働き方

【理学療法士の働き方】重症患者がきついなら介助量の少ない職場で働くと良い

投稿日:

あなたは理学療法士として、どんな気持ちで日々働いているでしょうか?

 

「患者が良くなっていくのは嬉しい、やりがいがある」

と思う人も多いでしょう。

理学療法士は人の命や人生を左右するお仕事でもあります。とても責任感を感じる人も多いでしょう。

 

命の重さ、人生の重さを背負いきれずにその重さに押しつぶされそうになり、理学療法士自体が辛くなっている人もいるのではないでしょうか?

そんな人に向けてこの記事を書いています。

何となく厳しい理学療法士の業界が辛い

あなたが理学療法士を志した動機は、何だったでしょうか?

 

「自分が怪我をして、理学療法士の先生にお世話になったから」

「家族の介護が必要になったから」

「これからは高齢者が増えるし、需要があると聞いたから」

「とりあえず資格を取りたかったから」

「何となく」

 

動機は人それぞれでしょう。

 

学校で医療のことを学び、実習に揉まれ、それなりにこの業界の厳しさを知りつつも、やっとの思いで資格を取った人も多いと思います。

そして、「新入職者は、最初働くなら病院が良い」と聞いて働いてみるけど、人の人生、人の命の重みに耐えられなくなっている人もいるのではないでしょうか?

 

「自分は理学療法士に向ていない」なんて悩む人もいますが、僕はそうは思いません。

「理学療法士に向かないというよりも、今の職場が合っていないだけかもしれない」

そう思うのです。

理学療法士が働く場所は、たくさんある

理学療法士が働く場所は、

  • 病院
  • 介護老人福祉施設
  • 訪問リハビリ(病院や訪問看護ステーションなど)
  • デイケア
  • 外来

などたくさんありますよね。

 

病院でも急性期では、命に関わる。

回復期では、人の痛みやその後の生活に関わる。

維持期では、人の死に直面する。

訪問リハでは、人生や生活に関わる。

理学療法士は、どこに行っても尊い職業です。むえに使命感を感じる人も多いでしょう。むしろそう感じない人のほうが少ないでしょう。

 

でも、その使命感に押しつぶされそうになる人もいると思うのです。別に珍しいことではありません。

医療・介護は思いやりだけではできないのです。思いやりの裏に、冷静で分析的思考も併せ持っていないといけません。

人が亡くなったり、脳卒中で高次脳機能障害を呈した患者に怒鳴られりすることもよくあります。むしろ、ドライな気持ちで患者に接するくらいがちょうど良い場合もあります。

重症患者がきついなら介助量の少ない領域で働くと良い

人の命、人生を背負うことが重荷になっている人は、理学療法士として活躍できないのか?

命の危険が少ない分野を選べば良いのです。

例えば、外来リハやデイケアです。

 

外来リハは、とにかく痛みを訴えて来院される人が多いです。外来リハでは、自分の足で歩いてくる人が多いです。 介助量は圧倒的に少ないです。トイレ介助も必要なし。

整形外科クリニックの詳細▼

理学療法士が整形外科クリニックに転職して2ヶ月。クリニックで働くための大事な考え方

理学療法士の9年目のかずぼーです。   僕は転職を3回軽減しているのですが、8年回復期リハビリテーション病院に勤め、その後に訪問リハを経験、現在は整形外科クリニックに転職して2ヶ月とちょっと ...

続きを見る

 

デイケアも、ある程度症状が安定している人がリハビリを受けられます。

訪問リハビリでも、重症度の低い職場を選べば良いのです。

訪問リハビリの詳細▼

訪問リハビリの魅力とは?病院から訪問リハビリへ転職した理学療法士が思うこと

僕は、8年間回復期リハビリテーション病院に勤務し、その後に訪問リハビリに従事した経験があります。 病院で働く療法士は、退院後の生活を見据えながら患者さんのリハビリをしていますが、退院していく患者さんを ...

続きを見る

 

要するに、今の職場で辛くなっているなら、職場を変えてみることです。

そんな軽い気持ちで仕事をするなと言う人もいるかもしれませんが、働く理学療法士自身が辛いと思っているようでは、患者に良質なリハビリを提供できないと僕は思うのです。

外来リハビリでは、命や人生というより、痛みについて詳しくならないといけないし、それはそれでまた別の課題が出るわけです。

要するに、適材適所があると言うことです。

 

僕も3回転職し、これまでに病院、訪問、外来と経験してきました。

僕は8年回復期の病院に勤めていたので介助は得意ですが、今勤めている外来クリニックは介助することがほとんどないので、身体的にはかなり楽です。

病院が向いてる人、訪問リハが向いてる人、外来が向いてる人。あなたが働きやすい職域があることを知ってほしいです。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-働き方
-, ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.