PT・OT・STで転職を考えている人へ▼

理学療法士がおすすめする転職サイト5選【厳選】

PT・OT・STの働き方

理学療法士が残業せずに帰るメリット!残業が少ない職場の4つ特徴も教える

投稿日:2019年4月23日 更新日:

僕は10年理学療法士をしていますが、残業は絶対にしたくないと考えています。

僕はもう1年以上は全く残業をしていません。

 

今の職場に転職して、最初の頃は仕事に慣れていなかったので、17時時30分まで残っていたことが一度だけありました。

受付さん「戸締りお願いします!」

僕は「え?皆んなもう帰るの?僕が最後?」

こんな感じで17時30分まで残る人は、まぁいません。

このように残業なしの職場で1年働いてみて、残業なしが如何にメリットのあることかをお伝えします。そして、残業の少ない職場の特徴もお伝えします。

理学療法士が残業せずに帰るメリット

毎日19時や20時まで残っている人には申し訳ないですが、17時に仕事が終わると1日の時間がかなり余ります。

これは嬉しい悩みなのですが、どうやって時間を潰そうかなと考えるくらいです。まぁ暇ですよ。

僕は職場から家が近い(自転車で3分、徒歩8分)ので、17時に仕事が終わり、近くのスーパーで買い物してから帰っても、家に着くのが17時30分くらいです。

通勤で消耗してない!?理学療法士が家から3分で着く職場に転職して変わったこと

理学療法士のかずぼーです。   9年のキャリアの中で、転職を3回し、現在4つ目の職場を経験しています。   「あなたは通勤時間で消耗してない?」って話なのですが、日本は通勤時間の長 ...

続きを見る

 

そこからお風呂に入り、ご飯を食べても18時くらいです。

さぁ、ここからは自由な時間です。

 

あなたならどのように過ごしますか?

 

  • テレビを存分に観ることもできる
  • 映画を観ることもできる、なんなら映画館に行っても良い
  • お酒を呑んでゆっくりすることもできる(僕はこれ)
  • 本を読むこともできる
  • 子供と遊ぶこももできる

奥さんの家事を手伝うともできるし、率先して家事をすることも難しくないでしょう。

 

かずぼー
僕は毎日暇なので、本読んで、家の掃除して、酒飲んで、ブログ書いてます!

 

理学療法士の僕はなぜ残業がないのか?

なぜそんなに残業がないのかと言うと簡単なことで、残業をしたくない僕は、残業の少なそうな職場を探したからです。

僕も最初に勤めた職場は、毎日21時くらいに終わっていました。

当時は車で30分かけて通勤していたので帰ると22時前です。

そこからご飯を食べて、風呂に入るともう寝る時間になります。まず仕事の日は、自分の時間なんてほとんどないようなものでした。

残業が多くて辞めた理学療法士の話▼

病院勤務時代の”残業の多さ”に疲れて転職した理学療法士の話

理学療法士が転職する理由の中で、上位に入ってくるものとして「残業の多さ」が挙げられます。   あなたも仕事をしていて、こんな悩みはありませんか? 「残業が多くて、疲れたとれない・・・」 「帰 ...

続きを見る

 

かずぼー
こんな人生楽しいの?

そう思ってきたのです。

 

転職するなら自由な時間を確保できる職場が良い!

そう思って、5年目になる年で転職活動をしていました。

実際ネットで探しても、本当に残業が少ないかなんてわからないものです。

なので、転職サイトを使ってできるだけ多くの情報を集めていきました。

今の全く残業のない職場を見つけられたのも、転職サイトを使って多くの情報を集めていたからです。

理学・作業療法士におすすめの転職サイト5選【厳選】▼

理学療法士におすすめの転職サイト5選をランキングでご紹介【体験談から厳選】

転職経験者の理学療法士のかずぼーです。   僕は転職を期に、病院や訪問リハビリ、整形外科クリニックを経験してきました。そのおかげで患者を診る目や知識・技術が養われてきたと感じています。 &n ...

続きを見る

残業が少ない職場の4つの特徴

残業の少ない職場の特徴ですが、

  1. 仕事内容がシンプル
  2. 人数が少ない(規模が小さい)
  3. 残業できる空気ではない
  4. 臨床に熱心すぎる人がいない

です。

1.仕事内容がシンプル

残業が多いのは、仕事が複雑だからです。

例えば、多職種との連携が必要でだったり、書類作成が必要であったり、報告・会議などで何工程も踏まないとその仕事が進まないみたいなのは時間がかかって当たり前です

僕の今の職場では、仕事がシンプルです。だから残業がないのです。

患者を診てカルテを書いて、たまに書類を作って終わりです。書類も書式がすでにあるので、作成時間もほとんどかかりません。

2.人数が少ない(規模が小さい)

残業が嫌なら、人数が少ない、規模が小さい職場を選んだ方が良いです。

なぜかと言うと、人数が多い、規模が大きい病院や施設では、多くの人の意見をまとめるための係や委員会があるからです。

もちろん、大人数をまとめるのが好きな人はそこを選べば良いと思います。ただし、残業は多くなりがちですが。

なので、本来患者診療の以外の時間に会議をしたり、それらをまとめるための議事録をまた作ったりするので、残業が多くなるのです。

一方、人数が少ないとそもそも内輪だけの意思決定で話が終わるので、無駄な会議も議事録も必要ないのです。

3.残業できる空気ではない

研究で遅くまで残っている人がいると、定時に帰ると仕事してない風に見られるので、なぜか無駄に残ってしまう人が続出します。

研究も貴重な経験なのですが、個人の実績にはなりますが、時間はかかるし、給料にも直接反映はされないのが現状です。

なので、やりたい人はやったほうが良いし、やりたくない人は無理にやる必要はないと考えています。

僕の今の職場は17時30分で全員いなくなるので、逆に残業できないんですよね。

なので、職場の空気も非常に大切です。

4.臨床に熱心すぎる人がいない

臨床の知識がある人が権力を発揮しやすいので、仕事終わりに実技練習や勉強会を無理矢理参加させたりするケースもあります。

臨床に熱すぎる人がいると、絶対残業が多くなります。本来やるべき仕事を放ったらかして勉強会に参加する空気が生まれます。

当然、自主的な勉強会なので残業代なんて出ません。

勉強会ももちろん大事なのですが、少しでも自分の時間を確保したいのなら、臨床には熱すぎず冷めすぎずくらいの温度感の人たちがいる職場を探した方が良いです。

そもそも勉強は参考書を読んですれば良いのです。僕はそうしています。

「残業せず、自由な時間がほしい」なら今すぐ残業のない職場へ転職しよう!

理学療法士は、患者の役に立てる尊い仕事だとは思います。

でも、この業界はあまりにも自分の時間を犠牲しすぎていると思います。

 

高い学費に、サービス残業、研究や発表に費やす時間を考えると、もっと給料を貰えても良いくらいに思います。

残念なことに、給料の高さはどれだけ働いたかには比例せず、しっかりと世に価値を提供した質と量によって決まります。

残業もせずに給料を上げたいのなら、残業なしで給料の高い職場に勤めるのが最も簡単な方法です。

 

僕は転職しただけで年収は50万円アップしました。月給で言えば24万円から31万円にアップしたのです。転職しただけでです。

しかも残業は一切ない職場ですので、どう考えても割が良いわけです。

理学療法士が転職しただけで年収50万円UPしたリアルな話

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士として働いていると、「このまま今のところで勤めていて給料は増えるのか」って気になってきますよね。旦那さんだけの収入で家族を養っている家庭では特に。 若い療法士も、これ ...

続きを見る

 

もちろん、今の職場で残業を減らす努力も必要です。

仕事の段取りを決めておいたり、自分ができる仕事以外を他人に任せるなどのある程度の工夫も必要です。

理学療法士が"残業をせず、定時で帰る"ための5つの方法

理学療法士9年目のかずぼーです。   僕は社会人になってから「できるなら残業はしたくない」と思い、業務が終わればさっさと帰っていた人間でした。 今でも、無駄に職場に残ることはありません。 & ...

続きを見る

 

「残業せず、自由な時間がほしい」

そう思う人は、今すぐ残業のない職場を探してみてください。

給料も良くて残業もない職場は、辞める人が少ないです。

なので、募集がかかればすぐに情報を集められるように、僕も実際に使っていた転職サイトへ登録しておくことをおすすめします。登録は無料です。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-PT・OT・STの働き方
-,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.