PT・OT・STで転職を考えている人へ▼

理学療法士がおすすめする転職サイト5選【厳選】

PT・OT・STの働き方

理学療法士10年目の僕が若い人が就職するべき職場の特徴を3つ教える

投稿日:2019年4月28日 更新日:

理学療法士10年目のかずぼーです。

 

理学療法士って、圧倒的に若い人が多いですよね。

若手言えば、3年目くらいで25歳前後でしょうかね。この辺りの層は、仕事への悩みも多いと思います。

なので、ここでは若い理学療法士が、就職したほうが良い職場の特徴を3つに絞ってお伝えします。

理学療法士は若い人が多い。これからも若い人が増える見込み

理学療法士は平均年齢が32.8歳(2015年)です。

その10年前の平均年齢もほぼ同じくらいですので、現在(2019年)でもそれほど平均年齢に違いはないと考えられます。(下図参照)

引用)https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000122672.pdf

 

ちなみに、1998年(平成10年)には理学療法士は2万人ほどでしたが、ここから爆発的に人数が増え、2016年(平成28年)には約14万人になりました。(下図参照)

引用)https://www.pt-ot-st.net/index.php/topics/detail/565

 

しかも、2011年(平成23年)頃から理学療法士は毎年1万人以上の合格者を出しており、今後もどんどん増えていくことが容易に予想がつきます。

引用)https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000122672.pdf

 

基本的には、高卒現役で専門学校または大学に入学し、理学療法士の資格を取る人が多いです。

なので、今後理学療法士の平均年齢も少しずつ下がり、合格者が減らない限りは益々若い人の多い業界になっていくでしょう。

 

この記事を書いている僕はと言えば、理学療法士が増えだした2010年に国家資格の免許を取得しました。そんな僕も理学療法士歴が10年目を迎えています。

僕は、8年間は回復リハビリテーション病院、訪問リハビリやデイケアなども経験したことがあり、現在は4つ目の職場の整形外科クリニックに勤めています。

僕の場合は、1年目の頃から実習生をサブ的に担当したり、2年目から新人教育をさせてもらいました。また、4年目でもチームリーダに抜擢されたり、まとめ役もしたことがありました。

 

こういった若い人の多い理学療法士の業界で、若手が働きやすい職場の特徴を3つに絞ってお伝えしようと思います。

理学療法士10年目の僕が、若い人が就職するべき職場の特徴を3つ教える

理学療法士を10年僕が、若い人が就職するべき職場の特徴を3つお伝えします。

  1. 勉強ができる
  2. 教育がしっかりしている
  3. 人間関係が良い

他にも条件はあるでしょうが、まずはこの3つを確実に押さえておいたほうが良いです。

ここからは、具体的に理由を解説していきます。

勉強ができる

理学療法士の主な就職先は、

  • 病院
  • 施設(介護老人保健施設や特別養護老人ホーム)
  • 訪問リハビリ
  • 外来リハビリ(クリニック)
  • デイケア

などです。

他にもスポーツ界のトレーナーや理学療法士の知識を活かして一般企業に就職する人もいますが稀です。

どの職域に就職するかももちろん大事なのですが、まずは勉強できる環境が整っているかはとても大切です。

 

若いうちは、いろんなことを学んでいかないといけません。

具体的には、医学的な知識や治療技術、レントゲンの診方や他職種との連携などなど。

若いうちは、理学療法の基本的な知識が学べる環境かどうかはかなり重要です。

たまにマッサージ師かのように来た患者のマッサージをして少し歩行訓練をしてリハビリ終了、みたいな職場がありますが、そういうところでは成長できません。

勉強していないともし他の職場に転職した際にも、経験年数は重ねていても、知識と技術が全然ダメなんてこともあり得ます。

なので、「この環境にいると勉強になるな」と思える職場に就職するのがベストです。

もし、勉強できる環境でないと感じるなら、すぐにでも転職を考えた方が良いです。

教育がしっかりしている

自分で勉強してスキルを磨くのももちろん大事なのですが、先輩からの教育がある環境であることも大事です。

自分だけで勉強しても「経験年数も浅いし、これで良いのかな」と不安になりながら勉強するよりも、経験を積んでいる先輩からの教えがある環境のほうが確実にスキルは向上します。

 

仕事が終わった後に勉強会や技術練習をするのはしんどいかもしれませんが、若いうちはある程度時間もありますし、サービス残業にはなりますが、積極的に勉強しても良いと思います。

10年目になった僕は、残業を絶対したくはない人ですが、1年目の頃は毎日先輩からのフィードバックで23時頃まで居残りしていたこともありましたし、3年目くらいまでは先輩たちと病院に残って勉強会や技術練習をよくしていました。

なので、1年目の頃から定時に帰っていた人たちよりかは臨床考察はできると思います。10年経つと、若手の頃に勉強しておいて良かったです。

人間関係が良い

最後は、人間関係の良い職場を選ぶべきです。

なぜかと言うと、人間関係が良い職場かどうかは、仕事に対するモチベーションも関わるからです。

こちらの記事▼でも解説していますが、アメリカの企業であるギャラップ社が500万人に調査した結果、「職場に最高の友人がいる人」は、仕事へのモチベーションが7倍になり、生産性も上がった。と報告されています。

理学・作業療法士は"人間関係"で職場を選んだほうが良い理由

理学療法士が就職先を決める時、何を基準に決めれば良いか悩みますよね。   「給料が高い職場が良い?」 「それとも勉強できる病院が良い?」 「やりたいことができる職場を選ぶべき?」  &nbs ...

続きを見る

 

僕が最初に勤めた病院も同期の仲がとても良かったので、残業の多い職場でしたが、同期たちと漫画喫茶に徹夜で勉強したり、しんどいながらも楽しみながら勉強できました。

なので、仲の良い同僚がいる環境はかなり大事だと感じています。

最高の友人がいないにしても、人間関係の良い職場に就職することができれば、毎日楽しく仕事に行くことができます。

ちなみに僕の今の職場は、人間関係重視で選びました。ストレスを抱えながら仕事をしたくないからです。

新卒から給料の良い職場を選ばなくても良い

どうせ働くなら「給料の良い職場」に就職したい。

そう思いますよね。

僕の経験上、新卒からは特に給料はあまり気にしなくても良いと考えています。

なぜなら、給料はあとからでも増やすことができるからです。

 

と言いながらも、僕が新卒の頃は月給31万円(450万円)と理学療法士の平均年収404万円(厚生労働省の平成29年度賃金構造基本統計調査)よりもかなり給料の良い職場へ就職しました。

僕も給料が高いほうが良いと考えてのことです。

 

ずっと同じ場所で働き続けるのなら、給料の良さで就職すれば良いのですが、この業界は転職しやすいし、転職する人が多いのも特徴です。

僕も5年目に転職していますし。

なので、結局は若いときにどんなことを学べたのか、どんな実績があるのかのほうが重要になってきます。

例えば、学会発表をやったり、症例発表をやったりもそうです。チームリーダーや新人育成などもそうですね。

 

経験を積めば仮に他の職場に転職したとしても、そのスキルが活かされるので、すぐに活躍することができます。

現場に貢献できれば、給料も上がりやすくなります。

 

給料をすぐに上げたくなったのなら、後からでも良いと思います。ただ単に給料の高い職場に転職すれば良いだけですのでね。

転職して給料の高い職場で働くのが、簡単に給料を上げる方法でもあります。

理学療法士が"給料の高い職場"で働くには?具体的な方法を解説

理学療法士のかずぼーです。   理学療法士も働く上で、給料のことは結構気になりますよね? このまま理学療法士として普通に働いていて、給料って増えるの?ってこともしかり。   家庭を ...

続きを見る

病院に勤める若手が多い!?

理学療法士が新卒で就職先に選びやすいのが「病院」です。

中にはいきなり訪問リハビリや介護老人保健施設へ就職する人もいますが、一般的には病院が多いです。

 

なぜ最初に病院を選ぶかというと、

  • 勉強したことが活かされるから
  • 若い同僚が多いから
  • 最初は「病院」という先入観があるから

この辺りでしょうか。

 

病院では画像所見や血液データなどの所見が豊富であり、他職種との情報交換も頻繁に行われます。

やはり、病院が医療職としては総合的に学べる場としては適しています。

また若い同僚も多く、相談しやすい、仲良くなりやすいのも魅力です。

さらに、いきなり訪問リハビリなどへ勤めるより、最初に病院で医学の基礎的なことを学んだ方が良いなどのある種の先入観を持っている人も多いです。

 

ただ、やりたいことがあるならすぐにやり始めたほうが良いです。

例えば「在宅でリハビリをしたい」「地域に密着した活動をしたい」というのであれば、すぐに訪問リハビリやデイケアなどに就職するのもありです。

"石の上にも3年"という言葉がありますが、3年も下積みしてたら時間が勿体ないだけです。

理学療法士の最初の3年間は下積み?やりたいことは今すぐ始めたほうが良い理由

「最初の3年は下積みだ」 業界でも同じように言われることがあるでしょう。   理学療法士の業界でも、「最初は病院勤務のほうが勉強になる」「3年は自己研鑽に使ったほうが良い」なんてよく言われま ...

続きを見る

働きやすい環境では成長できるし、毎日楽しく働くことができる

今回、僕がお伝えした働きやすい職場の条件3つを知っておけば、別に病院でなくても、訪問リハビリでも介護老人保健施設でもその他の職域でも、必ずあとで効いてきます。

 

僕自身、自分が「この職場働きやすいな」と感じられないと、毎日仕事にいくのが嫌になってくるし、嫌になると成長もストップしてしまうと思っています。

なので、自分が働きやすいと思える条件を知っておくことで、理学療法士としても成長できますし、毎日楽しく仕事をすることもできるようになると考えています。

 

まとめになりますが、

  1. 勉強できる
  2. 教育がしっかりしている
  3. 人間関係が良い

理学療法士の若手は、この3つの条件がそろった職場に就職するのが良いです。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-PT・OT・STの働き方
-,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.