PT・OT・STで転職を考えている人へ▼

理学療法士がおすすめする転職サイト5選【厳選】

PT・OT・STの働き方

理学療法士のブラック企業とは?ヤバい職場からは早く抜け出そう

投稿日:

どうもかずぼーです。

 

理学療法士として働き出して「うちの職場ってめっちゃブラック企業じゃない?」と思い始めている人もいるのではないでしょうか?

 

この記事では、理学療法士のブラック企業ってどんな職場?というお話をします。

もしあなたの職場がブラック企業なら早く抜け出したほうがいいでしょう。

理学療法士のブラック企業ってどんな職場?

新卒で理学療法士の仕事を始めた人は、他の職場と比べる機会が少ないので「うちってブラック企業?」と気付きづらいと思います。

 

理学療法士のブラック企業は以下の通りです・

給料が安すぎる

少し前に理学療法士の正社員の月給が手取り13万円なんて呟きがツイートされていました。

理学療法士の給料は一般企業に比べて少し低い(理学療法士が平均年収410万円、一般企業の平均年収430万円)のですが、それでも手取り13万年は安すぎます。しかも非常勤ではなく正社員です。

手取り13万円ということは総支給でも17万円くらい?20万円もないということです。いくらなんでも国家資格の仕事がそれじゃあ低く見積もられすぎです。

給料を決めるのは会社ですので、理学療法士の価値をかなり低く見られています。

「給料のためのこの仕事を選んだんじゃないだろ」と言われれば反論ができないかもしれませんが、そんなに低い対価で満足できるでしょうか?理学療法士の資格を取る際の学費だってかなりかかっているかと思いますし。

残業手当がつかない

職場によっては残業が多い場合もあります。

僕が新卒〜4年目までに勤めていた職場は21時まで残って仕事をすることはザラにありました。

それで残業代がつくならいいのですが、暗黙ルールで残業代がつかず定時にはタイムカードを切られていました。普通にブラックですよね。

休日返上で勉強

専門職だから勉強するのは当たり前なのですが、休みの日に自腹をきって勉強会に参加するのもどうかと思います。これは業界全体がブラックなようにも感じます。

勉強会代を会社が負担してくれるならまだいいのですが、それでも休日が潰れてしまうわけで割に合わないと思ってしまいますよね。

しかも、その勉強が自分の給料アップにつながるのならいいですがそんなこともありません。

指導という名のパワハラ

若手ですと症例発表や症例検討会のような場が設けられるでしょう。その際にまとめたレポートやレジュメに寄ってたかってダメ出しを入れてくるのもこの業界の悪い風習です。

「患者のことを考えられていない」とか指摘しながら、ただ自分の主張を押し付けたいために非難するような症例発表会もあります。

若手にとって症例発表の場は多くは「勉強になる」というよりも、ただ「恐怖の場」でしかないのです。

福利厚生がしょぼい

一般企業だと「社宅」や「住宅手当」「扶養手当」などの福利厚生は当たり前にあったりします。

理学療法士の業界にそのような福利厚生が設けられている職場はかなり希少です。

それらの福利厚生が少しでもあれば、多少給料が低くてもお得なのですが、福利厚生がしょぼい割に給料も低いのではやってられません。

理学療法士のブラック企業からは早く抜け出そう

理学療法士のブラック企業についてみましたが、

あなたの職場はブラック企業ではないでしょうか?

 

少なくとも「うちの職場って働きやすくていいな」と思えないのであれば、どこかブラック企業な面があるのかもしれません。

 

理学療法士は「患者のための働く」ということを強く教育されてきているので、お金のことや自分たちの暮らしのことを優先すると一気に叩かれる傾向にあります。

仕事とは顧客にサービスの価値を提供するものであって、その対価として自分たちが豊かになるわけです。

自分たちが安く買い叩かれて、しんどい思いをしてまでその職場で働き続けることはありません。ましてや国家資格なのですから。

 

もしあなたの職場がブラック企業に当てはまるなら、すぐにその職場から離れたほうが良いでしょう。

あなたも勤めて最初の頃は「職場のおかしさ」に気付けていたはずです。ですが、その職場に勤め続けていると最初に感じていた違和感ですら感じなくなってくるのです。これは茹でガエル現象ともいいます。

悪い意味でだんだん慣れてきてしまいます。

理学療法士の職場は探せばいくらでもある

理学療法士の職場は探せばまだまだあります。

僕のおすすめしている転職サイトを利用すれば、理想の職場はすぐにでも見つかります。

理学療法士でもかなりホワイトな職場はありますので、ぜひ探してみてください。転職サイトの利用はすべて無料です。登録も簡単ですので覗いてみてください。

 

理学療法士の職場がブラック企業になる理由と特徴、2つの対策▼

理学療法士の職場がブラック企業になる理由と特徴、2つの対策

理学療法士として働いていると、「自分の職場って、ブラック企業じゃない?」 そう感じる人もいますよね。 例えば、残業代が出ないのに夜遅くまで居残って仕事をさせられている。有給休暇が取れない。勉強会強制参 ...

続きを見る

 

僕が実際に使った中でもマイナビコメディカルが親切・丁寧でおすすめです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

これらの地域にお住いの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルが間違いなくおすすめです。たくさんの求人情報がもらえます。

該当地域でない人は、メドフィットもおすすめのサイトです。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

PTOTキャリアナビ

PTOTキャリアナビ

PTOTキャリアナビ

 

PTOTキャリアナビは、マッサージキャリアナビとも提携しており、そのため有料老人ホームや特別養護老人ホームなどの介護施設、クリニックや診療所の求人が非常に豊富です。

 

PTOTキャリアナビは主に、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・兵庫県在住の方が対象となります。

 

PTOTキャリアナビのアドバイザーの半数以上が介護、看護、医療分野で10年以上の経験を持つベテランであり、給与や待遇面の交渉はもしてくれます。相談してみてください。

PTOTキャリアナビでは、利用する人に都合に合わせて、電話、LINE、メールでのやりとりを選択できます

 

いますぐ登録したい人はこちら▼

 

PTOTキャリアナビの詳細ページはこちら

 

-PT・OT・STの働き方
-, , , , , , ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.