働き方

40代理学療法士が転職に成功するには?注意点と仕事の選び方

投稿日:2018年10月11日 更新日:

40歳を超えた理学療法士でも転職できるのか心配になっている人もいると思います。

一般的には、40代は20代よりも転職の面では不利になりやすいです。理学療法士も同じことです。

40代は、20代と比べても体力は落ちているので、若いときほど活気があるわけではありませんし、見た目も若くはないので患者やスタッフにチヤホヤされることもありません。

ましてや人生経験を重ねた分、固定観念やプライドを持ってるいる人もいるでしょう。

 

転職すると給料が下がる場合が多いので、独身ならまだ転職しやすいですが、40代の転職は家庭を持っている人にとってはリスクを伴う可能性もあります。

理学療法士は転職しやすい業界ですので40代でも転職は十分可能なのですが、いろいろ整理しておくことがあります。

ここでは、40代の理学療法士が転職する際の注意点や仕事の選び方について解説しています。

40代の理学療法士が転職する際の注意点

40代になると、自分の気持ちだけで転職するのはリスクを伴います。

例えば、「今の職場の人間関係が嫌」「やりたくない仕事をしている」から転職しようと考えるのは、危険です。

40代ですと、家庭を持ってる人がほとんどだと思います。ましてや子供がいる人では、子供の学費や生活費のことも考えなければいけません。

つまり、給料ダウンはできるだけ避けたほうが賢明です。

20代前半なら給料が下がったとしてもサクッと転職して、実績をコツコツ積めば取り返しがつきますが、40代で転職して給料が下がってしまうと生活自体が苦しくなってしまいます。たとえ仕事が充実したとしても、家族がを養うだけの十分なお金がないと転職したことを後悔しかねません。

退職金のことを考えても、勤続年数が長いほうがより多く貰えますし。

 

40代で同じ職場でキャリアを積んできた人は、今の職場で解決できることはないかをまずは考えましょう。

転職することで給料が上がるのなら転職は大いにありですが、転職することで給料が下がる可能性のほうが高いのです。

 

40代でも、独身の方や子供が成人を迎え一人立ちした人は、やりたいことのために転職するのもありです。働きやすい職場を探しましょう。

40代は20代に比べると転職では不利になる

20代と40代を同時に面接した場合、どちらから1人を採用するという条件なら、採用者は迷わず20代を選ぶでしょう。

理学療法士は、単位数を多く取ることで会社の利益になります。そうすると、20代でも40代でも同じ単価なわけです。20代のほうが体力はあるし、多く単位を稼ぎそうですよね。

20代のほうが基本給を低く抑えられますし、患者・スタッフウケも良いです。将来性もあります。40代は、20代よりも転職の面では不利になってしまいます。

40代はどんな職場を選べば有利なのか?

40代でも、転職においてアドバンテージを発揮する場合があります。

例えば、管理職や役職者を欲している職場があったらどうでしょう。

社会経験、人生経験が豊富な40代のほうが、人をまとめるのが上手そうだと判断されやすくなります。

学会発表の実績や何とか認定士などのわかりやすい実績がなくても、歳を重ねているというだけで優遇されます。

 

管理職、年収500万円以上の求人を探すならPTOT人材バンクがおすすめ▼

リハ職の新卒・学生も利用可「PT/OT人材バンク」の5つの特徴

僕が転職する際に活用したのが、リハ職に特化した転職サイトPTOT人材バンク でした。   PTOT人材バンクに登録すると、担当エージェントと呼ばれる転職のプロがあなたの代わりに求人を探してく ...

続きを見る

40代理学療法士のアピールポイント

40代の理学療法士が転職する際、実績をアピールするべきです。わかりやすくアピールポイントを用意しておいたほうが良いでしょう。

20代、30代に比べて、経験値をあるわけですので何か実績があるはずです。

例えば、

  • 役職に就いていた
  • チームのリーダーをしていた
  • 新人教育を担当していた

など。

 

認定理学療法士や住環境コーディネーターの資格があるなども良いのですが、その資格を持っていることで何ができるのかをアピールできないと、20代30代との差別化にはなりません。

目だった資格はなくても良いのです。むしろ、必ず実績の棚卸をしておきましょう。

 

そして、ここからが重要なのことです。

40代のあなたがこの会社に入って何ができるのか、何がしたいのかをアピールしましょう。なぜこれが重要なのかと言うと、熱意がある人の方が採用されやすいからです。

仮に、40代のあなたがやりたいことややろうとしていることが会社とマッチしていなくても、問題はありません。なぜなら、やりたいことの裏にある熱意を見せるためだからです。

40代と20代を比べると、なぜ20代の方が面接で有利なのかというのは、若い人に可能性を感じるからです。だとしたら、40代も20代に負けないくらいの熱意を見せましょう。

40代理学療法士で転職した人の実話

僕が以前勤めていた病院の理学療法士で転職した人がいました。

40代 9年目の理学療法士 既婚 子供なし

回復期リハビリテーション病院から、介護老人保健施設併設のデイケア起ち上げのために転職。

特に給料に不満があったわけではなく、回復期の仕事が体力を必要とすることや業務量が多いことなどを理由に転職を決意しました。

求人を探していたところ、たまたま知り合いの介護老人保健施設のデイケア起ち上げで人員募集がかかっていたため、そちらに転職しました。

このように、知り合いの紹介で転職できるケースもあります。

この方は、理学療法士として特別実績のある方ではありませんでした。それでも、採用されるくらいなので、理学療法士の需要はまだまだあるということです。

ベテランでも謙虚な姿勢が大事

理学療法士は若い業界ですので、転職しても20代の人がほとんどです。

40代になると人生経験も豊富なので、年下に無意識に上から目線になってしまうこともあるかもしれませんが、あなたよりも先に入っている人はあなたの先輩です。それが、たとえ年下でも理学療法士として経験年数が下でもです。

 

僕も5年目で転職したことがあります。転職した先で4年間勤めましたが、僕より先に入った人には4年間ずっと敬語を使っていました。やはり、年上で経験年数が自分より上の人が入職してきたら警戒されますよ。

僕は周りと仲良く仕事がしたかったので、年下にも敢えて敬語を使っていました。偉そうな人だと思われたら、仲良くしてくれないかもしれませんからね。

敬語を使っていれば、この人は腰が低い人で話やすいとあなたの評価も上がりやすくなります。

くれぐれも謙虚な姿勢で、新たな気持ちで臨みましょう。

40代で転職に成功するには、会社が求める人材であるべき!

理学療法士は求人がたくさんあるので、ライバルがいなければ転職自体はそれほど難しくはありません。

40代で本気で転職を考えているのなら、まずはどんな求人があるのか見てみましょう。

 

40代で転職するなら、会社の求める人材であるほうが内定をもらいやすいです。

例えば、管理職を求めている職場があり、そしてあなたも管理職を目指しているのなら内定をもらう確率は高いです。

 

40代の転職は特に失敗のないようにしましょう。

給料に不満で転職したのに、思ってたのと違うとならないようにしてください。

ましてや、いい歳して半年間就職先が見つからないなども避けましょう。長期離職は、よっぽどの理由がなければ社会的には冷たい目で見られてしまいます。

できることなら、一発で理想の職場を探しましょう。

 

まずは、転職サイトに登録して求人情報を集めましょう。

転職サイトに登録すれば、エージェントと呼ばれる就職のアドバイザーがつきます。

あなたの希望する条件に合った求人を案内してくれたり、履歴書の書き方や面接のアドバイスもしてくれます。また、応募先への連絡もすべて代行してくれます。

あなたは、希望する条件をエージェントに伝えるだけで良いのです。

僕は3回転職していますが、すべて転職サイトを利用していました。一人で探すよりエージェントに依頼したほうが、転職は圧倒的に楽です。登録から就職が決まるまですべて無料ですので、是非活用してください。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは全国対象ではありませんので注意してください。

【対象地域】

東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫

案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-働き方
-, ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.