PT・OT・STで転職を考えている人へ▼

理学療法士がおすすめする転職サイト5選【厳選】

PT・OT・STの働き方

理学療法士が退職時に上司に言われるクソ発言4選【結論:気にする必要なし】

投稿日:

理学療法士のかずぼーです。

 

このブログでは僕の経験を踏まえて、転職や就職の知識を情報発信しています。

僕は理学療法士歴10年の間に転職を3回していますが、今までに転職したことを後悔はしていません。

転職することで色んな職場で経験を積めますし、人間関係の見効きも養われます。

職場を選べば給料が増える可能性もあります(僕は実際に月給8万円くらいアップしました)。

 

ただ退職する旨を上司に伝えると、止められてしまうこともあるでしょう。

僕も退職する際に上司に退職することを伝えると案の定止められましたが、それらはすべて無視して転職活動を進めていました。結果的にはそれが良かったのだと今では思います。

ここでは理学療法士が退職する際に上司に言われるクソ発言ということで4つほどご紹介したいと思います。

上司からこれらの言われても臆することないように、転職活動を進めてみてください。

クソ発言①「転職理由を明確にしないと失敗する」

退職する旨を上司に伝えると、「退職理由は何?」とよく聞かれます。

たしかにこれを聞かれる意味はわかります。もっとストレートに表現すると「うちの職場のどこが気に入らないの?」ということですよね。

退職志願者からそれを聞き出すことで、職場環境の改善に繋げたいのはわかります。

 

ただ、「転職する理由を明確にしないと失敗する」というのは、止めるための常套句でしかありません。

別に「今の職場が合わなくなったから」「ここでは満足きないから」で良いと思います。辞めるのは自由ですからね。

転職理由を明確にしたほうが良いのは辞めた後、つまり面接の時に聞こえが良いからです。

「なぜうちの職場を選んだのですか?」と聞かれたときに答えられるようにしておけば良いのです。

退職前から「これを求めて転職する!」と決めてしまうと、それを基準に職場選びを始めてしまうので、むしろそのほうが転職に失敗してしまいます。

「自分は訪問リハビリがやりたいから退職するのだ!」と決めてしまうと、訪問リハビリしか探さなくなり視野狭窄に陥ってしまします。

理学療法士である僕の転職失敗談▼

【転職失敗談】理学療法士の僕が転職して2ヶ月で辞めてしまった4つの原因

理学療法士の僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。   その中でも、最短で辞めてしまった期間が2ヶ月。これは僕が唯一転職に失敗したときの話です。   僕の場合、次 ...

続きを見る

クソ発言②「スキルがないと転職しても通用しない」

僕は経験年数だけ重ねた典型的なダメな理学療法士です。それでも転職3回経験した中で就職難だったことは一度もありません。

本気を出せば2週間で理想の職場を探すことも用意でした。

たしかにレベルの高い現場で働こうと思えば、それ相応のスキルが必要です。

でもただ「今の職場を変えたい」「もう少し条件の良い職場に移りたい」くらいの程度であれば、スキルがなくても転職できます。

 

転職の際に必要なのは実績だとよく言われますが、正直ほとんど関係ありません。

「私は○○の実績があるので貢献できると思います!」と言われても、そんな大層なスキルを求めている職場ってどのくらいあるのでしょうか?

ほとんどの場合、「人員が足りないから」程度の募集条件じゃないでしょうか?

なので、転職する際に必要なのはスピードだけです。募集が始まれば速やかに応募するスピード感。

クソ発言③「3年は頑張った方が良い」

「石の上にも3年」とは古くから言われている言葉です。

たしかに、あるスキルを身に着ける際にはおおよそ3年はかかるでしょう。僕も理学療法士としてある程度自信をもって仕事ができるようになったのが3年目の年からでした。

でも今では「転職したいなら別に3年も待たなくて良くない?」そう思っています。

  • 嫌々働いていたり、「ちょっとここは違うかも...」と感じながら3年働いている人
  • 「仕事が楽しい」「学べることが多い」「プライべーども充実している」と感じてる人

とでは、どっちが積極的に学ぶ姿勢が取れるでしょうか?どちらが幸せでしょうか?

僕は断然後者だと思います。

 

「新人だからまずは病院で」や「新人が最初から訪問リハビリは不向き」など言われることもあるでしょう。

ただ、やりたいことを最初からやったほうが理学療法士としても成長できますし、やりがいも感じるでしょう。何より人生幸せだと思います。

3年なんて待つ必要はありません。今すぐやりたいことを始めましょう。

理学療法士の3年は長い▼

理学療法士の最初の3年間は下積み?やりたいことは今すぐ始めたほうが良い理由

「最初の3年は下積みだ」 業界でも同じように言われることがあるでしょう。   理学療法士の業界でも、「最初は病院勤務のほうが勉強になる」「3年は自己研鑽に使ったほうが良い」なんてよく言われま ...

続きを見る

クソ発言④「転職が多いと採用に響く」

「これで転職何回目?」「これだけ転職していると再就職は難しくなるよ。」など。

はっきり言って、再就職に全く影響がありません。

少なくとも、僕の場合は転職回数が採用に響いたことは一度もありませんでした。

たしかに、面接の際に退職理由を一つずつ質問されます。なので、答えられるように正当な退職理由を用意しておけば大丈夫です。

 

特に急募の場合には、すぐにでも採用したいと考えているくらいなのです。

せっかく応募しきてくれた人を、ただ「転職回数が多いから」という理由で弾いてしまうほどの余裕がない職場も多いです。

転職回数が多いと再就職に響くのか?▼

【転職3回経験】理学療法士の転職回数は再就職に影響するの?

理学療法士働く場所はたくさんあるので、この業界は転職経験者が多くいます。   かずぼー転職を2回、3回と繰り返していると、さすがに再就職に響くんじゃない? と心配になる人もいるでしょう。 & ...

続きを見る

結論:転職を反対してくる人の意見は気にしない方が良い

転職したことがない人は、「転職をしない方が良い」と言うでしょう。

なぜなら、転職したことがない自分を...自分がやってきたことを正当化したいからです。

たしかに、年功序列式に出世して給料が増えていくこともあるでしょう。その分責任感が重くのしかかって、辞めるに辞められない状況になったり、辞めてしまうと地位を失うことも大いにあり得ます。

だけど、まだ何者でもない状況の人が、嫌々働くのであればすぐに自分の理想とする働き方ができる職場へ移ったほうが良いと思います。

理学療法士が転職するなら、反対意見は聞くべきではない理由▼

理学療法士が転職するなら、反対意見は聞くべきではない理由

9年のキャリアの中で、転職を3回経験しているかずぼーです。   理学療法士として働いていると、今の職場に不満があり転職しようかと悩むときがあると思います。 「給料を上げたい」 「人間関係の良 ...

続きを見る

 

転職したことがある人に相談すると、転職したほうが良いというのは当たり前です。僕もその一人です。

なぜなら、転職したことで自分の知見が広がったり、給料が上がり生活がちょっとでも豊かになる経験をしているからです。

僕は転職したことで、給料も上がりましたし、時間も増えました。人間関係で悩むこともなくなりましたし、ストレスがほぼないです。

「明日仕事嫌だなぁ」とか「あの仕事プレッシャー感じるなぁ」と悩まなくなりました。責任ある仕事をしたい人は別でしょうが...

 

転職したいときに早く行動しておかないと、結局ズルズル居続けることになって辞めづらくなります。

上司にいろんなことを言われて、「やっぱり転職はまだ早いのかな」と言いつつ何年も経過している人が僕の周りには何人かいます。

「あと1年頑張ろうかな」と考えても、よく考えるとその1年って無駄ですよね。

習得するスキルがあったりするなら別ですが、それなら転職して月給5万でも増やした方が得じゃないでしょうか。

むしろすぐに転職して、再就職先の将来も居続けるであろう職場ですぐに経験を積んだ方が良いのないでしょうか?

 

僕が実際に使った中でもマイナビコメディカルが親切・丁寧でおすすめです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

これらの地域にお住いの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルが間違いなくおすすめです。たくさんの求人情報がもらえます。

該当地域でない人は、メドフィットもおすすめのサイトです。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-PT・OT・STの働き方
-, , , , , ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.