仕事の悩み

病院勤務時代の”残業の多さ”に疲れて転職した理学療法士の話

投稿日:2018年5月24日 更新日:

理学療法士が転職する理由の中で、上位に入ってくるものとして「残業の多さ」が挙げられます。

 

あなたは仕事をしていて、こんな悩みはありませんか?

「残業が多くて、疲れたとれない・・・」

「帰りが遅くて、家族サービスができない・・・」

「やりたいことをする時間がない・・・」

 

実は、僕も以前勤めていた病院では残業が多く、疲れきっていました。

病院に残ることが多く、友達と遊ぶ時間も、勉強する時間もまともにとれませんでした。

残業の多さに疲れた病院時代

僕が以前勤めていた病院での話です。

 

帰りが遅くなるのは、

  • 毎日18単位は患者を診るというノルマ
  • 新人または実習生指導がある
  • 係・委員会の業務
  • 書類に対する上司の厳しいチェック

このような理由からです。

 

残業が多く、慣れない1年目の頃は夜の23時まで居残ることがよくありました。

そんな時間まで残っていれば、当時22歳で食べ盛りの僕はお腹が空きすぎて何も考えることができなくなっていました。ストレスでこの頃は肌荒れも酷かったです。

 

1年目では、症例は発表が年に3回あり、実習生のようなレポートが1年中。上司からのダメ出しも多く、1年目から地獄のような毎日です。

2年目になっても、やはり新人指導のために一緒に病院に居残りです。夜遅くなると、お腹が空きすぎて途中から集中力がなくなり、考える力も残っていませんでした。

どれだけ病院に残っていたとしても、終業移行の残業代などつきません。

 

たまには早く帰れるのですが、上司ですら毎日21時くらいまで残っているため、帰りにくいですんですよね。

上司が誰かと話していたり、席を外している間にサッと帰ることをしばしば。

 

仕事をしていく中で、多少の残業は仕方がないこともあります。

ある程度の残業をして、決まった日までに仕事を終わらせることも時には必要なことです。

労働時間を超過したくないからという理由で、しなければならないことを放置し、帰宅するというのは社会人には通じませんのでね。

 

しかし、それなら残業代はあってしかるべきだとも思うのです。

 

休む間もなく働き続けるような暮らし方をしていると、仕事が苦痛になって、転職しないと体がもたなくなってしまいます。

 

そこで、思い切って職場を変える決意をしたのでした。

職場を変えることのメリット、デメリット

2つ目に勤めた病院では、17時ピッタリに帰れました。新人ですらそんな状況です。

さらに、残業代もきっちりつきますので、「まぁ今日くらいは仕方ないか」と納得がいくものです。

 

職場を変えることは、メリットばかりではありません。

残業しないというメリットを求めて転職すると、元々積み上げてきたものがまた一からというのは考えておかなければいけません。

アフター5の時間を確保したいと思い転職したものの、人間関係は新たに構築していく必要もあります。

上司からの信頼と評価も一からです。

給料面に関しても、職場を変えることで下がるかもしれません。

 

そういった人間関係の構築、上司からの評価は、コツコツ頑張っていれば必ずまた評価は上がっていくものです。

時間はかかっても、給料もまた上がっていくものです。

残業の多い職場の特徴

職場を変えたことで、自分の時間を取り戻しました。

そこで、自身の経験も踏まえて残業が多い職場の特徴を整理しておきます。

スタッフの数が多い

スタッフが多い場合、業務システムがうまく機能していないと不備が多くそもそも働きにくいのです。

そのため、取り決めのための会議や話し合いが多くなり、業務終了後に集まることも多々あります。

係・委員会の仕事が多い

大きな病院では、何かと係や委員会があります。

スタッフの人数が多いというのと少し被りますが、リハビリ職は患者さんを診る時間が決まっています。

業務時間すべて患者さんを診ており、係や委員会の仕事があると確実に残業が発生してしまいます。

しかも、他のスタッフと時間調整するため、業務内に終わらすことが難しくなってくるのです。

患者数が多い

僕の以前の職場がノルマ18単位でしたので、患者数が多いとそれだけ沢山リハビリをしたほうが経営上良いと上司も考えるわけです。

すると、カルテを書いたり、書類作成に時間を要するため、帰りが遅くなるのです。

アナログ

紙カルテだと、例えば看護師さんがカルテを見ていると、記事が書けなかったりもします。

新人や実習生が多い

僕も新人や実習生を指導することが多かったのですが、業務内で終わるのは不可能です。

新人や実習生が多い病院では、残業は覚悟しておかなければいけません。

スキルアップに意欲的な先輩がいる

このような先輩がいるところでは、勉強会や技術研修が業務外でよく企画されます。

これは残業というは強制居残りの類ですね。

仕事は大事だけど、時間も大事

残業が多い職場の特徴を踏まえて、職場を選ぶことが何よりも近道です。

残業が多いと自分がやりたいことを磨いたり、家庭を持っている人では家事や育児の時間が取れなくなってしまいます。

 

仕事も大事ですが、自分の時間はもっと大事にしなければいけません。

何より、過剰な残業による拘束は、肉体的にも精神的にも崩壊しねません。

 

前述したように、転職することでメリットだったものなくなり、他のデメリットが発生することもあります。

 

あなたがどんな働き方を求めて、どんな職場がNGなのか、具体的に決めておきましょう。

 

この記事にも書いていますが、僕が半年かけて働き方を探し求めました。

 

僕は、仕事を変えることで、やりたいことをするための時間を確保したいと思い行動してきました。

圧倒的に職場の雰囲気を重視して決めましたが、残業がないというのも条件含みました。

 

この時期は、一時的に収入が減ったり、時間が増えすぎて悩みも多くあったのですが、自分はどんな働き方を求めているのかが明確になりました。

実際には、転職サイトのエージョントに相談すれば、職場の詳しい内部事情も教えてくれます。今の状況を変えたい人は相談してみることをおすすめします。

 

 

おすすめの転職サイト【超厳選】

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。全国対応です。

メドフィットの詳細ページはこちら

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカル質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、メドフィットと合わせて登録しておいて間違いなしです。

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護では、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人におすすめのサイトです。

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

1

転職経験者の理学療法士のかずぼーです。   理学療法士が活躍できる場は、病院に限らず、介護老人保健施設やデイケア、訪問リハビリ、外来リハビリなど・・・本当に沢山ありますね。   同 ...

2

僕は、8年回復期リハビリテーション病院で理学療法士として経験を積んできました。 その後は、病院から退院した後の生活が気になって、訪問リハビリにも従事したこともあります。   僕は転職を3回し ...

3

理学療法士は、病院や訪問リハビリ、デイケアや通所リハなどいろんな現場で活躍できますよね。   でも・・・   家庭を持っていたり、独立したいなど夢を持っている人はとにかく本職以外の ...

4

理学療法士のかずぼーです。   ここでご紹介することメディカルは、なんと「京都に特化した地域密着型」の転職サイトです。   これから京都で就職を考えている人は、無料で就職サービスを ...

-仕事の悩み
-, ,

Copyright© かずぼーの働き方なび , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.