【厳選】おすすめの転職サイト5選▼

【厳選】おすすめの転職サイト5選▼

就職・転職のコツ

30代の新人理学・作業療法士は、20代新卒よりも就職するのが難しい

投稿日:

理学療法士9年目のかずぼーです。

僕が理学療法士になったのは22歳の新卒でしたが、30代でも理学療法士になろうと志す方が多いようです。

 

理学療法士は国家資格ですし、これから高齢者が増えることを考えると手に職を付けようと考えるのは得策だと思います。

一般企業のサラリーマンでは新卒で勤めた会社を辞めれば、次の就職先を探すのに苦労するでしょう。その点、理学療法士は就職しやすい業界と言えます。

とは言え、新人理学・作業療法士なら、20代と30代を比べたときに、就職に有利なのは圧倒的に20代です。その理由ついて触れてみようと思います。

少し残酷かもしれませんが、同じ理学療法士の資格も持っていて同じスキルを持っているなら20代を雇いたいと思うのが普通なのです。

理学療法士なら誰が診ても同じ額

理学療法士の報酬単価は、1単位あたりの報酬で計算されます。

例えば、疾患別リハビリテーションの算定では、運動器疾患で1単位(20分)診た場合185点(1850円)ということになります。

理学療法士(または作業療法士)なら、誰が診ても同じ額の報酬です。つまり、20代でも30代でも、ベテランでも時間当たりの報酬は同じなのです。

そして、僕たち理学療法士は診療報酬の中からお給料を貰うわけです。

 

年齢給を導入している会社では、同じスキルを持った新人でも20代と30代を比べると30代のほうが給料が高いわけです。

20代新卒で家庭をもっている人は稀ですが、30代にもなると家庭を持っている方がほとんど。扶養手当が益々30代のほうが会社への負担が増えるのです。

年上に気を使う問題

理学療法士は、平均して30歳前後と比較的若い業界です。

僕が現在30歳で9年目で、高卒後4年間専門学校にいけば、もう中堅からベテランくらいの経験年数になっているわけです。

僕でも35歳くらいの新人を教育するとときに、敬語を使うべきかどうかを悩みます。

20代だったら気を遣わずに普通にため口になりますがね。(別に偉そうにしたいわけではありません)

 

新人教育では、コミュニケーションが重要になります。

30代の方ほうがプライドが高く、あれこれ指摘していると気を悪くされることもあります。何なら反論されることだってあります。

それなりに経験を積んだ教育者だったら問題はないでしょうが、教育する側も若手になりがちの業界ですので、それなら20代新卒を相手にしているほうがやりやすいと感じるわけです。

若い人に伸びしろを感じてしまう

30代だと他の企業に勤めていた人がほとんどですので、社会常識的には30代が勝るでしょう。

ですが、「挨拶をする」「報連相を守る」「先輩の言うことを聞く」「先輩と適度にコミュニケーションを取る」くらいのことなら、よっぽどのコミュ障でなければ半年もすればすぐに習得します。

社会人としての常識は、20代でも半年くらいすればすぐに習得できます。

 

新人ですと遅くまで技術練習をするなどで、スキルを磨くために頑張る時期も必要なのです。

30代は家庭を持っている人が多く、無駄に頑張ることはみられなくなります。一見すると、率なく仕事をこなしはしますが、積極性に欠けるとも捉えられる可能性もあります。

逆に20代はミスが多くまだ粗削りではありますが、実家暮らしや家庭を持っていない人では、時間もお金も余裕があるため積極的に自己研鑽に励む人が多いです。そういった意味では、30代よりも20代のほうが伸びしろを感じるわけです。

30代はアピールポイントを持っておこう

理学療法士は、20代新卒ならまだまだ採用されやすい業界です。一方、30代は20代に比べると不利な面が多いのです。

「30代だから一般常識があって当たり前」「人柄が良いに決まってる」など、20代よりもハードルは高くなります。

 

30代の人が就職活動をするなら、20代新卒よりもアピールできるポイントを用意しておくことが大切です。

例えば、「パソコンが得意」「Excelが得意」など、他にプラスアルファがあると採用の際、有利に働きます。

このように面接では、見せ方が非常に重要なのです。

学生・新卒、第二新卒でも利用できる転職サイトを活用しよう

「自分には何もない」心配する人は、不利にならないためにも就職アドバイザーに相談しておくことをおすすめします。

PTOT人材バンクスマイルSUPPORT介護は、新卒学生の就職サポートをしてくれるサイトです。求人の案内から履歴書・面接対策まで就職までの導線が確保されています。

(※他の転職サイトは、資格保有者のみ対応)

登録から就職を決めるまで一切費用はかかりません。無料ですので、使わない手はないです。

2つの転職サイトの違いについて

PTOT人材バンクは、求人数が多く、病院から介護保険領域など幅広く探したい人におすすめです。

スマイルSUPPORT介護は、介護保険領域の求人を多く扱っている転職サイトです。訪問リハビリ、デイケア、介護保険施設などへの就職を考えている人におすすめのサイトです。

もちろんどちらも登録して、より多くの情報を入手しておくのが一番です。

まとめ

転職サイトを利用すれば自分の強みを見つけやすくなります。

どの部分ならアピールできるのかを客観的に教えもらい、面接のときに活かせば良いのです。

30代でも理学療法士になることは可能ですが、20代新卒よりは不利になりやすいことを踏まえて就活をしていきましょう。

 

転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは全国対象ではありませんので注意してください。

【対象地域】

東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫

案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-就職・転職のコツ
-, ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.