仕事の悩み

理学療法士が嫌いになる前に職場を変えるだけでも現状は変わる

投稿日:2018年10月4日 更新日:

やっとの思いで国家試験に受かり、理学療法士として働き出したけど、働くのが苦になっている人もいるでしょう。

 

理学療法士の職業はどこか体育会系のノリがあり、実習は典型的な例ですが、鬼のようなレポート地獄を根性論で乗り切らせようとする節があります。

それは、理学療法士として働き出しても続くことがあります。そんな現状に嫌気がさし「理学療法士の職業嫌、辞めたい」と思うことだってあるでしょう。

 

ここでは、理学療法士1年目で辞めたくなった僕のエピソードと、理学療法士が嫌いになっている人へのちょっとしたアドバイスさせていただきます。

僕の1年目理学療法士の最低エピソード

僕の1年目は、症例発表は年に3回あり、毎日のようにレポートがありました。17時に仕事が終われば、先輩と上司からレポートの添削をしてもらい、それが終わるのが21時とか。時には、日付が変わる時間まで病院に残っていたことがありました。

しかも、添削したところを明日までに訂正してきてと言われることもあり、まさに地獄のような日々でした。

 

そんな生活を繰り返していると、だんだん精神状態がおかしくなってきます。

例えば、リハビリを拒否する患者さんに対してめっちゃイライラしたり、難聴の人への声かけが雑になったり、寝不足のときは寝たきりの患者をマッサージしながら、自分も目をつぶることもありました。当時は、精神的にかなりきつかったのです。

今振り返れば、そんな理学療法士は最低だと反省しています。

ストレスを抱えながら仕事をするって、患者にとって良くないですよね。

ストレスを抱えながら仕事をすることの弊害▼

理学療法士がストレスを抱えながら患者と関わることの弊害

仕事をする上で、ストレスの原因となりやすいのが「人間関係」。退職した人が抱えていた悩みのほとんどがこれです。   こちらのグラフ▼をご覧ください。 引用)http://mmsjp.info/ ...

続きを見る

 

2年目になると、少し余裕ができたの理学療法士としての将来性疑問を持ち、他の仕事はないかと考えたこともありました。でも、結局理学療法士の勉強しかしてこなかった自分には、この職業しかないなと思ったのです。

なぜ理学療法士になろうとしたのでしょうか?

「なぜ理学療法士になろうと思ったのか・・・」

あなたも、このことをもう一度冷静に振り返ってみてください。

何かのきっかけがあって、理学療法士を目指したのではないでしょうか?

 

例えば、おばあちゃんが理学療法士にお世話になり、おばあちゃんが頑張る姿を見て、この仕事に就こう思ったという人もいます。

 

僕は、高校時代バスケ部に所属していましたが、練習中に前十字靭帯を切ってしまい、そこから手術とリハビリを経験したのがきっかけで理学療法士という仕事を知りました。

当時、青春時代真っただ中で、試合に出られないどころか、バスケもできなく絶望的な気持ちになっていた僕を優しく励ましてくれたのがその時担当してくれた理学療法士だったのです。

 

僕が理学療法士になって思うことは、この仕事は給料を貰う以上に大切なことがあります。

理学療法士は、不運にも障害を持ち、生活が困難になったり、生きがい・やりがいを失った人が、困難を克服する手伝いをする仕事です。

人の人生に関わる仕事なのです。患者の多くは「あのときの理学療法士がいたから生活ができている」と思ってくれてる人もいるはずです。こんな尊い仕事は少ないかもしれません。

理学療法士以外にやりたい仕事があるなら、異業種への転職もあり

僕も1年目のとき、辛くて辞めたくなったことが何度もありました。

今、その時のことを思い出すと、他にやることがなかったし、理学療法士を続けていて良かったなと思っています。

なぜ理学療法士を続けていて良かったのかというと、やっぱりやりがいがありますもの。

でも、もしあなたが理学療法士の職業が嫌いになり、他の職業に移ることを考えているのならそれもありだと思います。あなたの人生ですので、僕がとやかく言う筋合いはないですしね。

理学療法士としてやりがいを失くしたときの対策▼

理学療法士が仕事に"やりがい"をなくしたときにする8つの解決策

理学療法士として働いていると、「最近、張り合いがなくやる気がでないなぁ」と感じることはありまりませんか?   病院で働いていても、毎日同じ患者さんと同じようなリハビリをする。患者診療が終われ ...

続きを見る

 

他にやりたい仕事が見つかったのなら、チャレンジするほうが絶対後悔しないと思うのです。それがもし失敗だったとしても良いんです。また、理学療法士といて戻る道もあるのですからね。

「やらずに後悔するより、やって後悔したほうがいい」と言いますよね。

理学療法士が嫌なら、まずは職場を変えることをおすすめする

他にやりたいこともなく、仕事が精神的にも身体的にもきつくなり、理学療法士が嫌いになっている人は、まずは職場を変えることをおすすめします。

転職を3回経験している僕が言えることは、職場を変えるだけでかなり働きやすくなります。

患者層やスタッフの人柄、業務量は職場によって全然違います。僕は回復期の病院から回復期の病院に転職したことがありましたが、スタッフの人柄や業務量はかなり違いがあり、転職して正直めっちゃくちゃ楽になりました。

 

もし、寝たきりの人ばかり担当していてやりがいを感じないのなら、あなたはその現場に向いていないだけです。

それなら、介助をほぼ必要としない外来リハや軽症の人が多いデイケアや訪問リハビリへ移れば良いのです。

 

「この仕事嫌だなぁ」と不満を持ちながら働いているのは、あなたに良くないし、同僚や患者にも良くありません。

 

せっかく理学療法士の資格を取っているのですから、まずは他の職場を経験してみてからでも遅くはないと思います。

ただ職場が合わないだけなのに、理学療法士自体が嫌いになっては勿体ないです。

まずは、理学療法士として色んな職場を経験してみてほしいですね。

 

転職することを難しく考えている人もいるのですが、転職エージェントを利用すれば転職は簡単にできます。

エージェントは、あなたの働きたい分野、給料や休日数の条件などを考慮して、理想の求人を紹介してくれるサービスです。

さらに、希望すれば履歴書の添削、面接対策もしてくれます。

良さそうな求人を見つけることができれば、あとはエージェントに任せておくだけで内定する確率はかなり高まるでしょう。

理学療法士は給料はそれほど高い職業ではありませんが、職場によっては残業が少ない、年収500万という求人もあります。

まずは、転職エージェントに相談するところから始めてみてください。

 

就職・転職を考えいる人へ!おすすめの転職サイトをご紹介

僕はこれまでに転職を3回、4つの職場を経験してきました。

僕が転職してきた理由ですが、給料の高いところを求めたり、残業の少ないところ、休日が多いところ、人間関係が良いところ、行きたい分野があったなど、自身の生活状況や価値観が変わったタイミングで職場を変えてきました。

リハビリ職は有資格者のため、転職しやすいのが最大のメリットです。

転職してすぐに月5万円以上も給料が増えることはよくありますし、職場を変えただけで人間関係が良くなり働きやすくなることもあります。

実際に僕は、そうやって理想の働き方を実現するために環境を変えてきました。今は給料も休みも多い整形外科クリニックに就職しています。

もちろん環境を変えれば、これまで築いてきた周りからの信頼もまた一から積み上げていく必要があります。

それでも今居る場所よりは可能性があると感じたから、転職することを決意したのです。

以下に、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つご紹介します。

転職は何度もするものではありません。そのため、転職することに躊躇うこともあるでしょうし、どうやって転職すれば良いのか悩む人もいるでしょう。

転職サイトに登録すると、就職のプロが求人の紹介から、面接や履歴書のアドバイスをしてくれ、不安なく転職活動を進めることができます。

さらに転職サイトは非公開求人も多く扱っており、自分一人で求人を探すよりも多くの情報を得られるメリットがあります。

転職サイトによっては、「病院に強い」「介護保険領域に強い」「この地域に強い」など、特徴が異なります。まだ転職の方向性が決まっていない人こそ複数の転職サイトに登録しておけば、就職できないリスクを回避することができます。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカルは質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルは対象地域が限定されています。

【対象地域】

北海道・東京・大阪・神奈川・京都・千葉・埼玉・広島・岡山・宮崎・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・兵庫・福岡

該当地域にお住まいの方は、案件が豊富にあるマイナビコメディカルに登録しておくと、たくさんの求人情報がもらえます。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。

メドフィットは全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護は、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

スマイルSUPPORT介護全国対応です。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-仕事の悩み
-, ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.