PT・OT・STで転職を考えている人へ▼

理学療法士がおすすめする転職サイト5選【厳選】

就職先

【理学療法士の働き方】あなたはどの就職先が向いている?【実体験】

投稿日:

理学療法士として社会に出ると、「自分はどの就職先で働くのが向いているのだろう?」と悩むことってありますよね。

 

僕自身も10年のキャリアの中で転職3回、4つの職場を経験してきました。

僕は半年くらい「自分はどの就職先で働くと、楽しく働けるんだろう?」「どんな環境を選べば幸せなんだろう?」と悩んでいた時期もありました。

転職期間中にも、いろんな病院や施設見学も連日行かせてもらって、今の職場に転職することができています。

 

僕は、そこまで「これがやりたい」「こんな理学療法士になりたい」という像ははっきりはなくて、楽しく、ストレスなく働ければ良いなと「職場の雰囲気」「人間関係」を重視して、今の職場を選びました。

結果的には、この転職は成功して、人間関係の悩みはなく、毎日楽しく働くことができています。月給も約31万円と申し分はないです。

 

この記事を読めば、「こういう働き方をしたい人」には、「この就職先がおすすめですよ」というのがわかるようになっています。

例えば、集団行動が苦手という人は、訪問リハビリが良いですよ。皆んなで勉強したいという人は、回復期の病院が良いですよ。みたいな感じです。

 

僕自身は、10年目の理学療法士で、回復期リハビリテーション病院、デイケア、訪問リハビリ、外来リハビリ、介護老人保健施設、少しだけ教員も経験してきました。

ある程度幅広い職域を経験してきているので、信憑性は高いと思います。

【理学療法士の働き方】あなたはどの就職先が向いてる?【実体験】

「理学療法士としては」という専門的なことはとりあえず除いて、どんな働き方がしたいか、どんな生活をしたいかで就職先を選ぶ方法についてお伝えします。

病院が向ている人

病院の良いところは、病院では患者の回復過程がわかりやすく勉強になるところです。

職員の人数も多いので、頻回に勉強会が開かれたり、先輩が技術練習をしていることも多いので、これらを無料で受けることができます。

はっきり言ってお金を払って外部の勉強会に参加する必要性もなくなってきます。

 

回復期リハビリテーション病院では、平日休みが多いのも魅力的です。

平日休みですと、世間は皆は仕事をしていますので、どこに行ってもがら空きです。

連休を取って海外旅行へ行くことも可能です。

僕は働きながら6連休を取ってアメリカ旅行に行ったこともあります。

調べてみたのですが、ロサンゼルスへ6日間行くのに、お盆休みでは25万円します。それが、何でもない平日に同じ条件で旅行に行くとすると10~15万円なのです。

年1回以上は海外旅行に行きたい人にとっては、10~15万円の違いはかなりでかいですよね。安い時期に行って現地で遊んだり買い物するお金に使った方が断然お得。

回復期リハビリテーション病院の詳しい紹介はこちら▼

回復期の病院で8年勤めた理学療法士の僕が"回復期リハビリテーション病院の働き方"を詳しく解説

僕は理学療法士になって8年経ちますが、その間に2つの回復期リハビリテーション病院で実務経験を積んできました。   回復期のリハビリは、勉強になるからという理由で新卒者にも人気の分野です。 & ...

続きを見る

訪問リハビリが向いている人

訪問リハビリの良いところは、移動中に一人になれることです。

コンビニに寄ることもできるし、空き時間があれば車の中でボーっとすることもできます。公園のベンチに座って黄昏るのも良いでしょう。

要するに移動中は自由なのです。

また、周りの目を気にせず、利用者や家族と向き合うことができるのも良いですね。

他職種(看護師やケアマネ、介護士)、患者・家族との連携も重要であり、コミュニケーション力が求められます。

訪問リハビリの詳しい紹介はこちら▼

訪問リハビリの魅力とは?病院から訪問リハビリへ転職した理学療法士が思うこと

僕は、8年間回復期リハビリテーション病院に勤務し、その後に訪問リハビリに従事した経験があります。 病院で働く療法士は、退院後の生活を見据えながら患者さんのリハビリをしていますが、退院していく患者さんを ...

続きを見る

外来リハビリが向ている人

外来リハビリの良いところは、介助量が少ないところ。リハビリ拒否とは無縁なところです。

病院にいる人なら悩むことですが、「患者さんの介助量が多くて腰が痛くなった」「リハビリ拒否が強くて手に負えない」なんてことが、外来リハビリでは起こりえないのです。当たり前と言えば当たり前ですが。

まず、外来リハビリに来られる患者は、自分の足で来る人が大半、あっても患者の家族の付き添いで来られます。よって、それほど介助量を必要としない方が大半なのです。

また、当然ですが「リハビリ拒否」で悩むこともありません。リハビリが嫌ならそもそも来院してきませんのでね。

 

「外来リハビリって、1単位でしょ?じっくり診れないのでは?」そう思う人も多いでしょうが、それほど短くは感じません。

外来リハビリの主な主訴は痛みです。もちろん、それ以外にもありますが、生活面の全てを把握するのは時間がないので不可能です。

沢山の患者の症状を診ることができるので、とても勉強になります。

「忙しいのでは?」と心配する人もいますが、ちなみに、現在の僕の就職先が外来リハビリで、残業をしたことが一度もありません。定時上がりです。

外来リハビリの詳しい紹介はこちら▼

【転職体験談】理学療法士が「整形外科クリニック」で働く10のメリット

理学療法士が活躍できる場って、沢山ありますよね。 僕が若手の頃は、給料や休日日数のことは二の次で、「勉強できるところ」を優先して病院で働くことを決めました。   そんな僕も9年目になり、これ ...

続きを見る

施設が向ている人

施設(介護老人保健施設や特別養護老人ホーム)では、利用者と関わる時間はとても短く1単位(20分)程度です。なので、担当する利用者数も多くなります。

僕は実習で老健を経験していますが、定時前には診療が終わって、結構ゆっくりしていましたね。老健の良いところは、病院に比べてちょっと緩いところ。特養も同じような感じですね。

他にもデイケアもあります。病院や施設に併設してあるところや訪問リハビリなどと併設してあるところもあります。

介護老人保健施設の詳しい紹介はこちら▼

「介護老人保険施設」で働く理学療法士の友人に実際の働き方を聞いてみた

僕は理学療法士9年目になります。 同じ理学療法士の古くからの友人(9年目)に「介護老人保健施設」の働き方を詳しく聞かせていただきました。 目次1 介護老人保険施設の特徴2 どんな疾患・能力の利用者が多 ...

続きを見る

教員に向いている人

僕は1年間、週1回だけ教員の補助講師をしていたこともあります。

教えるのが好きな人は教員に絶対向いてると思います。また、若い学生とお話できるもリフレッシュになりますね。普段は高齢者を相手にすることが多いので。

僕の同期にも教員をしている友人がいますが、授業の合間に資料を作ったり、夜間部の授業を担当したり、忙しさはあるようです。

教員になるには、臨床経験5年以上、大学で教員をするには「学士」や「修士」「博士」などの学位を取得する必要がありますので注意してください。

ただ、僕の同期は病院に併設している専門学校なので、特に学位はなくても、臨床経験5年以上という条件だけで就職することができています。

あなたに合った働き方・生き方を見つけよう

理学療法士が主に働く職域の特徴を解説しました。

あくまでも、僕の10年のキャリアでいろんな就職先を見てきた「働き方」についてお伝えしています。

なので、ここで紹介した以外にも、スポーツ整形や小児、などなど他にもあると思います。

 

仕事をする上では、仕事内容ももちろん大切ですが、仕事内容以外の特徴を知っておけばストレスなく働くことができると思います。

僕自身も回復期リハビリテーション病院や、訪問リハビリ、デイケア、老健、外来リハビリなどを経験してきて、仕事内容だけで「就職先」を決めない方がストレスなく生きていけることを感じています。

 

現在の僕は整形外科クリニックに就職していますが、特に不満なく働くことができています。

冒頭でもお伝えしていますが、僕は半年くらい「どんな職場で働くのが、自分にとって幸せなのか」を考えていました。

「人間関係の良い職場が良いな」という結論に至って、転職サイトにも登録して就職活動を始めました。結果、満足のいく転職をすることができました。

 

もちろん、人間関係だけでなく「給料は多いほうが良い」「休日は多いほうが良い」など、個人によって優先したいことがあると思います。

一人で就職先を探すより、多くの情報が得られる転職サイトを利用しよう

就職活動をする際は自分一人で探すだけでは情報が不足する恐れがあるので、必ず転職サイトも使っておいたほうが良いと思います。

 

転職サイトを使うメリットは、

  • 条件に合った求人を紹介してくれる
  • 応募先への連絡も代行してくれる
  • 履歴書の添削や面接の対策もしてくれる

「ここに就職したい」と思えば、圧倒的に内定されやすくなりますし、面倒な転職活動が一気に楽になります。

これらのサービスが無料なので、使わない理由はありませんね。

 

僕も転職サイトを使って、多くの求人の中から今の働きやすい職場を見つけることができました。

 

このブログは転職サイトを紹介していますが、僕が実際に使った中でもマイナビコメディカルが親切・丁寧でおすすめです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

これらの地域にお住いの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルが間違いなくおすすめです。たくさんの求人情報がもらえます。

該当地域でない人は、メドフィットもおすすめのサイトです。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-就職先
-, ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.