仕事の悩み

理学療法士が仕事に"やりがい"をなくしたときにする8つの解決策

投稿日:2018年8月12日 更新日:

理学療法士として働いていると、「最近、張り合いがなくやる気がでないなぁ」と感じることはありまりませんか?

 

病院で働いていても、毎日同じ患者さんと同じようなリハビリをする。患者診療が終われば、書類業務をして本日も終了、みたいな。

 

毎日同じことの繰り返しで、ウンザリ、やりがいを感じられなくなることってありますよね?

この先も同じようなことを何十年も続けると思うと、余計にやる気がなくなってしまいます。

 

ここでは、やりがいがなくなった人でも、もう一度やる気が上がる方法ご紹介しています。

解決策①.勉強してみる

分からないことが多いと、「自分はできない」と思い込んでしまい、余計にやる気をなくしてしまいます。

そんなときは、新しい知識を得るために勉強してみることをおすすめします。

 

理学療法士が「自分は向いてないかも」と思うときは、知識と経験が足りていないからです。

「自分は理学療法士に向いてない」と不安になる人へ!大丈夫!知識と経験が足りないだけですから

ここでは、理学療法士や作業療法士になりたての、新人や2年目くらいに多い悩みに触れようと思います。   「自分は理学療法士(作業療法士)に向いてないんじゃないか?」   理学療法士や ...

続きを見る

 

勉強会に参加してみるのも良いですし、参考書を買ってみるのも良いでしょう。

勉強してみると、自分の頭で考えていたのとは違い、新しい発見があるはずです。

 

今まで分からなかったことがわかるようになれば、またやる気が出てくるものです。

 

また、日々勉強している人のほうが仕事を楽しんでいます。

 

自分が提供したリハビリで、患者さんに変化があれば飽きることはありません。患者さんも喜んでくれるし、これほどやりがを感じる仕事はないとすら感じるでしょう。

解決策②.やりたいことをとにかくやってみる

仕事をしていると、上司からの指示で「これをやってみないか」と言われることが多いです。

ですが、最初にちょっとでも「やりたくないなぁ」と感じたことは、後々になって「さらにやりたくない」と感じてくるものです。

 

それなら、最初から自分主体で、「これをやってみたい」と勇気を出して行動してみることです。

 

自分主体であれば、なんでも良いと思います。

  • セミナーを開催してみたい
  • 研究をしてみたい
  • プロジェクトを成功させたい

なんでも良いです。

あなたが主体的に行動できる事を見つけましょう。

 

最初は分からないこともあったり、めんどくさいなぁと感じることもあるでしょうが、周りに公言していれば、周りも手伝ってくれます。

何よりあなたへの評価も上がり、信頼を勝ち取ることもできます。

解決策③.目標を立てる

仕事にやりがいを感じられなくなるのは、面白くないといよりも「何のためにこの仕事をしているのか」という疑問を持ったときです。

例えば、患者さんが確実に良くなると確信が持てたリハビリなら大いにやる価値を感じるでしょうし、これをすれば給料がアップするという確信が持てれば、やる気になるでしょう。

逆に、一向に良くなる見込みのないリハビリや、何にも繋がらない仕事では全然やる意味を感じないのは当然です。

つまり、目標を持って、物事に取り組むことがやる気をアップさせる秘訣なのです。

 

前述した「やりたいこと」の中から、目標を立ててみましょう。

目標は小さなことでも結構です。

例えば「脳卒中の装具の知識を得る」などでも良いでしょう。

 

もし、転職するようなことがあっても「何かを成し遂げたことがある」というのは、小さなことでもあなたの強みになるのです。

解決策④.資格を取る

認定理学療法士や呼吸療法認定士、糖尿病療養指導士などの資格取得を目指してみるのも良いでしょう。

 

勉強することでモチベーションが上がりますし、新しい知識が身につけばできる仕事も増えます。

これらは直接的に給料が増えるわけではありませんが、もし転職をする際には有利です。また、セミナーを開くことがあれば「理学療法士です」というだけでなく、他にも資格があればアピールポイントになります。

資格を取ることは、理学療法士としてのキャリアアップにも繋がります。

解決策⑤.副業をしてみる

副業といっても色々あるのですが、例えば僕がしているブログも副業の一つです。

副業は、本業以外の収益を得られるのが最大のメリットなのですが、それ以外のメリットもあることを知っておいてください。

 

僕はこのブログ以外でリハビリの知識を発信したブログをしていますが、そちらでは自分の知識をまとめるために活用しています。

また、アクセスが集まってくれば、ブログ経由でお問い合わせが来たり、セミナー参加依頼が来ることもありました。

そして、ブログを見てくださった方の中には、同じように副業に興味がある方々が集まり、仲間ができたのも大きなメリットです。

 

このように副業をすることで、本業で培った知識が副業に活き、また副業で得たものが本業に活きる相互関係が成り立つようなってくるのです。

副業を認めている会社ばかりではありませんが、自分の殻を破る意味では副業はおすすめです。

副業に興味ある方はこちら▼

人生100時代を生きる理学療法士におすすめの副業は?

2017年11月20日。厚生労働省が副業を認める内容の改正案を提示しました。 というもの、国の財政はひっ迫しており、医療保険・介護保険費は年々増加傾向にあります。 ご存知の通り、日本は高齢化少子化が進 ...

続きを見る

解決策⑥.趣味を見つける

ここまでは、仕事でやる気を出すための方法を書いてきましたが、仕事以外に興味のあることを見つけるというのもありです。

 

つまり、趣味を持つのです。

 

例えば、ジムに通って運動するというのも良いでしょう。

身体と心は密接に関係しており、身体が健康になれば、気持ちも前向きになります。

 

休みの日に温泉に出かけて身体を休めるのも良いでしょう。

僕は疲れたときは、決まって近くの温泉に出かけています。そうすると、心身ともに疲れが吹っ飛び、また仕事を頑張ろうという気持ちになってきます。

 

また、オフ会や異業種交流会に参加するのも良いですし、異性との出会いを求めて飲み会に参加するのも良いでしょう。

プライベートが充実しているほうが、仕事にも身が入るものです。

解決策⑦.「目標を見つける準備期間」だと思おう

新人時代は、「あの先輩のようになりたい」「患者さんを良くするんだ」と熱くなり、勉強に励んでいた人もいるでしょう。

それが、だんだん理想に近づいてきたために、目標を見失っている状態と言えます。

 

ここで大切なことは、やりがいがないと嘆く自分を責めないことです。

 

むしろ、日々淡々とリハビリを提供していながら、何も感じず、日々をやり過ごしてしまっている人のほうが問題なのです。

やりがいがないのは、また目標を見つける準備期間だと思ってください。

 

上記にやる気を引き出す秘訣を解説してきましたが、全てあなたに合うわけではありません。どれか一つでも自分に合うと思うものを選んで、実行してみてください。

退屈に思っていた業務も、案外楽しむことができるはずです。

解決策⑧.環境を変える

やりがいがないのは、日々の業務に飽きていることを意味します。

知識やスキルがついてくると、良い意味ではうまく立ち振る舞えるようになってくるのです。

そういう状況が一番危険だと僕は思っています。

 

理学療法士になりたての頃は、何もかもが目新しく一生懸命になって自己研鑽してきたはずです。

僕も新人の頃は、わからないことが多く、先輩や上司に指導されながら理学療法とは何ぞやを叩き込まれていました。

その頃は、「やりがいがある・ない」という気持ちもなく、ただ必死でついていくだけでした。

 

3年目くらいになると、だんだん要領が掴めてきて、患者さんからも信頼されるようになってきたのですが、何か物足りなさを感じ、5年目になる年で転職をしました。

一緒に働く人が変われば社風も違いますし、理学療法士としての考え方もまたいろいろであることに気づきます。

5年目になっても、自分はまだまだだなぁとまた勉強し出したのを覚えています。

 

その後訪問リハビリも経験して、9年目の今は整形外科クリニックで働いています。

どの職場でも最初は、新しく覚えるばかりでついていくのに必死でした。

でも、それが実はやりごたえがあったりもするのです。

 

やりがいを感じないのは、もしかしたら今の職場であまり可能性を感じていないのかもしれません。僕がそうだったからです。

最初はどんな仕事でもやりがいを感じるもの

転職してみて、新しい環境で働くと最初はどこにいても楽しく感じるものです。

患者さんや働くスタッフも変わりますので、自然とまた勉強しますし、それによってスキルが高まってきます。

今の職場で働きながらも「どうしてもやりがいを見出せない」という人は転職も考えても良いかもしれません。

 

このブログでは、転職をサポートしてくれる転職サイトをまとめています。

転職サイトとは、「どの分野で働きたいか」「給料」や「休日」はどれくらいを希望するのかを担当エージェントに伝えると代行して就職先を探してくれるサービスです。

登録やサービスを受けるのに、費用は一切かかりません。就職が決まっても無料なのです。

転職するなら転職サイトを使ったほうが良い理由▼

【体験談】理学療法士(PT)で転職に不安がある人は転職エージェントを活用したほうが良い

理学療法士のかずぼーです。   転職する時は、どのようにして求人を探していますか? ネットで求人を探したり、ハローワークに行ってみたり、知り合いに良い職場を聞いてみたり、色々探す方法はありま ...

続きを見る

 

転職サイトに登録したからといって、必ず転職しないといけないわけでもありません。

「どんな求人があるのか」「今の職場よりも条件の良いところはないのか」をリサーチするだけでも良いでしょう。

働きやすくて良い条件の職場は、すぐに募集が埋まってしまうため、転職を本気で考えている方は早めに行動しましょう。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-仕事の悩み
-, ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.