Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/heatwaid03/tento-yobou.net/public_html/kazubonavi/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
【体験談】理学療法士の仕事はストレスがやばい?【脱ストレスのススメ】 - かずぼーの働き方なび

PT・OT・STで転職を考えている人へ▼

理学療法士がおすすめする転職サイト5選【厳選】

働き方

【体験談】理学療法士の仕事はストレスがやばい?【脱ストレスのススメ】

投稿日:2019年2月6日 更新日:

「理学療法士として働いてると、ストレスがやばい」

「業務量も多いし、患者や上司とのコミュニケーションもまともにとれない」

「マジで辞めたいんだけど・・・」

 

でも、「今辞めても、次の就職先が決まるかもわからないし、給料が下がるかもしれない・・・不安」

 

このまま働き続けたほうがマシなのかな?

 

ストレスを抱えながらも、辞めることに対して不安を抱えながら働く人もいるでしょう。

 

僕も1年目の頃はかなりストレスのかかる状況でした。

僕は転職を3回していますが、転職をしたことでストレスなく仕事ができています。

今では「理学療法士の仕事はとても尊く、何より楽しい仕事」と感じることができています。

これは僕がストレスなく働けていて、心にがあるから言えることではあります。

 

この記事を読むことで、「理学療法士の仕事を楽しい 」と思うことができれば幸いです。

【体験談】理学療法士は仕事のストレスがやばい

理学療法士の仕事は、どこか体育会系な面もあります。

例えば、研究や論文発表、症例発表のため夜の22時くらいまで残業するような職場もザラにあります。

 

僕が最初に勤めた職場は、症例発表の準備のために23時まで毎日居残りしていたこともありました。

他にも、後輩の指導のために居残り、実習生指導や係・委員会などの話し合いで何かと都合をつけて居残りがありました。

僕は残業の多さに「これは長く勤められない」と感じて、5年目になる年で転職しています。

病院勤務時代の”残業の多さ”に疲れて転職した理学療法士の話

理学療法士が転職する理由の中で、上位に入ってくるものとして「残業の多さ」が挙げられます。   あなたも仕事をしていて、こんな悩みはありませんか? 「残業が多くて、疲れたとれない・・・」 「帰 ...

続きを見る

 

僕としては、ハゲても良いから、肌がどれだけ荒れても良いから、こんな仕事早く終わって欲しいと思ってました。笑

それくらい、仕事に対するストレスが半端なかったのです。

業務量も残業も多い中で僕は丸4年勤めていましたが、1年目で辞めてしまった同期もいました。

1年目理学療法士「辛い、面白くない」と悩んで辞めた僕の同期の話

僕が1年目理学療法士のときに、同期の1人が「辛い、面白くない。」と悩んでいました。 辞めた理由は後で詳しく書いていますが、僕らの1年目といえば、 ・サービス残業 ・キツい指導・教育 ・症例発表(年3回 ...

続きを見る

あなたがストレスを抱えるのは弊害でしかない

理学療法士の本来の仕事は「患者をより良く」し、社会復帰の手助けをすることですよね。

ただし、理学療法士は患者診療以外の業務も多く抱えています。

残業が多くて帰りが遅くなり、患者のことを考える時間も精神的余裕もなければ「患者をより良くする」という本来の役割から離れてしまいます。

ましてや、日々業務量が多く、上司からのプレッシャーに耐えているような環境では、他人(患者)を思いやる気持ちも欠けてしまうかもしれません。

あなた自身がストレスを抱えているような環境では、かえって患者にとっても弊害になってしまう恐れがあるのです。

理学療法士がストレスを抱えながら患者と関わることの弊害

仕事をする上で、ストレスの原因となりやすいのが「人間関係」。退職した人が抱えていた悩みのほとんどがこれです。   こちらのグラフ▼をご覧ください。 引用)http://mmsjp.info/ ...

続きを見る

ストレスであなたが鬱になってはいけない

遅くまで残業したり、上司からの無理難題に応えているうちに、あなた自身が潰れてしまう恐れもあります。

そもそもストレスを抱え、心身ともに疲れ張っている状態では、最高のパフォーマンスは出せません。

もし、きつい環境が悪化して精神的に参ってしまえば、取り返しのつかないことになります。

例えば、鬱病になれば治癒するのもにかなりの時間を要します。

「患者のために」「会社のために」と頑張って人から、身体を壊す羽目になってしまいます。それでは意味がありません。

適度に手を抜くことも大切なのです。

無理せず転職を考えよう【脱ストレスのススメ】

環境を変えるだけで一切残業なしという職場もあります。

僕も業務が忙しく、ストレスがかかっている状態で、後輩や患者に対して優しくできていなかったと今では感じています。

ちょっとしたことで後輩を攻めたり、なかなかリハビリに協力してくれない患者にも「なんでちゃんとやってくれないの?」と憤りを感じて、それもストレスに感じていました。

それは、自分に余裕がなかったからだと思います。

今の僕の職場は、残業がなくストレスフリーの状態で楽しく働くことができています。

仕事は1日の大半を占めます。どうせ働くなら、楽しい職場に就きたいと思いませんか?

仕事が楽しいほうが、自分も気持ちが良いし、良いサービスを提供できると思うのです。

【ホワイト企業】理学療法士が"働きやすい理想の職場"に転職した1日のルーティンを教える

転職経験者のかずぼーです。 僕は3回転職を経験して、今は整形外科クリニックで常勤として働いています。 正直、今が一番働きやすくて快適です。 まさにホワイトな会社なので、「こんな職場もあるんだぁ」と思っ ...

続きを見る

理学療法士は今の職場を辞めても何とかなる

理学療法士として、働くことにストレスを感じているなら転職するのもありです。

理学療法士の僕は転職を3回経験し、残業なしで給料が上がることもよくあります。

 

理学療法士は有資格者のため、転職したとしても就職先は多くあるので、転職へのハードルは低いといえます。

また、転職したことで給料が上がることありますし、定時でサッと帰ることもできます。

ストレスで鬱になるまで追い詰められた人が、仕事を続けるのはかなりしんどいと思います。

 

精神的に病みそうなら、転職期間中に思い切って1ヶ月くらいは休むのも良いでしょう。

僕もストレスで仕事が嫌になったこともあり、1ヶ月以上は休みをとったことがあります。

休み期間中は、海外旅行に行ったり、好きなだけダラダラしていました。

個人的には、休みは1ヶ月くらいにしておいた方が良いと考えています。それ以上は逆にやることがなくなり、1日をただ消化するだけの毎日になり、逆に気分が落ち込んできます。

理学療法士の転職では長期間ブランクを作らないほうが良い5つの理由

転職を3回経験している理学療法士のかずぼーです。   仕事を辞めると決めてからは、「よ~し、せっかくだから思いっきり休もう!」と思うものです。 「海外旅行に行こうかな?」 「やりたかったゲー ...

続きを見る

僕は転職してストレスフリーになった

僕も最初辞めるのには勇気がいりました。

しかし、辞めてみると人生変わったと思います。

僕は転職したことでえ、今が一番働きやすい職場で働くことができています。

 

理学療法士の仕事でストレスを感じている人は、少し行動を起こしてみることで今よりも良い方法へ動き出すはずです。

何もしなければ今のままです。

無理して働くのはやめよう

もし、あなたが転職しようと考えたときに、周りは「辞めないほうが良い」と言ってくるかもしれません。

 

「給料が下がるかもしれない」

「あなたが変わらないと、どこへ行っても同じ」

など、いろんな理由を付けてあなたが変わることを阻止してくるでしょう。

 

でも、あなた自身を肯定してくれる人と話をしたほうが良いです。

自分自身が、今よりも変わりたいと思った気持ちが正直な気持ちなのでえす。

 

あなたが今の職場から気持ちが離れているのなら、客観的にアドバイスをくれる人と話しましょう。

例えば、信頼のおける同期や仲の良い友人などに相談するのが良いでしょう。

 

今の働き方に関して相談する人がいないなら、転職エージェントに頼りましょう。

転職エージェントは就職・転職のプロです。

転職サイトに登録すれば、あなたに合った働き方を助言してくれます。

  • どの領域で働きたいのか
  • どのくらいの給料が良いのか
  • どんな雰囲気の職場が良いのか
  • 残業はあるのか
  • 昇給やボーナスはどれくらいあるのか

これらの疑問に全て答えてくれます。

 

正直、給料のことや人間関係は会社には聞きにくいことですよね。

働いてからもし不満があっても、どうしようもできません。

職場の人間関係や給料のことは、事前にわかっているに越したことはありません。

また同じようなストレスを感じるのは、避けた方が良いですよね。

 

今の働き方にストレスを感じている人は、環境を変えることを考えましょう。

まずは転職エージェントに相談してみるところからです。

転職サイトのサービスは、無料です。使わない手はありません。

 

このブログは、僕が使ってみた転職サイトを紹介しています。中でもマイナビコメディカルが親切・丁寧でおすすめです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

これらの地域にお住いの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルが間違いなくおすすめです。たくさんの求人情報がもらえます。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-働き方
-,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.