仕事の悩み

理学療法士を辞めたいと悩むあなたへ!転職経験のある僕が"理学療法士は続けたほうが良い理由"を伝えるよ

投稿日:2018年7月28日 更新日:

僕は理学療法士9年目になるのですが、これまでに3回職場を変わっています。つまり4つの職場を経験してきました。

新人時代は働くことが辛くて、「理学療法士って、給料が安い割にきつい仕事なんじゃない?」と疑問に思ったこともありました。

 

僕は今は整形外科クリニックに勤務していますが、非常に働きやすいと感じています。

もし、今あなたは理学療法士を辞めたいと感じているのなら、僕から言えることは、もう少し考えてみてはどうかということです。

ここでは、4つの職場を経験してきた僕から、理学療法士は続けたほうが良い理由をお伝えします。

自分は理学療法士に向いてないと悩むこともある

 

1年目や2年目の若いセラピストほど「自分は理学療法士に向いてない」と感じる人もいるかもしれません。

 

すると、「自分には向いてない → 理学療法士を辞める」

という構図に陥りがちですが、理学療法士は素人とは違い、専門家だということを忘れてはいけません。

つまり、3年や4年学校で理学療法を習った程度では、まだまだプロとは言えないレベルなのです。1年目や2年目で自信を持って働けるセラピストはほとんどいません。僕もそうでしたから。

もし、1年目やそこらで怖いもの知らずで自信満々なのであれば、むしろ危機感をもったほうがいいくらいだと思うのです。

 

僕も理学療法士1年目の頃は「辞めたい」と何度も思いました。

患者さんとうまくコミュニケーションが取れず、1年目の頃は「あなたのリハビリはしません」と言われて凹んだことも。さらにできの悪かった僕はろくに評価も出来ず、上司から徹底的に指導され、夜遅くまで居残りしていたこともありました。

確かにそのときは「辛いし、理学療法士って何やねん!」と自暴自棄にもなりました。ですが地道に努力を続けていると、3年目くらいから患者さんと接することにも慣れてきたのです。こんな僕でも新人指導をするくらいにはなっていました。

9年目にもなると、どんな患者でも拒否が強かろうとも対応できる自信を持つようになります。1年目の頃とは随分と柔軟に働けるようになりましたね。

 

そうやって「素人 → プロ(っぽく?)」なっていくものです。

 

1年目の理学療法士が辞めたいと思った話▼

1年目理学療法士「辛い、面白くない」と悩んで辞めた僕の同期の話

僕が1年目理学療法士のときに、同期の1人が「辛い、面白くない。」と悩んでいました。 辞めた理由は後で詳しく書いていますが、僕らの1年目といえば、 ・サービス残業 ・キツい指導・教育 ・症例発表(年3回 ...

続きを見る

理学療法士は残業が多いって嘘!

 

特に病院は残業が多い傾向にあります。若手の多くは病院で働きたい人が多いですよね。

病院は医学的情報が多いことや多職種との関わりが多いので、勉強になることから人気は高い分野です。

また、大きな規模の病院などでは研究に力を入れているところも多いでしょう。スキルアップという意味では病院勤務はアリです。ただ帰りが遅くなり疲れることもありますね。

 

僕の病院勤務時代の話なのですが、症例発表が年3回、新人や学生指導、雑務も多く、21時頃まで残業することは普通でした。

ただ3年目以降にもなると仕事に慣れ、要領も掴んでくるので、残業することがほとんどなくなったのです。それでも仕事量は多く、たまに残業することもありましたが。

5年目に職場を変え、2つ目の職場を経験したのですが、その職場では新人さんでも定時に帰っていました。

 

もし、残業が少ない職場に勤めたいのであれば、介護領域の職場(デイケアや介護老人保健施設など)や人数の少ないクリニックなどが良いでしょう。

ちなみに、今僕の勤める整形外科クリニックでは残業をしたことがありません。患者さんを診る以外の業務がほぼないためです。

 

結局のところ、理学療法士は残業が多いというよりも、個人のタイムマネジメント力を高めることや職場を変えるだけでも残業とは無縁になるのです。

 

残業の多さに転職した理学療法士の話▼

病院勤務時代の”残業の多さ”に疲れて転職した理学療法士の話

理学療法士が転職する理由の中で、上位に入ってくるものとして「残業の多さ」が挙げられます。   あなたも仕事をしていて、こんな悩みはありませんか? 「残業が多くて、疲れたとれない・・・」 「帰 ...

続きを見る

理学療法士の給料は安いのか?

 

理学療法士は医者や看護師や薬剤師と比べると医療職の割に給料は低いです。

ただ、一般的な企業と比べてみると、理学療法士の初任給は約23万円、大卒者の初任給は20万ちょっとです。理学療法士ってそこまで給料が悪いわけではないのです。

しかも、給料は職場によるところであり、例えば訪問リハビリなどでは500~700万くらいは狙えることもあります。管理職でもそれくらいは狙えますね。もちろんある程度の年数と経験、能力が必要になりますが、それはどの職業に就いても同じことです。

 

理学療法士が給料を上げる5つの方法▼

理学療法士が"給料を上げるため"にできる5つの方法

30代で理学療法士を目指す学生と話をすることがありましたが、このくらいの年齢になると特に給料面は気になりますよね。 30代になると新卒者のように「やりがい。」だけで仕事をするのは難しいです。結婚して、 ...

続きを見る

 

理学療法士が給料の高い職場で働く方法▼

理学療法士が"給料の高い職場"で働くには?具体的な方法を解説

理学療法士のかずぼーです。   理学療法士も働く上で、給料のことは結構気になりますよね? このまま理学療法士として普通に働いていて、給料って増えるの?ってこともしかり。   家庭を ...

続きを見る

理学療法士を辞めるには、相当な覚悟が必要

あなたが理学療法士になるために費やした費用と労力、時間は掛け替えのないものです。学費だけで300~500万くらい払ってるはずです。

大きなお世話かもしれませんが、学費をご両親が払っていたのなら気づかないかもしれませんが、それらはあなたが理学療法士になるために投資した大切なお金です。

業界を変えるのは、今までに費やしたお金、時間、労力、親からの信用を返上するための覚悟が必要です。

理学療法士を辞めるより「あなたが変わること」「環境を変えること」で解決する

理学療法士を辞めたいと思う理由には、

  • 給料が低くて将来性がない
  • 残業が多い
  • 人間関係がうまくいかない
  • 嫌いな上司がいる
  • 研究ばかりで疲れる
  • 症例発表、学会発表が辛い
  • 新人、学生指導など多い

挙げたらキリがないです。

 

これらに悩んで過去の僕のように「理学療法士って何やねん!」と自暴自棄になることもあるでしょう。

理学療法士が嫌いになり、別の業界を見たくなる気持ちはわかりますが、実際のところ、他の業界に飛び込んだとしても、理学療法士としての資格は全く使えません。

 

「もう少し楽な仕事を、、、」と考えても、給料が極端に下がるリスクもあります。逆に給料アップを図り転職したとしても、今よりもっと苦労するかもしれません。

 

理学療法士は仕事内容は、社会的なみても働きやすい業界なのです。

理学療法士として4つの職場を経験した僕が思うのは、「あなたが変わること」や「職場を変えること」で十分解決できる課題だったりします。

他の業界では何十社、何百社と採用試験をしますが、理学療法士でそんなに沢山面接をした人を僕は聞いたことがありません。

理学療法士は、自由に環境を変えられるのです。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは全国対象ではありませんので注意してください。

【対象地域】

東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫

案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-仕事の悩み
-, ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.