PT・OT・STで転職を考えている人へ▼

理学療法士がおすすめする転職サイト5選【厳選】

PT・OT・STの働き方

理学療法士の仕事は忙しいの?【理学療法士が解説】

投稿日:

どうもかずぼーです。

 

僕は13年目の理学療法士で4つの職場を経験してきました。

そんな僕が理学療法士の仕事は忙しいのか?実際の経験をもとに理学療法士の仕事(の忙しさ)をお伝えします。

理学療法士の仕事は忙しい?

理学療法士の主な仕事(患者を診ること)

まず理学療法士の業務時間ですが、9時から17時までがほとんんどです。一般的な会社員と同じですね。

理学療法士は1単位20分を一区切りに患者さんを診ていきます。

1日の取得単位数は職場にもよりますが、1日15〜18単位くらいが多いです。

回復期の病院ですと、一人の患者さんに3〜6単位くらいリハビリをすることがあります。外来リハビリですと一人の患者に1単位が多いです。

理学療法士のその他の仕事

患者診療以外の業務量は職場によって大きく異なります。

主には、

  • カルテ
  • 係、委員会
  • 会議、カンファ
  • 勉強会、休日勉強会
  • 新人、実習生指導

などがあります。

サービス残業が当たり前の職場もあってややブラックです。

 

残業の少ない職場の特徴ですが、

  1. 仕事内容がシンプル
  2. 人数が少ない(規模が小さい)
  3. 残業できる空気ではない
  4. 臨床に熱心すぎる人がいない

です。

残業が少ない職場の特徴はこちら▼で詳しく解説しています。

理学療法士が残業せずに帰るメリット!残業が少ない職場の4つ特徴も教える

僕は10年理学療法士をしていますが、残業は絶対にしたくないと考えています。 僕はもう1年以上は全く残業をしていません。   今の職場に転職して、最初の頃は仕事に慣れていなかったので、17時時 ...

続きを見る

理学療法士は休みが取りづらい?

理学療法士だって有給を使ったり、連休を取って旅行へも行きたいですよね。休日でリフレッシュできれば体力的にも精神的にもかなり回復します。

休みの取りやすい職域は回復期の病院です。

回復期の病院はスタッフの人数が多いので休みのフォローがしやすいのです。

また患者は担当制なので、フォロー体制がしっかりしていると連休も取りやすいです。僕が2つ目に勤めた回復期の病院では8連休くらいしてアメリカ旅行にも行けました。

理学療法士に忙しい時期はあるのか?

理学療法士は月末・月初に総合実施計画書や報告書などの月末書類があります。

これらは患者さんやケアマネジャーに宛てる報告書ですのえ必ず必要です。

特に訪問リハビリなどの介護保険領域ではこの月末書類が多いです。

 

書類関係で仕事量が少ないのは回復期の病院です。担当患者が少ないので数人の患者の書類を作成するだけで済みます。退院時にはリハサマリーや退院指導などの書類が必要になります。

ただし入院患者を担当する日や家屋調査へ来訪した日にはバタバタと忙しくなるときがあります。

 

外来リハビリは担当患者数が多いので、一見書類関係も多くなりそうかと思いきやそんなに忙しくはありません。

必要なのは主に総合実施計画書のみなので、毎月同じようなテンプレの書類を用意しています。もちろん変わった箇所は変更しています。

 

理学療法士は職域や職場によって忙しさが異なります。

理学療法士の仕事が忙しいときの対策

忙しくなる要因としては主に書類関係です。

ですので、慣れてくれば月半ばから予め書類をこまめに準備しておくことで月末の負担を減らすことができます。月末なれば微調整を加えればほとんど残業せずに業務を終えることができます。

忙しすぎて辛い場合は転職も考えておきましょう

業務量が多すぎて辛すぎる場合は職場を変えることも考える必要があります。

 

ある職場では、

  • 21時に職場を出るのが当たり前
  • 17時には職場を出るのが当たり前

これくらいの違いがあります。ちなみにこの2つの職場は僕が実際に働いていた職場です。

新人〜4年目まで勤めていた職場は仕事量が多すぎて結局4年で辞めてしまいました。

その後に3つ職場を経験してきましたがどの職場もほとんど定時には帰れていました。今思えば21時なんて寝る直前の時間です。

特に4つ目の外来リハビリは17時には職場を出ていました。家も近かったので17時10分くらいには家についてゆっくりしていました。

 

同じ理学療法士でも仕事の忙しさはまったく違います。

 

しかも17時に帰っていた職場の給料が1番高いというのも良かったです。

早く帰れて給料も高い。そういう職場は探せば必ず見つかります。

 

理学療法士の仕事が忙しすぎて辞めたくなっている人は転職も考えてみましょう。

僕が実際に使った中でもマイナビコメディカルが親切・丁寧でおすすめです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

これらの地域にお住いの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルが間違いなくおすすめです。たくさんの求人情報がもらえます。

該当地域でない人は、メドフィットもおすすめのサイトです。

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

PTOTキャリアナビ

PTOTキャリアナビ

PTOTキャリアナビ

 

PTOTキャリアナビは、マッサージキャリアナビとも提携しており、そのため有料老人ホームや特別養護老人ホームなどの介護施設、クリニックや診療所の求人が非常に豊富です。

 

PTOTキャリアナビは主に、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・兵庫県在住の方が対象となります。

 

PTOTキャリアナビのアドバイザーの半数以上が介護、看護、医療分野で10年以上の経験を持つベテランであり、給与や待遇面の交渉はもしてくれます。相談してみてください。

PTOTキャリアナビでは、利用する人に都合に合わせて、電話、LINE、メールでのやりとりを選択できます

 

いますぐ登録したい人はこちら▼

 

PTOTキャリアナビの詳細ページはこちら

 

-PT・OT・STの働き方
-, , ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.