めれば2,000万円くらい貰えるかもしれません。

生涯年収を上げるなら公務員ですね。そろそろ腰を据える気持ちがある人は、早めに転職しておいた方が良いですね。

 

ちなみに、毎月の給料が高くても退職金が出ない場合もあります。その場合は、ボーナスや月々の給料に上乗せして支給しているので注意深く情報収集をしておきましょう。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは全国対象ではありませんので注意してください。

【対象地域】

東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫

案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-就職・転職のコツ
-, ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.