仕事の悩み

【経験談】理学療法士として将来が不安なら、転職か副業のどちらかはするべし

投稿日:2019年1月2日 更新日:

理学療法士として働いている「将来性ってどうなの?」というのが気になりますよね。

 

あなたは、理学療法士のこれからの将来に向けてどのような対策をされているでしょうか?

 

僕は、2010年に理学療法士の資格を取得し、現在(2019年)で10年目になります。

僕自身も、あなたと同じように理学療法士としてどう生きていけば良いのか悩み、転職を3回、そして2016年に副業を始めました。

転職と副業、この2つをしたことで理学療法士としてのキャリアが大きく変化したのです。

なぜ理学療法士として将来が不安になるのか

理学療法士という仕事は、1965年(昭和40年)にできた仕事です。

今から20年ほど前までは、理学療法士の仕事は「需要」に対して「供給」が不足していました。

そのため、理学療法士という仕事はかなり重宝されていました。

 

しかし、今はどうでしょう?

 

理学療法士が劇的に増えだした平成23年から理学療法士は毎年1万人以上増えています。

 

そして、この20年の間にかなり理学療法士が増えたことになります。

引用)https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000122672.pdf

 

ここ最近は、明らかに需要に対して供給過多の状態になっています。

それが如実に表れてる例としては、やはり給料でしょう。

理学療法士は診療報酬の枠内でお給料を頂いているので、その診療報酬も改訂ごとに下がっています。

そして、理学療法士の年収は10年前と比べると50万円ほど下がっています。

 

このような状況下で、理学療法士が給料を増やす方法は、

  1. 給料の高い職場に転職こと
  2. 副業をすること

が最も再現性が高いと考えています。

理学療法士として将来が不安なら、転職か副業する3つのメリット

理学療法士としての将来性に不安がある人がするべきことは、

  • 転職
  • 副業

2つです。

 

転職と副業をおすすめする理由は、3つあります。

  1. 収入が増える
  2. ストレスなく働くことができる
  3. 理学療法士として新しいキャリアが築ける

転職と副業で収入アップが図れる

実際に僕は、転職しただけでも50万円のアップです。

理学療法士が転職しただけで年収50万円UPしたリアルな話

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士として働いていると、「このまま今のところで勤めていて給料は増えるのか」って気になってきますよね。旦那さんだけの収入で家族を養っている家庭では特に。 若い療法士も、これ ...

続きを見る

 

そして、副業で70万円、転職と副業で言えば年収120万円ほどアップさせました。

目立った肩書きなし!普通の理学療法士が転職と副業で年収120万UPした話

僕自身、理学療法士として目立った肩書きはありません。   何とか認定士の資格もなければ、学会発表もしたことがありません。セミナーをバンバンやっているわけでもないです。特にそういったことがやり ...

続きを見る

転職と副業でストレスがなくなる

転職し人間関係の良い職場に就くことができれば、仕事においてのストレスはかなり軽減されます。

それで給料が増えればさらに良いですよね。

また、家族がいる人ならわかると思いますが、一人の収入では家族を養うだけでも精一杯でしょう。

転職と副業で収入アップが図れれば、経済面での余裕も生まれます。

転職することで、時間的にも精神的にも余裕ができれば、副業にも力を入れることができます。副業までできれば、さらに収入アップが見込めば余裕はかなり増すでしょう。

理学療法士としての新しいキャリアが築ける

理学療法士として、雇われているだけでは収入が増えるどころか何の目立った肩書もないままです。

というのも、前述した通り理学療法士の数は年々増えています。

 

技術を身に着ければ給料が増え、注目されるような時代ではなくなってきているのです。

皆んなと同じことをしていて、そこに「希少価値」は生まれるでしょうか?

昔は、理学療法士も希少性が高かったことで、給料アップが容易だったのですが、今はもう技術だけでは厳しいですよね。

他とは違う経験を積むことで「希少価値」が生まれるのです。

これから理学療法士がキャリアアップしていくには、本業だけでなく、本業から一歩出た活動をしていくことが求められる時代にきています。

今の職場で出世ができないなら「転職」を考えたほうが良い

理学療法士として将来に不安がある人は、なぜ転職を考えたほうが良いのか解説します。

もちろん、今の職場で何も不安がないのなら転職する必要はありません。

 

今の職場で出世を図れる状態なのかを考えて見ましょう。

このまま働いていても給料が増える見込みがない

例えば、昇給0~2000円くらいしか増えないのならどうでしょう。

ボーナスがどれくらいもらえるのかにもよりますが、4ヶ月分もらえると良い方ですよね。

2,000×16。つまり、1年で年収が32,000円増えることになります。

 

これってどうなんでしょう?

 

少ないですよね。

 

それなら役職に就くか、管理職を狙える職場に転職してしまった方が圧倒的に給料は増えます。

役職手当が1万円でも着けば、1年で年収が16万円増えるのです。

 

理学療法士の昇給▼

理学療法士の昇給の相場は?4つの職場を経験した僕の実際の昇給を教える

あなたの働く職場の昇給はどのくらいか気にしたことはありますか?   就職する際は初任給やボーナス(賞与)、年収なども見ると思いますのが、長く勤めようと思うなら昇給は絶対に気にしておいたほうが ...

続きを見る

 

理学療法士のボーナス(賞与)▼

理学療法士のボーナス(賞与)の相場は?4つの職場を経験した僕が実際のボーナスを教える

理学療法士として働いていると、給料ってどのくらいか気になりますよね? 初任給は求人欄に記載されていることは多いですが、ボーナス(賞与)の記載していないこともありますよね。   ボーナス(賞与 ...

続きを見る

 

病院勤務で周りと同じことをしている中で、出世するのはかなり難しいでしょう。

なぜなら、人数が多すぎるからです。

大人数の中で上司の信頼からの指示に従い、信頼を勝ち取り、耐えてきた人が10年くらい経ってやっと出世するのです。

そのためには、他の人たちが辞めていかないといけないわけです。

ですが、働きやすい職場だったら誰も辞めません。つまり、どちらにしても激しい競争になるわけです。

管理職を募集している求人は狙い目

例えば、スタッフが少ない訪問リハビリやデイケア、外来リハなどは管理者を募集しているところも多くあるので、すぐに年収アップも図れます。

年収500万円以上、主任クラスの役職も狙える、PTOT人材バンクの転職サービスを利用するのが良いでしょう。

リハ職の新卒・学生も利用可「PT/OT人材バンク」の5つの特徴

僕が転職する際に活用したのが、リハ職に特化した転職サイトPTOT人材バンク でした。   PTOT人材バンクに登録すると、担当エージェントと呼ばれる転職のプロがあなたの代わりに求人を探してく ...

続きを見る

 

役職に就かなくても転職するだけで給料が増えることは普通にあります。

僕は特別理学療法士以外の目立った資格はありませんが、それでも転職するだけで年収50万円増えました。

昇給も今の職場では昨年実績で1万円とのことですので、将来性はありますね。

理学療法士としてのキャリアが不安なら「副業」を始めよう

給料が増えれば生きやすくなるのか?

 

それも違う気がします。

 

理学療法士はそれほど給料の良い職業ではありませよね。

収入を上げたくて、理学療法士になったわけではないと思います。

 

「自分が怪我をして、誰かの役に立ちたいと考えたから」

「家族が入院して、理学療法士の仕事を知った」

 

そうやって理学療法士を志した人は多いはずです。

 

それでも、今の職場で働いていると何か漠然とした不安があるでしょう。

勉強会に行っても報われない

理学療法士は、勤勉でモチベーションの高い人が多く、毎週勉強会やセミナーに参加している人もいるくらいです。

 

ですが、思うように報われず、出費だけがかさみ、やるせなさ感じるでしょう。

勉強熱心で向上心ある人こそ、理学療法士の世界から少し飛び出してみることで、新しいキャリアが開ける可能性があるのです。

2017年以降は副業ブーム

2017年末に政府が副業解禁を発表した流れから、副業ブーム、パラレルキャリアブームが巻き起こっています。

僕自身も、理学療法士としてのキャリアに不安があり、2016年の4月から副業を始めました。

このブログ以外にも2つサイト運営をしており、今では新卒者のの半分以上は収入が増えています。

 

ただ、ブログを始めてもそう簡単に収入が増えるわけではありません。文章を書くことができる人はら、クラウドソーシングで受注してみるのも良いでしょう。

登録自体は簡単ですので、おすすめです。

人生100時代を生きる理学療法士におすすめの副業は?

2017年11月20日。厚生労働省が副業を認める内容の改正案を提示しました。 というもの、国の財政はひっ迫しており、医療保険・介護保険費は年々増加傾向にあります。 ご存知の通り、日本は高齢化少子化が進 ...

続きを見る

自分のやりたいことが仕事になる

副業は、副収入的な意味でするだけでなく、自分がやりたいと思える社会活動としてやるものです。

最近では、プログラミングの重要性に気づいた人が会社でサイト運営を任されたりもしているようです。

 

プログラミングと医療は、かなり親和性が高いのです。

プログラミング学習は、実は僕もやったことがあり、難しくて挫折してしまいましたが、この辺は向き不向きがあるでしょうね。

僕は、文章を書いてる方が得意なので、ブログ運営に力を入れた方が良いと判断したのです。

僕がプログラミングを勉強した際は、TechAcademyキャリアがおすすめです。

TechAcademyキャリアは、IT業界へ転職したい人向けのプログラミングスクールです。

僕もここで1ヶ月間学習しましたが、おかげでCSSとHTMLくらいは何となく理解できるようになりました。

 

僕のようにブログ運営をしていると、職場のサイト構築に携わることもできました。

他の人でそんなことしている人いませんからね。

働きやすい職場へ「転職」して、「副業」すれば将来の不安は解消できる

仕事は1日の1/3の時間を占めています。つまり、働きやすさとは、生きやすさに直結します。

 

やりたくない仕事をしていて、それで幸せなのでしょうか?

嫌な上司がいる職場で、神経すり減らしている場合ではありません。

 

我慢しながら働いていて、給料が増えるならそれも良いかもしれません。家族が養えるのなら良いでしょう。

でも、それだと仕事は戦場と言っていた時代と同じです。

 

僕は、そんな生きづらい働き方はしたくはありませんが、あなたはどうでしょうか?

もっと、経済的にも時間的にも、人間関係を含めた精神的にも安定して働ける職場があります。

 

僕は、転職しただけで年収が50万円アップしました。また、時間も確保できるようになったのです。

以前、僕の1日のルーチンを書いていますが、運が良いことに人間関係も良くて、今が一番働きやすいです。

【ホワイト企業】理学療法士が"働きやすい理想の職場"に転職した1日のルーティンを教える

転職経験者のかずぼーです。 僕は3回転職を経験して、今は整形外科クリニックで常勤として働いています。 正直、今が一番働きやすくて快適です。 まさにホワイトな会社なので、「こんな職場もあるんだぁ」と思っ ...

続きを見る

 

「副業はちょっと時間がないな」

「今の職場で将来が考えられない」

という人でも、職場を変えることは簡単にできます。

 

理学療法士の仕事の良いところでもあるのが、資格があるので転職がしやすいということです。

また、転職が多い人の方がいろんな現場見てきているので、将来的には有利です。

 

1つの現場で毎日同じことをしてきた人と、2つか3つ経験してきた人とではどちらが経験値が高いかは明白です。

同じ仕事は2年か3年くらいすると、大体のことはわかってきたそこからは頭うちです。

違うことをしないと周りのと差はほとんどないわけです。

だからこそ、違う経験を積む意味でも、僕は「転職」と「副業」をおすすめしているのです。

やる人はやる。やらない人はやらない

僕はやる側になっていたいから、転職もして働き方を見直したし、副業もやってみています。

このままずっと将来に不安を抱えたまま生きていくないからです。少しでも、現状を変えるための行動を取っていたいのです。

 

ここまで読み進めた人は、おそらく本気で将来を変えようとしている人だと思います。

 

「将来は不安だけど、まぁ現状維持でいいや」と思っている人は、ここまで真剣に読まないでしょう。

 

副業をやるにしても、まずは本業が安定していなければいけません。

家族がいる人なら、給料はとても大切です。

 

転職に失敗しないためには、転職サイトを使うことをおすすめします。

僕は3回転職していますが、その際には必ず転職サイトを利用していました。自分一人で求人を探すよりも圧倒的に楽だからです。

転職サイトは、自分が希望した就職先をすぐに見つけることができるサービスです。

 

収入がアップするのはもちろん、人間関係に関しても転職アドバイザーに聞くことで「思ってたのと違う」という自体を避けることができます。

良い求人はすぐに枠が埋まりやすいので、思い立ったら早めに行動を取るようにしましょう。

まずは、登録だけしてどんな求人があるのかを見るだけでも良いです。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-仕事の悩み
-, ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.