PT・OT・STで転職を考えている人へ▼

理学療法士がおすすめする転職サイト5選【厳選】

仕事の悩み

【体験談】理学療法士のいじめ・パワハラ問題【まとめ】

投稿日:

理学療法士の業界は、どこか体育会系のノリなとろこがあります。

実習ではレポートや課題が多く、睡眠もまともに取れないなんてこともあるくらいハードです。

症例発表では尋問みたいな質問が飛び交い、まらに地獄絵図。勉強会も強制参加。などなど。

 

この業界にいると感覚がマヒしてきますが、他の業界に入れば普通におかしいことに気づくはずです。

指導と言えば聞こえは良いですが、度が過ぎればいじめ・パワハラにあたる部分もあり得ます。

 

ということで、理学療法士にありがちないじめ・パワハラ問題を僕の体験談も踏まえてお伝えします。

この記事を読めば、理学療法士界隈でどのようないじめ・パワハラが横行しているのかがわかります。

【体験談】理学療法士のいじめ・パワハラ問題【まとめ】

理学療法士のいじめ・パワハラには、以下のものがあります。

教育や指導と言えばそうなのですが、度が過ぎると健康被害、場合によっては精神が病み、自殺する人もいるくらいですので、よく知っておいてほしいです。

  1. 寝不足に追い込まれる
  2. 人格否定
  3. 症例発表という名の暴論会
  4. 強制残業
  5. 仕事を振りまくる

これくらいのことは、よくあり得るので注意してください。

寝不足に追い込まれる

実習生ではよくあることですが、レポートや課題が多すぎて、その日のうちに終わらず寝られないということがあります。

レポートの出来は実習の合否に関わるので手を抜けないのは事実としてあります。

ただ症例報告やデイリーノートなどで、あまりにも課題が多いと、徹夜でそれらを仕上がることもあります。

僕も理学療法士1年目の頃は、実習生と同じようなレポートを毎日していました。同期と漫画喫茶で徹夜して仕上げていたこともありました。

1年目理学療法士「忙しい、辛い、辞めたい」と悩んでいた僕のささやかな夢

僕は8年目になる理学療法士なのですが、臨床駆け出しの1年目の頃は辞めようかと思うほどそれはそれは辛かったです。 何が辛かったというと、 ・サービス残業 ・キツい指導・教育 ・症例発表(年3回) 簡単に ...

続きを見る

酷い場合には、いろんな課題を課せられて寝られない日々を過ごすこともありました。

実習生では睡眠時間が30分とか普通にある業界です。しかも毎日です。ここまでくるとパワハラに当たると思いますがね。

指導者は、指導される人の体調管理も含めてマネジメントするべきだと僕は考えています。

人格否定

仕事に慣れていないと、知らないことことが出てきたり、いろんなミスも犯してしまいます。

仕事内容に関する指摘やアドバイスなら良いのですが、時に行き過ぎた指導をされることもあります。

例えば、「そんなことも知らないの?この仕事に向いてないね」「責任感がない。一体何を学んできたの?」などと、問題とは関係のない人格否定をする人もいます。

僕も1年目でまだ仕事に慣れていない時期に、とある看護師からいじめまがいのことをされていたこともありました。

【いじめ経験談】コミュ障の新人理学療法士が職場でいじめられたときの対策

理学療法士のかずぼーです。   僕の新人時代は、他の同期と比べてもあまり出来の良いほうではありませんでした。実習時代も、バイザーに手取り足取り教えてもらって何とかクリアしてきたレベル。 その ...

続きを見る

知らないことは調べてすぐに実施できるようにすれば良いだけですし、注意力が低下していてミスが起きているなら注意の要さないようなシステム作りをするべきだと僕は思います。

人のせいや人格否定をしたところで問題は解決しないですし、モチベーションが下がるだけです。

症例発表という名の暴論会

実習生では当たり前に「症例発表」がありますよね。

もちろん、僕も実習生時代は症例発表をしましたし、1年目のときも年に3回症例発表をしていました。

発表することはとても勉強になるのですが、中には質問攻めをしたり、嫌みなことを言う人もいます。

僕も新人時代は散々なことを言われました。「何でこの評価をしていないの?」「そう思う根拠は?」「調べてかないとダメでしょ」

確かにおっしゃることは正論なのですが、こちらも業務をこなしながら発表用資料を作っているわけです。ちょっとくらい配慮してくれても良いじゃないですかと思うのです。

理学療法士の業界は、症例発表にめちゃくちゃ厳しい面もあると思います。発表中に泣いてしまう人もいるくらいですから、見る人が見ればいじめかパワハラに当たる危険性があると僕は思います。

強制残業

理学療法士は、勉強会や症例発表、その他の業務などで強制的に居残りすることが多い業界です。

僕も以前の職場では、残業が多くて21時くらいまでいつも居残っていました。

病院勤務時代の”残業の多さ”に疲れて転職した理学療法士の話

理学療法士が転職する理由の中で、上位に入ってくるものとして「残業の多さ」が挙げられます。   あなたも仕事をしていて、こんな悩みはありませんか? 「残業が多くて、疲れたとれない・・・」 「帰 ...

続きを見る

しかも残業代も出ません。

ちなみに、このようなサービス産業は法律違反にあたります。なので、管理者は、これは本人の自主性に任せていると言いがちです。

給料も発生しないのに、残業を余儀なくするって、それはつまり奴隷だと僕は思うのです。

仕事を振りまくる

なぜか、めちゃくちゃに仕事を振られまくる人がいます。

それは「仕事ができる人」なのかもしれませんし、「雑用くらいこいつに振っておけ」と思われている場合もあります。

僕も最初に勤めた職場では、いろんな業務を振られててんやわんやになっていた記憶があります。

「これだったら、適当に手を抜いたほうがマシなんじゃ」とすら思うほどです。

 

本人から率先してやりたい仕事を引き受けているならまだ良いですし、仕事を振られてそれが出世に必要ならまだ良いと思います。

ですが、ただ仕事を振ってサービス残業だけしているようでは、はっきり言っていじめに値します。

それなら、逆に仕事を振られず定時でサッと帰っている人のほうが得することになりますからね。

いじめ・パワハラから身を守るには?

いじめやパワハラは、実はやってる本人は気づいていないことが多いのです。

指導のつもりできつく当たったりしている人もありますが、やられる方は精神的にきついですよね。

指導と言われればそれまでですし、いじめやパワハラとの区別は難しいところです。

あからさまにいじめがあるようなら、上司やさらに上層部に相談して対策を打ってもらいましょう。

理学療法士のパワハラ問題について。自分の身を守る具体的な2つの対策

理学療法士は、実習が過酷なことで有名な業界です。 理学療法士療法士を志している学生や、もう理学療法士の資格を取った人なら「理学療法士の実習はきつい」ってイメージを持っているものだと思います。 &nbs ...

続きを見る

病んでしまう前に転職したほうが良い

いじめやパワハラで、自分自身が病んでしまってはいけません。

僕の知り合いでも鬱になって、その後働くのが難しくなって休職していた人もいるくらいです。

場合によっては、転職をして働く人や環境を変えるほうが良いこともあります。

病気になったり心身共に使えた状態ですとリスクを取ることができなくなってしまいます。

「そんなこと言っても辞められないんです」と言う人もいますが、転職は誰でも経験していることですし、僕も3回転職を経験しています。

いじめやパワハラを受けてまでそこで働き続ける理由はないと思います。

僕は転職したことで、人間関係も改善され、給料も上がり、残業もない職場で働くことができています。

【転職成功談】理学療法士の僕が転職して給料・時間・人間関係が改善された話

理学療法士のかずぼーです。 僕は、9年のキャリアの中で転職を3回しています。 転職した理由は、「給料を上げたい」「時間が欲しい」「人間関係の良い職場に移りたい」など、さまざまでした。   現 ...

続きを見る

 

仕事を辞めたくなる理由のほとんどが人間関係です。あなたが病む前に、環境を変えることも考えてみてはどうでしょう。

【PT/OT/ST】人間関係が原因で仕事を辞めたい!?人は簡単に変えられないが環境は変えられるよ。

仕事をする上で、人間関係があまり良くないというの結構耳にする話です。 特にリハ職は若い人も多いので、周りの先輩や他部署(医師や看護師)に気を使っている人も多いと思います。   あなたはどうで ...

続きを見る

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-仕事の悩み
-,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.