働き方

理学療法士として「今の職場では成長できない」と感じる人へ

投稿日:

理学療法士のお仕事は、日々勉強ですよね。

 

理学療法士の腕は、日々の勉強、周りの環境に依存しています。

例えば、

  • 毎日本を読んだり
  • 週末に勉強会に参加している

このように、自己研鑽を怠らない理学療法士は当然レベルアップします。

また、同僚にすごい勉強熱心な人がいればそれだけで刺激になります。教えてもらい知識を補充することもできるでしょう。

つまり、周りの環境も成長のためには欠かせないのです。

 

もちろん、自分を律せられる人ばかりではないですし、成長するための環境が整っていない職場もありますよね。

「このままでは、理学療法士として成長できないかも?」と心配になる人もいるでしょう。

この記事は、成長願望のない人が読んでも意味はないかもしれません。

ですが、理学療法士として自信を持ってキャリアを歩んでいきたい人には読んでほしい内容になっています。

理学療法士として「成長するとは」?

成長するためには努力は必要ですが、努力=成長ではありません

いくら頑張っていても、理想とかけ離れてた働き方をしていても「で、これって結局どうなるの?」と疑問が浮かんでくるのです。

 

「成長」とは一体なんなのでしょう?

すごく曖昧な言葉ですが、これは人によって解釈が異なります。

  • 患者に賞賛されること?
  • 上司から褒められること?
  • 給料が上がること?

周りと切磋琢磨するのが「成長」と感じる人もいるでしょう。

「いや、いや、切磋琢磨なんてどうでもいい。給料が増えなければ意味がない」という人もいるでしょう。

あなたが望む正しい方向に向かわなければ、努力は虚しいだけです。

いずれにしてもあなたが今よりも大きくなること、前に進むことが「成長」だと僕は思うのです。

理学療法士が成長を感じない理由

理学療法士が「これでは成長できない」と感じる理由を見てみましょう。

やりがいを感じない

やらされ感満載の仕事では、自分でその仕事をコントロールできないのです。

言われた通りにこなしている状態は、ただの作業になってしまいます。そこに十分な考察もなければ、仕事自体が苦痛になってきます。

人は、自分で決めて行動しているときにやりがいを感じます。

やりがいのある仕事は、時間を忘れるほどに没頭しますよね。

ゲームにハマる子供が、時間を忘れて没頭している間に気づいたらゲームが上達していたのと同じです。

成長するには、まずやりがいのある仕事を選択すべきなのです。

認めてくれる人がいない

やりがいを感じていても、自己完結だけでは物足りなさを感じてきます。

マズローの5段階欲求では「承認欲求」がありますが、人は誰かに認められることを本能的に望んでいます。

例えば、上司から認められることで、承認欲求が満たされるでしょう。

また、フィードバックがあることで「以前よりも仕事ができるようになった」と気づけるのです。

あなたの努力を誰かが認めてくれているでしょうか?

あなたが、まだまだ無能だから誰も認めてくれないのではないかもしれません。

教え合える人がいない

職場に教え合える仲間がいないのも、成長を感じさせない要因になります。

例えば、業務後にでも集まって勉強会を開こうとしてもなかなか人が集まらないこともあるでしょう。

仕事が終われば、定時に上がるのが通例の人もいますよね。

患者の話をしようとしても、サッといなくなる人もいるでしょう。なんなら、声をかけると迷惑そうな顔をされたり。

「今患者について話がしたいのに」とモヤモヤしますよね。

業務が忙しすぎて勉強どころではない

僕が最初に勤めた職場は、かなりきついところだったのです。

1年目は、実習生のようなレポートが毎日。2年目に上がって後輩ができても、指導者として23時に退社することもよくありました。

そんな残業ばかりの職場では、休日は身体を休めないと休まないと身体が持ちません。

なので、勉強会にも参加する暇もありませんでした。

成長したい人は、どこで働くか(環境)が超大事

僕は転職を3回経験してますが、職場の雰囲気はほんといろいろでした。

成長できるかどうかは、環境に依存します。

 

僕が最初に勤めた職場はかなり厳しい環境だったので、若手の頃はかなり成長を感じていました。でもね、どこかで頭打ちを感じてきたのです。

そりゃ、勉強する時間がないくらい毎日忙しいのですから、成長がストップしてしまいます。

「同僚が程よく勉強熱心で、自分の時間も作れる」そんな職場はないものかと思い、転職をしたことを覚えています。

本当にあなたのやりたいことなのか?

「本当は在宅リハを興味があるのに、病院で働いている」

それでは、なかなかモチベーションが上がらないですよね。

 

行きたい分野には最初から行き、現場を経験することで成長するのです。違う分野で経験を積んでも遠回りになるだけです。

理学療法士の最初の3年間は下積み?やりたいことは今すぐ始めたほうが良い理由

「最初の3年は下積みだ」 業界でも同じように言われることがあるでしょう。   理学療法士の業界でも、「最初は病院勤務のほうが勉強になる」「3年は自己研鑽に使ったほうが良い」なんてよく言われま ...

続きを見る

 

実際に、その分野が「本当に自分に合っているのか」も早い段階で確かめておくことも必要です。

いざ、飛び込んでみてやっぱり違うとなっても、職場を変えることは可能です。

自慢になりませんが、僕も訪問看護ステーションを2ヶ月で退職しましたからね。

「ここにいても成長できない」と感じたからです。

【転職失敗談】理学療法士の僕が転職して2ヶ月で辞めてしまった4つの原因

理学療法士の僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。   その中でも、最短で辞めてしまった期間が2ヶ月。   僕の場合、次の職場を焦って決めてしまったのがいけなかっ ...

続きを見る

あなたは理想の働き方(生き方)に近づけていますか?

なぜ人は成長したいかというと「理想の働き方(生き方)に近づきたいから」ではないでしょうか?

 

「研究バリバリやる理学療法士になりたい」「患者を治せる専門家になりたい」そんな働き方を目指す人もいるでしょう。

一方、「稼いで家族を幸せにしたい」そんな生き方がしたいために、給料を上げたい人もいるでしょう。

給料を増やしたいのなら、給料の高い職場に転職するべきです。

昇給がなかったり、ボーナスがない職場もありますので、そういうところでいくら努力を積んでも給料は増えません。

理学療法士が"給料の高い職場"で働くには?具体的な方法を解説

理学療法士のかずぼーです。   理学療法士も働く上で、給料のことは結構気になりますよね? このまま理学療法士として普通に働いていて、給料って増えるの?ってこともしかり。   家庭を ...

続きを見る

 

僕は転職を3回、4つの職場を経験していますが、今がようやく落ち着いて働けるようになりました。

給料も増えずに、頑張ることもできずにいたでしょう。

僕は転職したことで毎日楽しく働いています。ストレスもありませんね。

【ホワイト企業】理学療法士が"働きやすい理想の職場"に転職した1日のルーティンを教える

転職経験者のかずぼーです。 僕は3回転職を経験して、今は整形外科クリニックで常勤として働いています。 正直、今が一番働きやすくて快適です。 まさにホワイトな会社なので、「こんな職場もあるんだぁ」と思っ ...

続きを見る

 

成長しない要因は、

  • 環境が悪い
  • コンディション(体調)が悪い
  • 分野が悪い
  • 働く人が合っていない

などがあります。

激務で体調を壊したり、精神的に崩壊して鬱になってしまうと成長どころではなくなります。

働きやすい環境や人と一緒に働くほうが、あなたの成長にも繋がるし、何より楽しいですよ。

転職するのは難しくない

転職はしっかり段取りを踏めば難しくありません。

上司への報告は3ヶ月前がベストです。引き継ぎがありますので、余裕をもって報告しましょう。

退職を決めた理学療法士は、上司へ「いつどのように」に辞める旨を伝えれば良いの?

理学療法士のかずぼーです。   退職を決意した後、上司に「退職の旨」を伝えるって緊張しますよね。 僕は、転職を3回経験していますので「いつどのように」退職の意思を伝えれば良いのかわかってきま ...

続きを見る

 

転職サイトには早めに登録しておけば、早い段階から好条件の求人を紹介してもらえます。

あとは、病院・施設見学 → 履歴書作成 → 面接 → 採用の流れになります。

これらは、転職アドバイザーが無料でサポートしてくれるので、安心して大丈夫です。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-働き方
-, ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.