PT・OT・STで転職を考えている人へ▼

理学療法士がおすすめする転職サイト5選【厳選】

仕事の悩み

1年目理学療法士「忙しい、辛い、辞めたい」と悩んでいた僕のささやかな夢

投稿日:2017年6月22日 更新日:

僕は8年目になる理学療法士なのですが、臨床駆け出しの1年目の頃は辞めようかと思うほどそれはそれは辛かったです。

何が辛かったというと、

・サービス残業

・キツい指導・教育

・症例発表(年3回)

簡単に言えばこんな感じです。

同期が僕を含めて8人もいて、同期も僕と同じように上記の問題(試練?)を抱えながら日々を過ごしていました。

忙しすぎる毎日

毎日のノルマは18単位以上。

合間にカンファレンスや事務作業が入りますので、ぼぼ毎日21単位患者さんを診ているか、何かの作業に追われているかで、忙しい業務を日々こなしていました。

症例発表は、6月、8月、12月にありましたので、仕事が終わってからもレポート作成が待っています。

半端なレポートじゃありません。

実習生のような何十枚も書くアレです。

1年中、実習生の気分です。

めちゃめちゃ辛かったですよ。ほんと。

17時に通常業務が終われば、その後上司からレポートの添削とありがた迷惑なご指摘をたくさんいただき、気づけばいつも21時を回っていましまた。

隣を見ると同期も僕と同じように残っています。

そんなレポート添削&ご指導を毎日していただき、症例発表前になるとレポートをパワーポイントにまとめるという作業が待っています。

僕らのゴールデンタイム

発表用資料がまとまらないので、仲の良い同期2人に「漫画喫茶でやろうか。帰ったら寝てしまうしな。」と言うと、2人も「そうしよか。」といつも賛同してくれます。

車で王将に行き、ラーメンセットを注文。力を蓄え、漫画喫茶近くにある銭湯に行きました。

これが当時、僕らのゴールデンタイムの過ごし方でした。

僕は無類の温泉好きですので、温泉に浸かっているときが至福の時です。

 

「あ〜、なんか発表資料出来上がる気がしないなぁ〜。嫌だなぁ。」とグダグダ言いながら時計を見ると、23時を回ろうとしていました。

 

「ヤバい!」

 

「予約していたマッサージの時間に遅れてしまう・・・」

マッサージには無事に間に合い、全身揉みほぐしの心地の良いマッサージを60分間受け、身体がほぐれたところで、いよいよ車で10分で着く漫画喫茶に向かいました。

ストレスのない朝

漫画喫茶に着いた時には、夜中の12時半を過ぎようとしていました。

3人で来たので、無難に広めの個室の部屋を選び、

「さぁ、資料作成開始だ。」

とパソコンを開いたのですが、すでに全身がほぐれ切っており、どうやら頭の中までもがふやけてしまっているようです。

 

完全な思考停止です。

 

ん〜、何も思いつかない・・・

・・・

何も思いつかない。

 

・・・

 

ちょっと横にでもなるか。

・・・

・・・

・・・

スヤスヤzzz

・・・

スヤスヤzzZ

・・・

 

気持ちの良い陽射しが顔を暖め、何のストレスもなく目覚めることができました。

時計を見ると朝の7時を回ろうとしています。

「あ、ヤバい。仕事に遅れるぞ。」

横を見ると同期2人もスヤスヤと眠っていました。

同期2人を叩き起こし、身支度もほどほどにすぐに車で職場に向かいました。

 

そして朝イチで、上司に昨日とひとつも変わらない発表用資料を見せるわけです。

当然「昨日と変わってないぞ!やる気あるのか!!」と怒られます。

「すみません。m(._.)m」と適当な音だけを発し、その場を切り抜けることに思考を巡らせる日々を送っていました。

そして仕事が終われば、再び王将 → 銭湯 → 漫画喫茶のルーチンを繰り返すのです。

1年目の僕のささやかな夢

僕は、湯気が立ち上る露天風呂の熱い温泉に浸かりながら

「あ〜、この後の漫画喫茶さえなければ、最高やのになぁ〜。このまま家に帰りたい。」といつもの愚痴をグダグダ言っていました。

「そうだ。発表が終わったら温泉に行こ!」

「レポートも発表もない状況で温泉だけ行こ!」

「絶対幸せだ!」

そういえば、これがきっかけで僕は無類の温泉好きになったのでした。

 

理学療法士1年目で辞めた同期の話▼

1年目理学療法士「辛い、面白くない」と悩んで辞めた僕の同期の話

僕が1年目理学療法士のときに、同期の1人が「辛い、面白くない。」と悩んでいました。 辞めた理由は後で詳しく書いていますが、僕らの1年目といえば、 ・サービス残業 ・キツい指導・教育 ・症例発表(年3回 ...

続きを見る

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-仕事の悩み
-, ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.