働き方

【ホワイト企業】理学療法士が"働きやすい理想の職場"に転職した1日のルーティンを教える

投稿日:2018年12月8日 更新日:

転職経験者のかずぼーです。

僕は3回転職を経験して、今は整形外科クリニックで常勤として働いています。

正直、今が一番働きやすくて快適です。

まさにホワイトな会社なので、「こんな職場もあるんだぁ」と思ってもらえると幸いです。

ここでは、僕の1日のルーティンをお伝えします。

僕の1日はこんな感じです

【1日のルーティン】

  • 8時に起きる。
  • 8時半に家を出る。
  • 9〜12時まで仕事。
  • 12時20分〜14時まで家で休憩(うち30分昼寝)
  • 14〜17時まで仕事。
  • 17〜18時風呂入る、夕食。
  • 18〜25時まで適当に過ごす。

 

かずぼー
ざっとこんな感じです。

 

朝8時起床

目覚ましは6時から10分刻みでかけてます。

小刻みに何度も起きて、だんだん目を覚ましていくスタイル。

いきなり起きると、目覚めに際して分泌されるコルチゾール(ストレスホルモン)が爆発するので、超絶寝起きが悪くなります。笑

 

かずぼー
僕は朝に弱い・・・

 

家を出るのが8時30分

僕の職場は、家から自転車で3分(徒歩8分)で着いてしまうほど近いので、8時に起きても余裕で間に合います。

通勤で消耗してない!?家から劇近の職場に転職して変わったこと【理学療法士の働き方】

理学療法士のかずぼーです。   9年のキャリアの中で、転職を3回し、現在4つ目の職場を経験しています。   「あなたは通勤時間で消耗してない?」って話なのですが、日本は通勤時間の長 ...

続きを見る

 

8時~8時30分まで朝ご飯を食べたり、髭を剃ったり、着替えたりしています。

いつも家を出るのが、8時30分です。

寝坊しそうでも余裕で間に合う

以前に勤めていた職場では、家を7時30分に出ないといけないのに、起きたら8時くらいだったことがありました。

ここから急いでギリギリ間に合いましたが、相当焦りますよね。そのときは、冷や汗でいっきに目が覚めましたが。

 

実は、今の職場でも寝坊したことがあるのです。笑

起きたのが、なんと8時30分。

「やばいっ!」と焦って起床から5分で家を出ましたが、職場に到着したのは8時40分。8時50分の朝礼に間に合えば良いので、割と余裕で間に合いました。

 

かずぼー
家から職場が近いと助かる。

 

9~12時まで患者診療

整形外科クリニックは、外来のリハビリなので基本的には1単位20分の患者診療になります。

午前中だけでも、多くて9人診ることになりますね。

【転職体験談】理学療法士が「整形外科クリニック」で働く10のメリット

理学療法士が活躍できる場って、沢山ありますよね。 僕が若手の頃は、給料や休日日数のことは二の次で、「勉強できるところ」を優先して病院で働くことを決めました。   そんな僕も9年目になり、これ ...

続きを見る

 

外来リハビリの大変なところは、何と言っても担当患者数が多いところです。

回復期の病院に勤めていた頃は、担当患者は3~5人くらいだったので、患者のバックグラウンドを含めて丸暗記できていたんですよね。

ところが、外来リハビリの場合は患者から何回も情報収集しないと覚えられないこともあります。しかも、週に1~2回のリハビリですのでね。

外来リハビリの経験がないと、患者情報を整理することや効率良く治療していくことに大変さを覚えますが、慣れれば大丈夫です!

理学療法士が整形外科クリニックに転職して2ヶ月。クリニックで働くための大事な考え方

理学療法士の9年目のかずぼーです。   僕は転職を3回軽減しているのですが、8年回復期リハビリテーション病院に勤め、その後に訪問リハを経験、現在は整形外科クリニックに転職して2ヶ月とちょっと ...

続きを見る

12時~14時昼休憩

外来リハビリの場合、昼休憩が長い職場が多いとも思います。午前診が長引くことが多いので、昼は時間的に余裕を持たせているクリニックが多いです。

僕が勤める職場の運動器リハビは予約制(診察は飛び込みもありますが)ですので、リハビリ科は12時に午前診が終わります。

いつも12時を少し過ぎたくらいには休憩に入りますね。

 

午後診が14時からです。

なので、

かずぼー
僕は一旦家に帰ります。(自転車で3分ですので)

 

12時20分くらいに家に着き、晩御飯の残りかコンビニの弁当をパッと食べて、だいたい12時30~40分くらいになりますかね。

 

かずぼー
2週間に1回くらいは、職場からお弁当が支給されます。地味に嬉しいです。

 

その後は、14時まで暇です。

10分くらいは家の掃除か洗濯物を干すか、食器を洗うかに時間を費やしますね。

 

そして、昼寝をします。笑

 

かずぼー
30分くらい寝てます。

 

昼寝すると、午後から眠たくならないので絶対に寝ます!

 

こんな感じで昼休憩をだらだら過ごして、13時40分くらいになると、職場に戻ります。

14~17時まで患者診療

家から戻れば午後診の患者情報を確認し、午後の仕事がスタート。

やることは午前診と同じですね。そして、17時には午後診が終わります。

 

外来リハビリは、昼休憩が長い代わりに午後診は18~20時くらいまでやっていることが多いのです。

仕事終わりの患者も受け入れようと思うと、そのくらいまで診療しているのが普通です。

僕の職場は昼休憩が長い割に17時ピタで終わるので、ホワイトにも程がありますね。係や委員会もないので、残業をしたことがありません。

基本は、カルテを書いてサッと帰ります。

 

毎日、午前3時間、午後3時間しか働いていません。感覚的にはバイトのような気持ちです。(もちろん真面目に患者診療にあたります)

17~18時風呂に入る、夕食

家に帰ってくるのが、17時20~30分くらいです。

僕は先に風呂に入るタイプ(聞いてない?)ですので、入力後に夕食を済ませます。

だいたい18時になると、寝るまではずっと暇になります。笑

18~25時まで適当に過ごす

ゴールデンタイムの時間です。

僕は、テレビを全く見ないので(一応置いてますが)、フィットネスクラブで筋トレorプールで泳ぎに行くか、ブログを書くか、本を読むか、、、まぁ何かはやってます。笑

 

布団に入るのが0時くらいですね。

何だかんだ布団の中でスマホをいじって、Twitterに下らないツイートを2つくらい投稿して、1時くらいには意識を失う準備を始めます。

 

かずぼー
こんな感じで、だいたい毎日が過ぎていきます。

 

僕は働きやすい職場をずっと探していた

僕の働き方を紹介しましたが、あなたの職場はどうでしょう?

 

残業が多すぎて「やりたいことをする時間がない」なんてことはないですか?

家族と過ごす時間は確保できていますか?

 

僕が今の職場を見つけたのは、働きやすい職場をずっと探していたからです。

働きやすい環境を探し求めた結果!好条件で家から徒歩8分の職場に転職しました【理学療法士の転職】

僕のこの半年間の動きと現状を踏まえてお伝えします。   昨年末に8年間勤めた回復期リハビリテーション病院(2つの病院)を退職。   そこから半年ほど自分の働き方を模索していました。 ...

続きを見る

 

冒頭でも書いてあるように、僕は転職を3回しています。

1番最初に勤めた病院は給料が高くて良かったのですが残業が多すぎて時間がなく、その次に転職した先では時間があるけれど段々とやりがいを失くし、また転職

僕は、そのときの状況に応じて環境を変えてきました。

もちろん転職ばかりではイメージが良くないかもでしょうが、環境を変えることで多くの学びもありましたし、職場を変えたことで今の働き方が自分に合っていることにも気づけました。

 

今の職場は、週6出勤(週2日は午前のみ仕事)なので、ほぼ毎日出勤しています。

ですが、全く疲れません。

それは、

  • 家が近いこと
  • 外来リハビリは、病院に比べてほとんど動かないこと
  • 人間関係が良いこと
  • 係や委員会がないこと
  • 17時に終わること、残業はないこと

などから、疲れがたまらないのです。非常に楽ですよ。

楽だと「仕事してないのか」とお叱りを受けそうですが、ちゃんと仕事はしてますよ。

疲れがないので、帰って勉強する余裕もあります。ブログもガシガシ書いてます。

 

家族がいる人ですと、給料の高い職場に転職するのも良いと思いますが、毎日に疲弊してしまうのも本末転倒です。それなら、やりたいことができる環境に移ったり、家族と過ごす時間を多く作るようにしたほうが良いですね。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-働き方
-, ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.