PT・OT・STで転職を考えている人へ▼

理学療法士がおすすめする転職サイト5選【厳選】

PT・OT・STの働き方

【経験談】理学・作業療法士の勤務時間・仕事時間は職場によって異なる

投稿日:2019年5月7日 更新日:

理学・作業療法士の勤務時間・仕事時間は職場によってかなり異なります。

一般的な病院では、9時~17時まで仕事時間があり、その後はカルテなどの業務をして18時くらいに退社します。

「早出」や「遅出」を取り入れている病院や、外来リハビリで夜診をしているクリニックなどもあり、職場によって勤務時間は異なります。

 

僕自身は、回復期の病院2つ、訪問リハビリ、整形外科クリニックなど4つの職場を経験してきて、いろんな勤務スタイルを体感してきました。

そんな僕の経験談から、「理学・作業療法士の勤務時間・仕事時間」についてお伝えします。

この記事を読むことで、どんな働き方をしたいかを考えるきっかけになれば幸いです。

【経験談】理学・作業療法士の勤務時間・仕事時間は職場によって異なる

(例)とある一般的な病院・施設の勤務時間・仕事時間

一般的な病院では、9時~17時くらいが業務時間となっています。

8時30分~ 朝礼・ミーティング
9~12時 午前のリハビリ(最大9単位ほど)
12~13時 休憩
13~17時 午後のリハビリ(最大12単位ほど)
17~18時 カルテ記載、他業務

 

急性期や維持期、総合病院、施設(介護老人保健施設・特別養護老人ホーム)などでは上記のような勤務時間・仕事時間になります。

「早出」「遅出」を取り入れている病院もある

回復期の病院では、「早出」「遅出」を取り入れてる病院もあります。

以前僕が勤めていた回復期の病院を例に出すと、早出は6時半~15時まで。遅出は13時~21時まででした。

早出・遅出はそれぞれ月に2回ずつほど訪れます。なので、1週間に1回は早出か遅出出勤がありました。

なぜこのような早出・遅出があるかというと、入院患者の起床からリハビリ開始までの時間とリハビリ時間終了から就寝までをセラピスト誰かが病棟の日常生活で関わろうという取り組みのためです。

夜勤をすることも・・・

僕が勤めていた回復期の病院では、一時期夜勤をしていた時期もありました。理学・作業療法士が夜勤までする病院はかなり珍しいと思います。

勤務時間は16時~翌朝9時。休憩は0時~2時でした。この間に睡眠を取ります。人によっては夜勤は地獄ですね。僕はかなりきつかったです。

訪問リハビリは勤務時間でも割と自由

訪問リハビリとは、利用者のお宅にお邪魔してリハビリ業務を行うことを言います。

移動方法は車または原付バイク、自転車、徒歩など。

この移動時間は勤務時間内ではありますが、結構自由なことが多いです。例えば、コンビニに行っても良いし、時間に余裕があれば車の中で仮眠を取る人もいます。

僕が訪問看護ステーションに勤務していたときは、自転車移動でしたので時間に余裕があるときは公園でボーっとしているときもありました。

訪問リハビリは件数が多いときで7~8件くらい。

18時を過ぎてもリハビリをしている療法士もいます。他の業務が残っていれば、退社が19~21時くらいになることもあります。

特に報告書や計画書の作成に追われる月末は、残業をする人も多くいます。

整形外科クリニックは昼休憩が長い

クリニックの場合、昼休憩が長いのが特徴的です。

8時50分~ 朝礼
9~12時 午前のリハビリ
12~14時 休憩
14(15)~18(19)時 午後のリハビリ

 

午前中の診察が長引くことも考慮して、休憩時間を長くとっているクリニックがほとんどです。

 

僕も整形外科クリニックに勤務していますが、僕の場合は12時~14時まで昼休憩があります。

午後のリハビリは14時~17時までですので、昼休憩が長い割に午後も終わるのが早いというかなりホワイトな職場です。

【ホワイト企業】理学療法士が"働きやすい理想の職場"に転職した1日のルーティンを教える

転職経験者のかずぼーです。 僕は3回転職を経験して、今は整形外科クリニックで常勤として働いています。 正直、今が一番働きやすくて快適です。 まさにホワイトな会社なので、「こんな職場もあるんだぁ」と思っ ...

続きを見る

 

このように、理学・作業療法士の勤務時間・仕事時間といっても、職場によってかなりの違いがあること知ってください。

【経験談】理学療法士として、4つの職場の勤務時間・仕事時間を経験してきた感想

ここからは、それぞれ違う4つの職場を経験してきた僕の感想をお伝えします。

 

まず、最初に勤めた回復期の病院が9時~17時までの通常勤務でした。この病院は残業が多く、21時くらいまで居残って仕事をすることも多かったです。

この病院では「早出」「遅出」があったので、早出は朝が6時半からでしたので、早起きはきついのですが、15時に終わるのでサッと帰っていました。

遅出は12時からですので、早起きが苦手は僕としては朝が楽なのが嬉しかったです。ただ、仕事が終わる時間が21時で、帰ったら寝るだけになるので1日無駄にすることもあって残念に感じます。

 

一時期夜勤をしていた時期もありましたが、夜に強い人でないと体力的にも精神的にもかなりきついです。看護師さんは普通に夜勤をしていますが、はっきり言ってかなりタフだと思います。

 

2つ目に勤めた回復期の病院は、早出遅出や夜勤もなく、一般的な病院でしたのでほとんど残業なく帰ることができていました。

 

3つ目の訪問看護ステーションは、歩合制の非常勤でしたので、リハビリ時間以外は割と自由です。

例えば、朝のリハビリ時間が10時からだとすれば、出勤は9時半からでも良いですし、15時にリハビリが終われば、その後はカルテを書いて帰ることもできます。

 

4つ目は現在勤めている整形外科クリニックです。

前述しているように、僕の勤めるクリニックは昼休憩が2時間、業務終了は17時ですので、勤務時間としては短いです。

ただ、週2日は半日出勤、日・祝は休みと週6日出勤をしているので、その辺で帳尻が合わせられているかもしれません。

とはいえ、個人的には1日の勤務時間が午前・午後で3時間ずつなのは、身体的にかなり楽に感じます。

理学・作業療法士としてあなたが望む勤務時間・仕事時間を選択しよう

僕が4つの職場を見てきて、勤務時間・仕事時間は職場によって異なることがわかりました。

 

さらに言えば、勤務時間中でも自由な時間の多い職場もあります。

例えば、リハビリ診療以外の時間に雑務をしていたり、勉強と言って読書をしていても何も言われない職場もあります。こういう職場は結構あります。

ちなみに、僕の以前の職場も今の職場も空き時間があれば、参考書で勉強しています。

 

逆にノルマがあって、1日中朝から晩まで患者診療で埋まっている職場ですと、勤務時間中にほとんど自由な時間がありません。その辺りは職場の特性によるところです。

他にも、病院システムの改善などにも携わるように言われたり、業務とは全然関係のない忘年会の幹事を任されたり、そういう職場はかなり忙しくなるでしょう。

 

あなたな今の働き方に満足していますか?

もし今の職場に不満があるのなら、働き方を見直してみてはでしょう。

例えば、管理職についてしまえば、部下に指示すればあとは仕事をしてくれますよね。

訪問リハビリで歩合制にすれば、利用者とのリハビリ以外の時間は家に帰っても良いし、喫茶店でコーヒーを飲んでダラダラしてても良いわけです。以前の僕がそうでした。

 

今の僕は、家から自転車で3分の職場に勤務しています。つまり、家を出る時間ほぼイコール出社時間ということです。

12時に午前診が終われば、2時間休憩があるので、家に帰って昼寝。また14時から仕事をして17時に終わる。

 

さらに休日も職場によって違いますよ。

回復期の病院にいた頃は、平日休みが普通出したし、平日に連休を取って旅行に海外にも行けていました。ゴールデンウィークやお盆休みに旅行に行っても、どこも人が多いし割高ですからね。

理学・作業療法士の勤務時間、残業、休日数や休日の過ごし方について

理学療法士として働いていても、職場環境によって、勤務時間も残業の有無も大きく違います。また、休日数も違います。 目次1 理学・作業療法士の勤務時間について2 理学・作業療法士に残業はあるの?3 理学・ ...

続きを見る

 

こんな感じで職場によって勤務時間は変わりますので、あなたが目指す働き方を実現してみてください。

 

僕のブログでは、転職したい人に向けて、転職サイトを紹介しています。多くの求人の中から、あなたが理想とする職場を探せれば幸いです。

 

僕が実際に使った中でもマイナビコメディカルが親切・丁寧でおすすめです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

これらの地域にお住いの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルが間違いなくおすすめです。たくさんの求人情報がもらえます。

該当地域でない人は、メドフィットもおすすめのサイトです。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-PT・OT・STの働き方
-, , , ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.